[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > ガーデニングの用語集 > 

高取り法

高取り法

読み方:たかとりほう

高取り法とは、「取り木」の方法のひとつ。
茎や枝の途中を傷つけて、水苔とビニールでくるみ、発根させる。
形のよい枝ぶりをそのまま苗にできることから、盆栽の世界でよく用いられる取り木の方法。
また、上に伸びて下葉がなくなってしまい、間のびした印象の株の仕立て直しにも使われる。
発根部分を上に上げることによって、樹型のバランスを整える。
方法はいくつかあるが、茎の中心部まで斜めに切り込みを入れ、そこに湿らせた水苔をはさみ込み、周囲も水苔で覆って、さらにビニールで包す。
水苔を乾かさないようにときどき水をやる。