ホーム >

花咲か日記

2018年6月14日

ヒナギク


芝に混じった白とピンクの花は ヒナギク

ヨーロッパ原産のキク科の多年草です

暑さに弱く 日本では秋まきの1年草として扱われることが多いようですが
北海道では ちゃんとした多年草

毎年 かわいい花を咲かせてくれます

P6130050.JPG

花色は様々ですが
野生種は一重咲きの白花で
ピンクや赤、白の八重咲きのものは園芸品種なんだそうです

P6130043-001.JPG

ヒナギクを見るたび
夫のことを思い出します


毎年 芝の中に きれいな花が咲くんやけど
あれは何ていう花なんやろ

小さくて 白やピンクの花が
びっしり咲いてるんや


P6130004-001.JPG

あのときはちゃんと答えられなかったけど

今年もヒナギク きれいに咲いたよ




2018年6月 8日

僕らはみんな生きている


いや~ 降りました
久しぶりのまとまった雨です

窓に打ちつける雨を眺めながら
今頃 子育て中のアカゲラはどうしているだろうと考えてしまいます




長都沼のキタキツネは
防風林の中で雨を凌いでいるでしょうか?

P6026696.JPG


P6067043.JPG


ノビタキはちゃんと虫を捕まえているでしょうか?

巣立ったヒナは
雨に打たれて弱っていないでしょうか?

P6066949.JPG


コヨシキリは  草むらで じっと雨の止むのを待っているのでしょうか?

P6066985.JPG


子育て中のアカゲラは お世辞にも美しいとは言えません

P6067234.JPG

美しかった羽は薄汚れ やつれ
かわいそうなくらいです

外敵からヒナを守り 虫をとり 餌を与え 糞の始末をし‥
息つく暇もないのです



だから 冷たい雨が降る日は
つい考えてしまうのです






おまけ

ものぐさ猫
P6080017.JPG
眩しい


P6080023.JPG
眩しい







2018年5月20日

オープンガーデンのお知らせ


オープンガーデンの季節が近づいてきました

去年は諸事情でお休みしましたが
今年は がんばります!

期間は 6月中旬~7月上旬 予定です
( 花の咲き具合によって 延長する場合もあります )

見頃は例年だと7月上旬ですが
今年は少し早くなるかもしれません


2016/6/30 撮影
P6300139.JPG

公開期間中は庭を開放します
お気軽にどうぞ

P7040445.JPG
なお 住宅地ですので 駐車等
ご近所への配慮にご協力をお願いいたします



ちなみに 花とくらし展は 6月23日(土) 24日(日)
の開催予定となっております




※※※ ※※※ ※※※




久しぶりの庭仕事 気持ちよかったです

スモークツリー
P5200150.JPG

ツルアジサイ
P5200101.JPG

ズミ
P5200015.JPG

サキシフラガ
P5200042.JPG

ポレモニューム
P5200022.JPG

今日は 気になっていた雑草を抜き バラの剪定を少々と
クレマチスの誘引と 宿根草の移植をしました

スローペースで ゆっくり ゆっくり

風邪がぶり返しては 元も子もありませんものね


お昼前に仕事を切り上げ

よしよし 私も大人になったものだと 
このときまでは満足をしていたのだけれど 

後がいけませんでした


いつもは用心して 片方ずつ鼻をかむ私ですが
どういうわけか一気に鼻をかんでしまい

耳がこもって 治らない

唾を飲み込んでも 水を飲んでも あくびをしても
耳抜きをしても もぁ~ん

病院嫌いの私だけれど こと耳のこととなると別
(以前 一時的な感音難聴になったせいですかね)

保険証と財布を持って 休診日だということを忘れ
近所の耳鼻科に走りました

もちろん 病院は閉まったまま

まぁ なってしまったものはしょうがない

明日 一番で診てもらおうと 気持を切り替えて 
家の仕事を始めたら

あれあれ 耳が治った!

なんという幸せ!


というわけで 皆さん!
鼻をかむときは 面倒でも片方ずつ やさしく何度かにわけてかみましょう~




おまけ

P5030485.JPG

ちょとずつ チーン ちまちょう






2018年4月 7日

かのなの野菜

ここ数日 寒い日が続いている北海道です

ダウンジャケットをひっぱり出し ストーブを焚き
まるで冬が戻ってきたようです




 今月1日から 花と野菜直売所(かのな)が
営業を再開しました


オープン初日は日曜日
きっとごった返すだろうと 翌日に出かけましたが

翌日もオープン記念価格のお買い得商品が並び ウハウハの私

どっさりと買いましたよ

ジャーン!

P4020087.JPG

安くて 新鮮で 美味しくて 安心で‥

かのなさん ほんとうに ありがとう!


