[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > ガーデニングの用語集 > 

団粒構造

団粒構造

読み方:だんりゅうこうぞう

団粒構造とは、土の構造で、細かい粒が集合して1cm位までの大きな塊になったもの。
大小さまざまな粒が集まった状態の土の組成のこと。
適度な隙間があるので、養分の保持性や通気性・水はけがよく、植物の生育には適している。
1年~数年経った鉢植えやコンテナの土は、一部を入れ替えたり腐葉土を混ぜたりするなどの手入れが必要。