[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > ガーデニングの用語集 > 

灰色かび病

灰色かび病

読み方:はいいろかびびょう

灰色かび病とは、
花弁や蕾、茎葉などにカビが生える病気のこと。
ボトリチス病とも呼ばれる。
葉には湿度が高いと灰色のカビが生え、
花弁には淡褐色の小さな斑点が生じ、進行すると腐敗する。
冷涼で雨や曇天が続く多湿時に発生しやすく、
被害部にできる胞子が風で飛び散り周囲に伝染する。
病原菌は被害部の他、土中でも長期生存ができ伝染源となる。
水やりや施肥が不十分だったり、
日当たりや風通しが悪くて植物が弱ると発病しやすくなる。
発病した花や茎葉は早めに取り除き、
花がらなどもこまめに摘むようにし、伝染源を断つことが大切。
また、チッ素肥料を与えすぎると発病しやすくなるので注意する。
発生初期に、オーソサイト水和剤やカリグリーンなどの殺菌剤を数回散布するとよい。