[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > ガーデニングの用語集 > 

茎挿し

茎挿し

読み方:くきざし

茎挿しとは、挿し穂の一種で、茎や枝を切って土に挿すこと。
先端部を用いる場合は「天挿し」、「頂芽挿し」、茎や枝の中間部を用いる場合は「菅挿し」とわけて呼ばれることもある。
その場合は、発生してから1~2年の、若い茎を用いることが多い。
草花の場合は「さし芽」ともいう。