(ちなみに写真のブロッコリーは 別の場所で買いました)





※※※ ※※※ ※※※ ※※※




今月4日 ブログの表示に不具合が起き
皆様には大変ご迷惑をおかけしました

5日の夜には問題が解決しましたが
お使いのブラウザーにキャッシュが残っている場合は
修正前の古い情報が表示されているかもしれません

キャッシュが消えたら 修正後の情報が表示されるはずでが
ご不便をおかけし 大変申しわけなく思っております 

ほんとうに すみません



おまけ

P4060052.JPG
今度から 気をつけてね (さわら)

えっ さわら そっちサイド? (おまさ)





2018年4月 1日

湯たんぽ


湯たんぽに穴があきました

使い始めたのは 東日本大震災後の電気料金値上げがきっかけだったから
 使用年数は6年くらい

耐久年数は5、6年というから まぁ妥当なところでしょうか


2、3年前から 中のお湯を捨てるときに錆のかけらが混じるようになっていたので
いずれこういう時が来るだろうと覚悟はしていたんだけど

ほんとうに穴があいちゃうんですね

熱々のお湯が穴からピューって吹き出して

あー びっくりしたぁ


P4010013.JPG

それにしても お湯が漏れたのが
ベッドの中じゃなくて ほんとうに良かった

もしベッドなら もし眠りこけているときだったら‥

怖いです 想像しただけでも




おまけ

P3240105.JPG
湯たんぽさん 今までありがとう




2018年3月20日

フルーツトマト

真っ赤に熟したフルーツトマト
ちょっと贅沢して買ってみました

P3200081-001.JPG
軽く塩をふってかぶりついてみたら
う~ん 美味しい

たまにはいいですよね
小さな贅沢


 

今日は久しぶりに雪が降りましたが
15時をまわった頃には青空が広がり
降った雪のほとんどがとけました

P3200008.JPG

明日の朝は真冬並みの冷え込みになるらしいけれど
厳しい冷え込みも どうやらそれが最後

もう少しの辛抱です
春はすぐそこに




おまけ


これ‥

P3200059-001.JPG
なに?




2018年3月 6日

独り言

最近 体重計に乗るたび溜息をついています

去年の暮れ頃から また少しずつ体重が増えてきました
大好きな炭水化物 制限するしかなさそうです



子供の頃の私は痩せっぽちでした

P9290505.JPG

背高ノッポで 顔は小さく 首が長く‥
今でこそ小顔がもてはやされていますが 当時はそうじゃなかった

ろくろっ首 とか マッチ棒 とか呼ばれて
私はコンプレックスのかたまりでした



小学校の1年か2年生の頃
二人組の男の子にからかわれていたことがありました
私より1学年か2学年上だったから 相手は小学3年生くらいだったかな

私の顔を指さして笑うのです
「 あれ見て 面白い顔! 」

へっ?


P9290466.JPG


男の子は 色白で きりっとした目の 端正な顔立ちをしていました
いわゆる日本的なイケメン

対する私は‥丸い タレ目のタヌキ顔

今にして思えば 二人のうちの一人は
付き合いで一緒に笑っているだけだったような気もしますが
とにかくこの色白男子がしつこかった

我慢して 我慢して でもどうにも我慢できなくなって
大好きだった担任の先生に打ち明けました

男子が私の顔を見て笑うんです
『 面白い顔 人形みたい 』 って

一世一代の私の告白に
先生はにっこり笑って
『それは あなたのことをかわいいと思っているからよ 』

えっ?

小さかった私は目の前が真っ暗になりました

違うの!違うの!
そんなんじゃないの!

でも私の心の中の声が外に出ることはなくて
先生に自分の気持を伝えることができなかった事実だけが
頭の中でぐるぐると回っていました


もちろん今なら 先生の対応は極めてまっとうなものだったと思えるのです
でも当時の私には そんな余裕も知恵もありませんでした


P9290480.JPG

その後もしばらく からかいは続き
ちびっこおまさは ひたすら耐え忍びました

月日が流れ いつの間にかからかわれることもなくなり
色白男子のことも忘れかけていました

ところが たまたま入ったクラブ活動で 久しぶりに彼に再会
お互い 小学校の高学年になった頃でした

平静を装ってはいましたが 実際のところは憂鬱でたまりませんでした
また何か言われたらどうしよう

でも もう色白男子が からかってくるようなことはありませんでした

しばらく経って その子に話しかけられました

内容は覚えていませんが
これ以上ないってほどの冷淡な返答をしたことを覚えています

許せませんでした
心が狭かったんですね 私

その子が恥ずかしそうに その場を離れて行くのを見ながら
なんとも言えない重い気持ちになりました

私 ひどいですね

今更だけれど ごめんなさい


ちょっぴり苦い遠い昔のお話

今頃 どうしているでしょうか あの色白男子



おまけ

P2260205.JPG
あたし タヌキ顔 ?





