[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > ガーデニングの用語集 > 

根挿し

根挿し

読み方:ねざし

根挿しとは、挿し木の方法のひとつ。宿根草などの地下茎を2~3節で切り分け、横にして土に浅く植えて発芽させる方法。
太い根の一部を切り取って、清潔な用土に挿す。
用土に完全に埋め込むのではなく、斜めに挿し込み、一部が土の上から出るように挿す方法。
この方法は、根がゴボウ状になる植物や、貯水能力のある肥大した根をもつものに用いる。
挿し木に比べると、行える植物が少ないため、それほど一般的ではない。
出根してから1~2年たった根を、付け根から10センチほど刃物で切るか、ねじり切る。
太くてしっかりとした根を選ぶのがポイント。
そして、なるべく若い株から取った方が活着が良い。
その後、半日陰で半日ほど陰干ししてから、付け根の部分を1センチほど用土から出して植え付ける。
発根するまでは、日陰に置き、水は与えないようにする。
活着すると、発芽してくるので、そのタイミングで徐々に水を与えるようにする。