[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム >花の図鑑 >マイガーデン >春の庭-04

春の庭

八重咲きヤブイチゲ

お友達から分けていただいた、大切な花です。
最初は、夏に地上部が枯れてしまったのを見てひっくり返りそうになりました。
しばらくしてそれが生理的なことと知り、胸をなでおろしたものです。無知な私。
毎年、早春にこうして美しい清楚な花を咲かせてくれます。
大好きな花ですが、夏からはむき出しの土が見えることになるので、そばにアスチルベを植えています。
夏にはアスチルベの葉がグランドカバーのように地面を覆ってくれます。
でも本当は、一面八重咲きヤブイチゲ畑‥なんていうのに憧れているんですけどね。

クリスマスローズの開花

これまた大好きな宿根草。クリスマスローズです。
常緑のものは耐寒性の弱いものが多いのですが、これは大丈夫。
本当に、大丈夫でよかった~。
ホームセンターでなんとなく買ったオリエンタリスですが、この色が実によかった。
渋い黒味がかった赤で、超お気に入りのクリスマスロースなのです。
株分けで随分あちこちにお嫁入りしました。
こぼれ種から発芽したものも大切に育てています。
節約ガーデニング術です。
でも、まだ花が咲くのは随分先の話だろうなぁ‥。

ユリ咲きチューリップ楊貴妃

先ほどのチューリップより少し遅れをとって咲き出すのは、このチューリップ。
楊貴妃なんて、すごい名前でしょう。
でも確かに、美人のチューリップです。
咲き始めは可憐なチューリップでも、日が当たると思いっきり開いて「ちょっとイメージが違うかも‥」なんて思ったことはありませんか?
ユリ咲きのチューリップで、あくまでもつつましい咲き方をします。
しかも花持ちがとてもよくて、6月になっても結構綺麗なまま咲き続けるんですよ。
北海道では、チューリップは普通は5月に咲きます。
桜も、梅もみ~んな5月です。南国育ちのおまさには、驚きと感動の連続でした。
地域によってガーデニングの景色も違うんだなあ。

次へ