2018年3月 5日

豊平館と水たまり

昨日の恵庭の最高気温は8.4℃
まるで春のような陽気でした

2日に降った大雪も この暖かさで一気にとけ
いたるところ水たまりだらけです



さて こちらは一昨日の中島公園です

この日も最高気温は4℃近くとポカポカ陽気
たっぷりの陽射しもあって散歩にはもってこいでした


冬晴れの空にちらちらと雪が舞っています
こういうの 確か 風花(かざはな)っていうんでしたよね
美しい言葉だな

舞い落ちる雪片に陽の光が反射して きらきらと輝いて見えます
まるでダイヤモンドダストみたいです
 

豊平館
P3031194.JPG

P3031177.JPG

「のびゆく子等」の像
P3031214.JPG

公園内に水たまりはできていませんでしたが
一歩外に出ればご覧のとおり

一度そばを通った車に この雪どけ水をかけられてしまい
大いに慌てましたが
カメラは無事だったから ギリギリセーフというところでしょうか

P3031222.JPG


ちなみにこちらは 昨日の我が家のガレージ前です

雪どけ水に映り込んだ除雪車のタイヤ
でっかーい!

P3040001.JPG

こんな感じで ゴォーって
すごい迫力でしょ

P3040004.JPG

ぐちゃぐちゃ デコボコの生活路
除雪車のおかげでかなり改善し 不自由なく車に乗れるようになりました

ほんとうに助かりました


助かったと言えば
近所の 3 人のちびっこ王子様たち

雪どけ水の通り道を作っていたら スコップ片手にさっそうと現れて
一生懸命手伝ってくれたんです

うれしかったなぁ
ほんとうにありがとう!

スコップやツルハシの扱いも 年々上手になるし
頼もしい王子様たちです



おまけ

P2060029.JPG
あたしだって ツルハシくらい‥



2018年3月 3日

お雛様

今日は桃の節句です


押入れの奥に眠っていた雛人形

ひとつひとつ箱を開け 人形を覆った薄紙を取り
白いお顔を見たときの あのなんとも言えないうれしさ

子供のときもそうだったけれど
大人になっても あのワクワクは消えずに残っていて

不思議ですね
雛人形って


今日 偶然立ち寄ったホテルのロビーで
美しく飾られた 雛人形に出会いました

許可をいただいたので 写真をアップしますね


三人官女 (提子)

P3030031.JPG

内裏雛

P3030018.JPG

内裏雛(女雛)

P3030032.JPG

つるし雛

P3030021.JPG

三人官女(長柄)

P3030033.JPG

女の子の健やかな成長を願って飾られる雛人形

時代とともに形は変わっても
子を想う親の気持ちに変わりはありません


全国のちびっこ女子
今日はおめでとう!

元気で すてきなお姉さんになってね




2018年3月 2日

湿雪

降りました
重い重い雪です

昨日3回 今日3回
気合を入れて雪かき がんばりました

あっという間にできた路肩の雪山
排雪日は火曜なので しばくこのままです

P3020011.JPG

軒下の雪山も ずいぶん高くなってしまいました

庭いじり 遠のいちゃったかな‥

P3020009.JPG


先日 2年近く伸ばしていた髪をバッサリと切りました

鏡に映る顔が自分じゃないみたいで
なんだか落ち着きません


P3020033.JPG

2日前 髪を切ってから初めて友人に会うことになり
照れくさくて もじもじしていたのだけれど

結局その友達 私が髪を切ったのに最後まで気づきませんでした

あはは 
もじもじして損した (笑)



湿り雪 湿雪 ベと雪 水雪

腰やら 腕やら 背中やら あちらこちらが痛いけれど
もう少しの辛抱です

待ちわびた春はすぐそこまで来ています




おまけ

P2060003.JPG
あれ ちょっと太りました?



