ホーム >

花咲か日記

2017年2月20日

冬の大三角形

季節外れの暖かさに浮かれていましたが 寒気が戻り
昨日今日と2日続けて-15℃前後の冷え込みとなりました

日中も氷点下の 真冬日の予報です

やせ我慢 おまさ

引き締まった冬の冷気の中
この時期ならではの風景を切り取ってみました

どうぞ暖かくしてご覧くださいね


P2192785.JPG


こちらは我が家のベランダからの眺め

オリオン座(右上)が 肉眼でもはっきりと見えました
写真中央に見えるのがシリウスで 左上に見えるのがプロキオンです

写真をクリックしてみてね カチッ!

P2180014.JPG

今朝のお月さま

いつもより 赤味の強いお月さまでした

P2202788.JPG

こちらは苫小牧(北大研究林)で撮った しぶき氷

P2190062-001.JPG

ただいまの室温(書斎) 16℃

使っているベッドルームや2Fの踊り場は 常時ポカポカなのですが
キッチンや書斎の暖房はポータブルの石油ストーブのみ

暖かい部屋にいればいいのに
私が移動する度 さわらが ひょこひょこついて来ます

さわら 風邪引いちゃうぞ!


おまけ

P2160005.JPG
ただ じっと耐えるのみ





2017年2月17日

アオキの冬越し

アオキの新芽が芽吹いてきました

鉢あげして2度目の玄関での冬越し
今年も順調です

P2152690-001.JPG

冬に氷点下15℃以下になる恵庭では
屋外で越冬することの難しい常緑広葉樹

アオキの耐寒性は微妙で
株自体が枯死してしまうことは少ないのですが
厳しい寒さと春先の乾いた風で
どうしても葉が傷み株がダメージを受けてしまいます

ネットで巻いたり 落ち葉で覆ったり 鉢あげして横倒しにしたり
雪の中に埋めてみたりと色々試してみましたが なかなかうまくいきません

それならと 暖房の入っていない玄関で冬越しをさせてみたら
これが大成功!

(外に出すタイミングには要注意ですけれどね)


この調子ならスキミア(シキミア)の越冬も 成功するかもしれない

でも待てよ
確かスキミアは日当たりを好むはず

冬になると陽の射さない我が家じゃ 徒長しちゃうか?
鉢植えが増えちゃうと 家を空けるとき困っちゃうしな‥


しばらく忘れていたガーデニングへの思い
春の予感と一緒に 一気に戻ってきました(笑)




2017年2月15日

シマエナガ

久しぶりに日中の気温が2℃近くまで上がりました

ガチガチに凍りついていた雪が緩み
所々に水たまりができています

まるで春を予感させるような暖かさです


近所の公園では 落葉樹の剪定作業が行われていました

踏み固められた幅50cm ほどの雪道
そこを踏み外すと 足はズブズブと膝上まで沈んでしまいます

作業は さぞかし骨の折れることだったでしょう



ジュルジュルと シマエナガの鳴き声が聞こえてきます

丸い目と 小さなくちばし
ほんとうに かわいい子です


P2152603.JPG

P2152414.JPG

目的は 流れ出る樹液
美味しそうに ナメ ナメ ♪

P2152652.JPG

明日も暖かくなる予報ですが
その後はまた厳しい寒さが戻って来るとか‥


P2152493.JPG

寒波が戻ったり 緩んだりを繰り返しながら

ゆっくりと
でも着実に 春が近づいてきます



おまけ

P2070035.JPG

なんか最近 毛が抜けるんです




2017年2月13日

ありがとう スマイルジャパン

 
昨日 苫小牧で行われた
アイスホッケー女子のオリンピック最終予選
最後の戦いを観戦してきました

カードは日本対ドイツ

相手チームのドイツは
上背のあるがっしりとした体格揃いの いかにも強そうなチームです

一方 日本代表は 小さくてかわいらしい感じ

これだけ体格差があってホントに大丈夫なのかな~
と少々心配になりましたが

練習風景を見て すぐに不安は消えました

スピード感のある キレキレの動き
これならいける!


