[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > ガーデニングの用語集 > 

寒冷紗

寒冷紗

読み方:かんれいしゃ

寒冷紗とは、植物を覆う被覆資材の網目状の薄い布のことで、夏季の高温や強光を防ぐ遮光の役割のほか、防寒・防風・防虫用などに使われる。
ポリエチレンなどの化学繊維や、綿、麻、などを粗く織りこんだもの。
寒冷紗には、目の粗い布で黒と白のほか銀色、透明のものがあり、用途に応じて使い分ける。
目の粗さで寒冷紗の遮光率が変わり、一般的には、色が付いている寒冷紗のほうが、遮光率が高くなる。
遮光率とは植物へ日当たりの遮り具合を表すのもので、遮光率が高いほど暗くなる。
遮光率が高いほど蒸散防止効果が高いので、育苗期のしおれを防止できる。
ただし、遮光率が高過ぎると日光が少なくなりヒョロヒョロと育つこともあるため、寒冷紗は植物の性質に合わせて使い分ける必要がある。