2018年2月28日

夕張

午後から大荒れの天候になるというので
起きてすぐに(午前6時) 空になったポリタンクを車に積み込み
ガソリンスタンドに走りました

18リットルを2個 家に満タンのポリタンクが1個
これで万が一停電になっても一安心です

ついでにガソリンも満タンにしておこうかな

スタンドの旗が 生暖かい空気の中 弱々しくなびいています
嵐の前の静けさといったところでしょうか



※※※ ※※※ ※※※ ※※※



夕張シリーズ第二弾
今回は冬の町並みを紹介したいと思います


かつては炭坑の町として栄えた町 夕張

エネルギー政策の変換によって 炭坑は閉山し
人口は減り ついには2007年に財政再建団体に指定されることとなりました


空家の目立つ町並みに 青すぎる冬の空と真っ白な雪が眩しくて
胸がチクチクと痛みます

P2260718-001.JPG

交差点近くの坂道にはロードヒーティング

P2260711.JPG

降り積もった屋根の雪は

P2260712.JPG

とても重そうに見えるし

P2260748.JPG

剥がれ落ちた塗装は
とても寒そうに見えるけれど

P2260719.JPG

夕張にゃんずの足取りは軽くて 心がほんわかと温かくなります

P2260149.JPG


財政破綻をしてから10年経った2016年
市では市民の協力のもと 116億円の借金を国に返済したのだそうです

その一方で人口減少の歯止めはかからず
市は財政再建一辺倒の政策から方向転換
地域再生との両立を目指すことになりました

夕張市のHPには
山積する地域課題に立ち向かい 夕張は立ち上がります
とあります

心からの決意に 胸がいっぱいになります


こちらは夕張駅

P2260792-001.JPG

そしてこちらは 駅近くの屋台村

P2260779.JPG

昭和レトロな屋台村には 7軒の店舗と宴会場がひとつあります

どことなく懐かしくて ホッとするような空間
夕張らしいなぁ と思いながら素朴な木のイスに腰掛けました

P2260773.JPG

屋台村の中に 張り紙を見つけました
ここに集まった店主さん方の想いがつづられた張り紙です

最後の数行が ポスターで隠れていて
全文を読み取ることができませんでしたが 熱意は十分に伝わってきました

読み取れた部分だけでも紹介したいと思います

P2260772-001.JPG
私たちの想い

この素晴らしい自然や
先人達の偉業に魅せられ
集まった人々がつい長居してしまう
心安らぐ地 夕張

道行く人々が気さくに声をかけてくれ
今の自分達が置き忘れてきたものを
ふと思い起こさせてくれる
昔を懐かしみ ほっとする古里 夕張
私たちはそんな夕張が大好きです

八十四年前に建てられた炭坑長屋の
住まわれた人々の思い出のある木材が
職人達の技により再び蘇ったこの屋台村で
一軒一軒は小さな店ですが
「また行ってみたい」と言っていただける
お店になりたいと思っています

知らない同士 なかま同士 肩の力を抜いて
今日を語らい 夢を語らい ‥‥


読み取れたのはここまですが 夕張に対する溢れる想いや
町の再生への心意気が感じられ 胸が熱くなりました


がんばれ 夕張!
微力だけど 私も応援しています


P2260777.JPG

ちなみにこの日私がチョイスしたのは
海鮮あんかけ焼きそば

野菜がたっぷり入った ボリュームたっぷりのあんかけ焼きそば
とても美味しかったです

P2260761.JPG

食べ物つながりで もうひとつ

以前もブログで紹介したことのある
うさぎ屋のシナモンドーナッツ
覚えていますか?

絶品なんですよ このシナモンドーナッツ

場所は屋台村から車で3分程度の所なんですが
気をつけないと通り過ぎてしまうような小さな店舗だし
人が一人通れるほどしかシャッターが開いてなかったりもします

でも 味は間違いありません

外はサクサク シナモンたっぷり
中はしっとりとした甘さ控えめのやわらか餡がたっぷりと入っています

一口サイズのシナモンドーナッツ
やみつきに なりますよぉ(笑)

株式会社 うさぎ屋

住所 夕張市鹿の谷1丁目
TEL・FAX 0123-52-4533(昼間)

シナモンドーナッツ
P2260799.JPG
機会があれば 是非夕張へ



おまけ

P2260214.JPG
あたしたちも闘っています (夕張外猫組合代表)



2018年2月17日

おめでとう!

今までもあったんです
突然の奇声とか 大きな拍手って

でも 今回のはすごかった

あんな雄叫び あたし今まで聞いたことありません
そのあとの雷みたいな拍手も‥

あたし もう少しで気を失うところでした


P2160012.JPG

おまさが宇野昌磨君のファンだっていうのは
あたしも薄々気づいていたんです

だから 昌磨君の演技が始まったとき
これは用心しておかなきゃヤバイって‥

演技終了後 おまさが手を組んで
300点 300点 って ぶつぶつ言い始めたから

「 あぁ これは いよいよだな 」 って覚悟をしていたんですよ

でも まさかあんな声が出るなんてね
泣いちゃうなんてね


でもあたしだって ほんとうは嬉しいんです
羽生君と宇野君の金と銀

だから素直に言います

メダル獲得おめでとう!

それから 素晴らしい時間をありがとう!