結果は 3 - 1 で ドイツに快勝

アイスホッケー日本女子代表
オリンピックの出場権を2大会連続で獲得しました

ほんとうに おめでとう!


P2121881.JPG



ここからは ちょっと時間を巻き戻し(笑)


昨日は 私にとって生まれて初めての国際試合観戦でした

自分が日の丸の旗が揺れている観客席に座わることなんて
多分一生涯ないだろうな~と思っていたのですが

チケットは自由席で1500円
しかも場所は苫小牧

そのうえ写真も撮っていいらしいと聞き
これはチャンスと思った次第でして‥

人生 面白いもんですね

P2120096.JPG

ちなみに日本チームの前に行われた フランス対オーストリア戦
こちらは3 - 1 でフランスが勝利しました

P2121175.JPG


さあ いよいよ日本対ドイツ
最終試合の始まりです

P2121848.JPG

固唾をのんで見守る観客
いや 応援団かな(笑)

P2121628.JPG

激しい攻防

P2121604.JPG

P2121925.JPG

アイスホッケーって
ほんとうに‥激しいんです

P2122006.JPG

P2121745.JPG

しかも 優美

P2121393.JPG

歓喜の瞬間

P2122060.JPG

P2122151.JPG

国歌斉唱

P2122235.JPG

昨日は興奮してなかなか眠れませんでした
今もまだ アドレナリンが‥(笑)

スマイルジャパン
誘ってくれた友達
そして大会にかかわった全ての人に

幸せな時間をありがとう




おまけ

P2121320.JPG
トマチョーップ!




2017年2月11日

写真集

誰かの写真を見て泣いたのは これが初めてです

小高い丘の上に寄り添い
果てしなく広がる 雪山を見つめるムースの親子

親子があまりに小さくて
アラスカの自然があまりにも大きくて

おまさ 感涙‥


写真家の名前は星野道夫


国内の大学を卒業した数年後
アラスカ大学 野生動物管理学部に入学し
その後はアラスカを生活の中心とし
写真撮影と執筆活動を続けました


星野さんの写真は 愛にあふれています

アラスカを愛し いきものを愛し

危うさを抱えながら懸命に生きる動植物の姿を 見事に写し撮りました


P2110005-001.JPG

1952年生まれというから 生きていれば今年65歳

今から20年ほど前に 取材先のロシア(カムチャッカ半島)で
ヒグマに襲われて亡くなりました

襲ったヒグマは 地元テレビ局のオーナーによって
餌付けされたクマだったそうです

こんな悲しいことってあるでしょうか


でも 私が写真を見て涙したのはそのせいじゃありません

小さな いきものの向こうに見えるる とてつもない自然の広がりと
いきもののもつ 儚さと強さ

それを慈しむ写真家の眼差し 

そうしたものに胸を打たれるのです

ようやく手に入れた星野さんの写真集
私の大切な宝物がまたひとつ増えました

 


