[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > ガーデニングの用語集 > 

富士砂

富士砂

読み方:ふじずな

富士砂とは、
富士山の火山灰を園芸用に加工した用土。
富士山の裾野・御殿場付近に堆積している。
「スコリヤ」とも呼ばれており、
土壌の排水性を高めるはたらきがある。
色味は黒赤褐色、多孔質の火山灰が細かくなったもの。
鉄分が多く含まれており、通気性・保水性に富む。
角ばった粒子を、大きさ別にふるい分けて、
ほかの用土に配合して使われる。
水の通りがよく、雑菌・バクテリアの繁殖を抑えるので、
灌水した水の腐敗を防ぎ、根腐れもしにくくなる。
とくに良質なものは、漆黒なタイプ。
赤褐色のものが、水はけがそれほどよくない。
東洋ランやオモトの植え込み用土として用いられる他、
一般植物にも広く使われている。
また、漆黒の色合いが植え込んだ植物をひきたたせるので、
鉢の表面に置く「化粧砂」としても適している。
高品質のものを入手したい場合は、黒いものを選ぶ。