[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > ガーデニングの用語集 > 

単粒構造

単粒構造

読み方:たんりゅうこうぞう

単粒構造とは、土の構造で、砂や粘土など、直径1ミリ以下の非常に細かい粒で組成されている土の構造のこと。
それぞれの粒子が独立している。
組成が均一なため、水をため込みやすく、通気性も悪いので、加湿や酸欠・雑菌汚染による悪影響が起こりやすく、園芸には不適。単粒構造の土は、水分が多いと「ベタベタの粘土状態」、乾燥すると「カチンカチンの塗り壁状態」になる。
手入れをせずに使い続けた土は、次第に単粒構造化していく。
根が伸びて、土の粒を細かくしていくことや、水やりをすることでも土の構造が細かくなっていく。
定期的に掘り起こして空気を含ませ、腐葉土を鋤き込むなどして、土の組成を整える必要がある。