[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > ガーデニングの用語集 > 

受粉

受粉

読み方:じゅふん

受粉とは、花粉が雌しべの柱頭に付くこと。
被子植物において、雌しべの先にある柱頭に花粉が付着することであり、植物の生殖において重要な過程である。
花粉は雄しべの葯という袋状の器官中に作られ、何らかの方法で雌しべに到着する。
雌しべの花粉を受ける部分を柱頭と言い、受粉適期には花粉がつきやすいようになっている。
花粉が柱頭に到達することを受粉という。
同一個体内での受粉を自家受粉、それ以外を他家受粉という。受粉した後に受精に至る。
受精は、花粉から花粉管が伸び、それが柱頭組織中に進入して胚珠に到達し、胚珠の卵細胞が、花粉管の中の精核と融合することで成立する。
被子植物では、胚珠の卵細胞及び胚乳細胞がそれぞれ精核と融合するため重複受精と呼ばれる。