[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > ガーデニングの用語集 > 

肥料焼け

肥料焼け

読み方:ひりょうやけ

肥料焼けとは、
肥料の量が多かったり濃度が高すぎたりして、
根が傷み株が弱ること。
肥料の与えすぎによって、植物が枯れ込んでしまうこと。
「肥料障害」「こえ負け」と同義。
根が負けてしまって、成長の勢いがなくなってしまう。
量が多すぎたり、濃度が濃すぎたりすると起こりやすい。
軽度ならば、葉の先や縁が多少枯れるくらいで済むが、
重傷の場合は株ごと枯れてしまうので、肥料の量や濃度には注意。