[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > ガーデニングの用語集 > 

濃度障害

濃度障害

読み方:のうどしょうがい

濃度障害とは、薬剤や肥料の濃度が高すぎるために、葉が黄変したり枯れたり根が傷んでしまうこと。
肥料は水に溶けた状態で植物体に吸収されるが、濃度が高すぎると吸収されるどころか、根を傷めてしまう。
塩類濃度障害とも呼ばれる。
また、この障害をおこした根のことを指して「根焼け」と称することもある。
葉が黄変したり、成長が鈍ったりするが、重症の場合は枯れてしまうこともある。