[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > ガーデニングの用語集 > 

胚乳

胚乳

読み方:はいにゅう

胚乳とは、
種子の中で、芽となる胚を包み細胞内に養分を貯えて、
発芽の時に栄養を供給する組織のこと。
細胞内に発芽に必要な養分を蓄え、
発芽のときに必要な養分を供給する役割を担う組織。
たんぱく質やでんぷんを多く含み、
小麦は胚乳部分を小麦粉に加工するほか、
穀類はひろく食用に利用される。
外皮を落として、粒のまま加熱したり、粉に加工した後で加熱して、
さまざまな主食として世界中で活用されている。
精製された「白米」は、胚乳の部分をご飯として食べている。