ホーム >

花咲か日記

2018年12月14日

忘れてしまうけれど 後編


老婦の歩みは止まらない

その華奢な身体のどこにそんなエネルギーがあるのか
ずんずん歩いてゆく


P9150186.JPG

「膝が少し悪いんです」
背広の青年はそう言っていたが そんな気配はみじんもなかった


私も急ぎ足で歩きながら老婦に尋ねる

「 どこに行かれるんですか?
娘さんの住まい お分かりになるんですか?」


「分ります 大丈夫です
もう1人で行かれますから」

「でも私 やっぱりマンションまでご一緒します」

婦人はちらりと私を見て 戸惑ったような顔を見せたが
歩調を緩めることなく歩き続けた


P9150159.JPG

彼女の歩みが止まったのは 駅ビルのショッピングモールを抜けた所だった

「どうされました?
道 わかりますか?」

老婦は力なく 「わからない」 と答え
私は少なからずうろたえたが

彼女はすぐに思い直したように
「でも大丈夫です」 と言うと また猛烈な速さで歩き始めた


P1270362.JPG

「とにかく ちょっと ここで休みましょう」

やっとのことで婦人をとめ
娘さんのマンションの名がわかるかと尋ねてみた

老婦は 少し考えたあと マンションの名前を口にしたが
元々土地勘のない私に場所がわかるはずもない

さてどうしたものかと思案していたら
60代後半くらいだろうか

ふっくらとした人の良さそうな女性が 声をかけてくれた

どうしたんですか? 道に迷ったんですか?