2017年2月 9日

くぅちゃんの おひげ

今朝は冷え込みました

時刻は7 時半を過ぎていたけれど
それでも気温は-10℃近く


P2090061-001.JPG

おかげで 北国らしい
美しく幻想的な風景に出会えました


風が描いた
なだらかな曲線と 正確な直線

風雪紋
P2090025.JPG

雪原を流れる川霧
P2090044.JPG

延々と続く キタキツネの足跡
P2090023.JPG

そうしたものに胸躍らせながら
夢中でシャッターを切りました

P2090066.JPG

しばらくして 霧の中に人影を見つけました
傍らに小さな犬の姿もあります

散歩だな‥


おはようございます
と挨拶すると

飼い主さんの こぼれるような笑顔が返ってきました


P2090087.JPG

犬の名前はくぅちゃん

眉毛も まつ毛も おひげも真っ白です

くぅちゃんがペロンと舐めると
白いおひげが黒くなりました


P2090102.JPG
氷のおひげ

今朝は
寒かったもんね

またいつか きっと会おうね




2017年2月 7日

ダイエット

珍しく続いている糖質ダイエット
3ヶ月で 5Kg ちょっと体重が落ちました

以前よりも野菜をたくさん食べるようになったし

P2070008.JPG

摂るタンパク質の量も増えました

ちなみに奥にぼんやりと写っているのは 油揚げのピザ
たっぷりのチーズに マヨネーズまで入った
ボリュームたっぷりの1品です

P2070022.JPG

こちらは タンドリーチキン風

ヨーグルトとカレー粉と塩のたれに10分ほど漬けこんで
あとはレンジでチン という簡単なレシピ

大好物のカレーライスを我慢しているので
このカレー風味は欲求不満を解消するには最適

骨をしゃぶりながら時間をかけていただいています

P2070029.JPG

ダイエットを始めるようになってから
大豆製品もずいぶん食べるようになりました


こちらは市内のお豆腐屋さんで売っている ビッグサイズのお揚げ
土日限定で 午前中に売り切れてしまうこともある人気商品です

フライパンで表面をカリカリに焼いて
たっぷりのおろし大根とポン酢でいただいたり
ねぎと一緒に生姜醤油で食したりしています

肉厚のお揚げ
口に入れると中からじゅわぁ~と汁が出てきて もう最高ですよ

P2060004.JPG

そしてこちらは 鶴の子寄せ豆腐
やわらかくて ほんとうに美味しいんですよね

醤油なしでそのままでも食べられちゃう

P2060018.JPG

ここの ゆばも最高なんですよ
おからだってよそのお店とは違う

あぁ いけない 忘れるところでした
お店の名前は 豆てっぽう

住所は 恵庭市戸磯201-18

他にも豆乳ドーナッツとか 美味しそうなお惣菜もいっぱいあります
近くにお越しの際は 是非 ♪



それにしても こんなに食べて痩せるなんて‥




おまけ



P2050022.JPG
体重計が壊れているとか



2017年2月 3日

自動給餌器

寒いのは嫌いじゃない

でも 寒さに強いのかと聞かれると
そうとも言えない

好きと強いは必ずしも一致しないのだ


娘の所から戻ってすぐに また風邪をひいてしまった
どうも ぽんずの風邪を貰ったみたい


ストーブを焚いて 厚着をして
それでも寒気がする

風邪をひいているのに
素手でユキウサギを作ったりしたからかな‥


P2030073.JPG

留守中 さわらの世話は友達に頼んでいた

最初の日 さわらは友達が来ても
知らん顔をしていたらしい

私が帰ってくると思っていたんじゃないか
と友達は言った

言われてみれば 思い当たるふしがある

いつもなら 見送りのとき
さわらは廊下で置物のように固まっていて

名前を呼んでも ぴくりとも動かない
暗い顔をして ただ上目づかいに私を見つめるのだ

後ろ髪をひかれるような思いで いつも私は出かけてゆく


でも今回は違っていた
さわらはベッドですやすやと眠っていた


P2030002.JPG

5日分の荷物と土産物を詰め込んだスーツケースは
家を空ける数日前に宅急便で送っていた

その日 妙にさわらがベタベタしていたのを覚えている



次に友達が家に来たとき さわらの反応はまるで違っていたらしい
ママは帰って来ないと悟ったのだ
と友達は笑った


P2030001.JPG

自動給餌器で 餌は1日2回 3日分用意できる
でも 給餌器ができるのは それだけ

頼りは友達


一人暮らしをするようになって 今年で何年目だっけ‥

昔は人に甘えることの苦手だったけど
すっかり変わっちゃったな




2017年1月31日

一緒に鳥見

Happy Birthday to You

運ばれて来たケーキに ロウソクが1本

小さな炎は今にも消えそうに見えたけれど
ぽんずの息では なかなか吹き消すことができません

娘が助け舟を出して ようやく炎が消えました


P1270252.JPG
シェラトン グランデ トウキョウベイ ホテル
グランカフェ



周りからも拍手が起き
2才になったばかりのぽんずは ガチガチ

でも テーブルに置かれた色とりどりのケーキを見て
すぐにいつものぽんずに戻りました

あっという間に 顔中ケーキのかけらだらけ(笑)
 

