[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム >花の図鑑 >マイガーデン >春の庭-08

春の庭

春のボーダー

6月も中旬になると、宿根草がボチボチ開花してきます。
手前のボリュームいっぱいに咲いている紫の花はゲラニウム。
背の高い白い花はスィートロケットです。
ゲラニウムの隣のシックな赤紫色の花は、1年草のアゲラタム。
秋まで咲き続ける高性種のアゲラタムが大好きで、毎年部屋の出窓で種まきから苗を育てています。
平面的な庭は嫌で、動きのある庭、奥行きと立体感のある庭をつくりたいと頑張ってみました。
庭の奥はどうなっているんだろう?そう思っていただけたらいいなぁ。

ポレモニューム

そんなおまさの庭で活躍してくれるのが紫の花。この色の花って大好きです。
それも、こういう小花がたくさん咲くタイプのもの。
地味で目立たないもに惹かれる傾向が強いおまさ、旦那さま選びもそうでした。
さすがにこの手の花ばかり集めていては庭が可哀想なことになってしまうので、お互いを引き立てあうような花選びをしてはいますが、まぁ基本的には地味路線を貫いています。

早咲きクレマチス、マクロペタラの開花

こちらも大好きな紫の花。欲しくて欲しくてたまらなかったマクロペタラです。
ガーデニング初心者の6年前、まだあまりこのクレマチスが知られてない頃にホームセンターで見つけました。
小さな苗で、葉も落ちて枯れているように見えましたが、地植えにしたら見違えるように立派に育ちました。
そのまま大切に育てていれば、どんな素晴らしい株になっていただろうと後悔しきり。
植えて数年後、やってはならぬ植え替えをやってしまったおまさでした。
それでも、こうしてこの時期になると綺麗な花をたくさん咲かせてくれます。

次へ