[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > ガーデニングの用語集 > 

読み方:ほう

苞とは、
葉の変形したもので、花を保護する役割がある。
苞葉と同義。
植物用語の一つで、花や花序の下部にあって、
つぼみを包んでいた葉のことをいう。
個々の苞を苞片という。
多くの場合、普通の葉より小さくて緑色をしたものである。
しかし、花弁や萼に見えるような植物もある。
逆に葉としてよく発達し、
本当の葉の方が退化している例もある。
花序の下部の苞を総苞といい、
個々の総苞を総苞片という。
イネ科やカヤツリグサ科の花は鱗片が折り重なったもので小穂と呼ばれるが、
この鱗片は苞ないし総苞である。