P1270340.JPG


ぽんずの誕生日に合わせて
娘の所に5日ほど滞在していました

ちょっと会わない間に
ずいぶんお姉さんになっていて びっくりです


P1270077.JPG


P1270010.JPG

ぽんずが 「 どうじょ 」 
と 私にお茶を勧めます

私はミルクをたっぷりと入れてもらい
フーフーしながらいただきます

「 おいちい? 」

「 うん 美味しい 」


P1280386.JPG


ぽんずは私のことを 「おまた」と呼びます
どうやらまだ 「さ」の発音は難しいらしい

おまた‥

人前ではちょっと恥ずかしい



滞在中 1度だけ ぽんずと一緒に鳥見をしました


P1280393.JPG

目の前をちょこまかと走る シロチドリを
口を半開きにして見ていた ぽんず

鳥見のこと すぐに忘れてしまうのかしら‥
それとも 記憶のどこかに 薄っすらとでも残るのかしら


P1280398.JPG

望遠鏡の向こう
ぽんずには何が見えているのかな



おまけ

P1310024.JPG
ただいま さわら





2017年1月23日

ピーチャーエール

さらさらの乾いた雪が
手からこぼれ落ちてゆきます

気温-6℃

ここまで気温が低いと 雪玉を作るのにも一苦労です

そうかと言って 暖かな日に雪だるまを作っても
すぐにとけてしまいます

で 結局 私が雪だるまを作るのは
いつも寒~い 雪の固まらない時(笑)


今季初めての雪だるま

ボディーは雪山を削って作りました
帽子は百円ショップ(300円)で
目はボタン
鼻はさわらの毛玉ボール
お口はワイヤー

ボタンと毛玉ボールは クリップを使って固定してみました

P1230011.JPG

よし これで完成!
  
P1230001.JPG

と 一旦は思ったのだけれど

近所のかわいい王子さまが
「胸にボタンがあった方がいいよ」 とアドバイスをくれ

P1230037.JPG

ジャーン!

やっぱり こうじゃなくっちゃね ♪

P1230021.JPG

ついでに王子さまに 名前もつけてもらいました

ピーチャーエール

この子は今日から
もう ただの雪だるまじゃありません

P1230032.JPG

名付け親の 王子さま
今日は 楽しい時間をありがとう



明日の最低気温は -21.2℃で
最高気温が -7.7℃ ‥

とりあえず とける心配なさそうだね




2017年1月20日

冬の森で

うわぁ きれいだ

ファインダーを覗いていて
思わず声が漏れてしまいました

赤く熟したナナカマドの実をついばんでいるのは
ツグミの仲間です

体長30cmと大型の鳥で
北海道では本来夏鳥なのですが
積雪の少ない地域では一部が越冬することもあるようです


トラツグミ
P1180747.JPG

でもここは どちらかというと雪の多い所
春まで餌が足りるかと ちょっぴり気になります

大丈夫‥ だよね?

 
P1190435.JPG

ネコヤナギ
P1180214.JPG

りっぱな冬毛のエゾリスが
雪の上を転がるように走り

するすると器用に木によじ登ります


エゾリス
P1180222.JPG

静まり返った 冬の森


儚くて 美しくて 愛おしい
宝物のような所です





2017年1月17日

毛玉ボール

愛猫の抜け毛を集めて
小さな毛玉ボールを作ってみました

P1170114.JPG

ホントは石鹸水につけたり ぬるま湯ですすいだり
しなきゃいけないんだけれど

ただ丸めただけの手抜き毛玉ボール

P1170106.JPG

それでも結構気に入ってくれたみたいで

P1170129.JPG

ころころころ

P1170130.JPG

ぽとん

P1170133.JPG


ねぇ さわら~

起きてる?

P1170134.JPG

ほれ ほれ

P1170143.JPG
‥‥‥