[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > ガーデニングの用語集 > 

さび病

さび病

読み方:さびびょう

さび病

さび病とは、葉の表面に、橙黄色で細長くやや隆起した楕円形の小さな斑点がつく病気のこと。
糸状菌が原因で伝染し、春から秋にかけて発生するが、夏は一時的に発生が止まる。
後に斑点は破れ、橙黄色で粉状の胞子が周囲に飛び散る。
多発すると葉全体が斑点で覆われ衰弱して枯死する場合もある。
比較的低温で雨が続き、肥料不足で生育が悪いと発生が多くなる。
晩秋になると黒褐色の斑点を生じて越冬し、翌春に再び胞子が飛び散り周囲に伝染する。
発病が目立つ葉を見つけたら早めに除去し、伝染源を断つ。

  • ローズヒップ