[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > ガーデニングの用語集 > 

直根性

直根性

読み方:ちょっこんせい

直根性とは、一番太い主根が深く伸びる性質。
また、根が途中で分かれることなく、まっすぐに伸びる性質。
チューリップ、ヒヤシンスなど、根は何本も伸びるが、分かれ目のないものはやはり直根性という。
このような植物では、根が切断されてしまうと、再生が難しいため、移植ができない。
ケシ科、マメ科、アカバナ科などの、実生の場合は、直まきにするか、本葉が2枚くらいの、ごく小さな苗のうちに定植する。
球根類は、ダリアやカンナ、ラナンキュラスなど一部を除いて移植を嫌うので、栽培地に直に植えるか、鉢植えにしておき、鉢の中身を土ごとすっぽり抜いて植え替える。