[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > ガーデニングの用語集 > 

切り接ぎ

切り接ぎ

読み方:きりつぎ

切り接ぎとは、接ぎ木の最も基本的な方法。
台木を地面すれすれに切って、その切り株に接ぎ穂を接合する。
接ぎ穂となる植物の増殖や、一本で異なる色の花を一度に咲かせられるといった利点がある。
台木と接ぎ穂は、同種または近い種類が適する。
「カラタチ」の木は、ミカンの台木として活用される。