あぁ 助かった

事情を説明し
老婦の教えてくれたマンションンを知っているかと尋ねてみた

聞いたことがないと女性は答え
近くに交番があるから行ってみてはどうかと勧められた

それはいい
よかった これで問題は解決だ

ところが老婦は 交番には絶対に行かないと言う

1人で行かれるから大丈夫 の一点張りなのだ

ふっくらとした女性は 私を見てゆっくりと首を横に振り

「私が交番に行って事情を説明して来ます」と言ってくれた

ありがたい

「じゃあ それまで私がここに引き留めておきますから」


P9150170.JPG


女性はなかなか戻って来なかった

苛立ちを抑えきれない様子の老婦を その場に引き留めるのは
予想以上に骨の折れることだった

寒いと言う老婦

着ていたダウンジャケットを脱ごうとすると
「そんなことはしないでください」 と強く断られた

他人に迷惑をかけてはいけないと 育てられてきた世代なのだろう

ピンと伸びた背筋や 上品な物腰 自立した態度は
彼女がしっかりと人生を歩んできたことを証明しているように思えた


P9150187.JPG

突然老婦が なにかに気づいたようだ

「あれです!」
彼女の視線の先には 高層ビルが2つ並んでいる

「娘が待っているから 行きます」

もしかしたら思い出したのかもしれない
でも間違いでないという確証はないし 先ほどの女性のこともある

なんとか女性が戻って来るまでは待って欲しいとなだめ
老婦を引きとめた


「どうして そんなにしてくれるんですか?」

探るような目を見つめ返しならが 私は答えた

「私ね リムジンバスを待っているときに 隣に居た男性に
バス停で娘さんが待っていると聞いているんですよ

でも 娘さんはいらっしゃらなかった

だから そのまま別れるなんて 私にはできないんです」


老婦はキョトンとして私を見つめた

彼女は男性のことを もうすっかり忘れていた


PA101130.JPG

交番に向かった女性と別れてから
15分くらいは経っていただろうか

今度は初老の男性に声をかけられた

「どうしたの? 道に迷った?」

再び事情を説明して こういうマンションを知らないかと尋ねたが
やはりその男性にも心当たりはなかった

老婦は指を指す
「あの建物なんです」

「あれなら僕の住んでるマンションだ
〇〇〇〇〇っていうんだよ 名前が違うなぁ」

老婦はそれを聞いてバッグから宅配の送り状を取り出した

男性は驚いたように

「〇〇〇〇って書いてあるじゃない
同じマンションだ
しかもこれ 僕のひとつ上の階だよ」

なんという偶然 こんなこともあるんだ

老婦は名前こそ間違ってはいたが
娘さんの暮らすマンションを ちゃんと見つけていたのだ

そこにちょうど 先ほどの女性が戻って来て
交番は1人勤務だから その場を離れることはできないと言われたと話してくれた



老婦は皆に礼を言い もう1人で大丈夫だと言ったが

マンションに入るのも 簡単じゃないからと
男性が付き添ってくれることになった

よかった
この人になら任せられる

「 じゃあ すみませんが あとのこと よろしくお願いします」


P1270377.JPG

老婦は私に向かって深々と礼をし
「ありがとうございました」と何度も繰り返した

とにかく よかった

もしかしたら 娘さんと会う頃には
私のこともすっかり忘れているかもしれないけれど
そんなことは大したことじゃない


さあ 私も早く娘の所に行かなきゃ






これで老婦と私とのお話はおしまいです

先後までお付き合いくださって ほんとうに ありがとうございました

今日が皆様にとって すてきな1日でありますように






2018年12月12日

忘れてしまうけれど 前篇


満面の笑顔でこちらを見つめる女性に気づき
思わず後ろを振り返ったけれど 誰もいない

80代後半くらいだろうか
笑顔の主は小柄で細身の老人だった

軽く会釈を返し 視線を正面に移した

私は羽田空港でリムジンバスを待っていた


PC040736.JPG

私の隣には背広姿の若い男性
老婦は男性に寄りかかるようにして立っていた


「 最初に停まる所で降りてください 」
男性が老婦に向かって ゆっくりと話しているのが聞こえる 

お年だからだろうか それとも他に理由があるのだろうか
どちらにしろ1人では心もとない旅のようだ

「 私も同じ所ですから 一緒に降りますよ 」

振り返った男性は
「よろしくお願いします」 と頭を下げ
持っていたメモ書きを見ながら

「 停留所に娘さんが待っていますから
降りた所に娘さんが居ますから 」 と繰り返した


老婦はバスの窓から 青年に何度も手を振った


P5041341.JPG

40分ほどで目的地に着き 私は彼女と一緒にバスを降りた

ところが
バス停に娘さんの姿はない


さて 困った
どうしたものか


老婦は 「 別の場所で待っているかもしれない 」と
先に1人でどんどん歩いて行く

私は彼女を追いかけ走った


「心配だから 私も一緒に行きます」

「1人で大丈夫です 」 

でも なにかあったらと思うと 老婦を一人にはできない

「 娘さんとお会いできたら失礼しますから 」 と食い下がった


PC040728.JPG

道すがら 女性が90歳であること 福岡から来たのだということ
ここには何度か来たことがあることなどを知った


彼女が言っていた別の場所というのは
バスの停留所 乗り口だった

当然 娘さんが居るわけはない

さあ どうする おまさ





これは先日 娘の家を訪ねた日の出来事です
長くなりそうなので 続きは後日改めて


厳しい寒さが続いています
雪もまた降りました

お風邪など召されていませんか?
どうぞご自愛くださいね



おまけ

PC110069.JPG
おばあちゃん 大丈夫かなぁ



 

2018年11月30日

こんなところに


今日は冷え込んでいます

最低気温は -6.7℃
お昼前になっても -1.5℃

このまま真冬日になるのかな



先日 珍しい野鳥が入っていると聞きつけ
仲間と一緒に 冬の石狩浜に出かけて来ました

でも 肝心の野鳥の姿はどこにもなく 
仲間はシャッターを1度も押さないまま帰宅



せっかくなので 誰も居ない海岸の風景を何枚か撮ってみました

PCで加工して シネマスコープ風に

PB260356-001.JPG

監視台
PB260337-001.JPG

冬の日本海
PB260353.JPG

旧(カクニ)長野商店
PB260321.JPG

デジタルで撮った写真を モノクロにしたり セピアにしたり
モザイクをかけたり ワンクリックで簡単にできてしまう便利な世の中

昔の人が見たら きっとびっくりしちゃうんだろうな



※※※ ※※※ ※※※




物置のダンボールを整理していたら
亡くなった夫の手帳が出てきました

教科書サイズの大きな手帳には
見慣れた字がびっしり

パラパラとめくっていたら
はらりと写真が落ちてきました

若い頃の夫と私の写真

嘘でしょ

絶対そんなことをする人ではないと思っていたので
びっくりするやら 気恥ずかしいやら

写真の中の二人は 若くて 細くて

ヒゲ君にはヒゲも生えてない
あはは まるで別人だ


文章だけにしておこうかとも思いましたが
デジカメで撮って加工してみました

モノクロにして 画像をぼかしてっと

ヒゲ君 怒るかな?

PB280004-001.JPG




おまけ

PB230060.JPG
あたしも昔風




2018年11月27日

写真展のこと


写真展が 一昨日 無事に終わりました

寒い中 足をお運びいただいた皆様には
心よりお礼申し上げます

ほんとうに ありがとうございました


PB230136.JPG

PB230138.JPG

写真サークルAmbitious

今回で17回目の写真展になります

PB230149.JPG

新米の私にとっては人生初の写真の展示

張り切りました

ただ準備中は 冷や汗の連続

これだ! と思える作品が1枚も見当たらなくて

困った 困った


PB220011.JPG

先輩方の素晴らしい写真を見ながら

次回は少しでもいいものを
と決意を新たにしています



楽しかった写真展

今は 思いっきり大きな声で叫びたい気分です

みなさん 素晴らしい時間をありがとうございました!





おまけ

PB260204.JPG
よかったね‥ むにゃむにゃ




2018年11月12日

写真展示会のお知らせ


写真サークル「Ambitious」 展示会のお知らせです

今年は例年よりちょっぴり早く写真展が開かれることになりました

もちろん入場料無料です

お近くにお立ち寄りの際は 気軽に遊びにいらしてくださいね



会場
 
北広島市芸術文化ホール1Fギャラリー
(北広島駅より徒歩1分)


日時

11月22日(木)~25日(日)

10:00~18:00 (最終日25日は10:00~17:00)


PB120016.JPG

私も今回は5枚ほど写真を展示させていただくこととなりました

生まれて初めての写真の展示です

ドキドキドキ‥





※※※ ※※※ ※※※





一昨日 ようやく庭の冬支度が終わりました

最後まで咲いていた はつねとクリスタルフェアリーは
チョキンと切って花瓶にさし

葉をむしり取り 束ねて冬囲い

P1010024-001.JPG

軒下のラベンダーの囲いにも 丁寧に縄をかけてやりました

イングリッシュラベンダー
PB090007.JPG

枯れたホスタやアスチルベの葉をカットし
雑草を抜き 花壇をお掃除

特に落ちたバラの葉は残さないように拾い集めます

雪で枝折れしないように 低木類も束ねてやって

鉢植えのまま越冬させるバラ ( ロサ グラウカ ・ ゴールデンボーダー)は
横倒しし 防風ネットで覆い固定

ガーデンテーブルやイスを家の中に運び

フェンスが雪で歪まないように 煉瓦をかまし

排雪時の破損を防ぐため
雪で埋もれてしまう塀沿いに 目印の棒を立て

床下の換気孔を閉じて

こんなもんかな


そうそう 新しい巣箱を カエデにかけ直してやらなくちゃ

よいしょっと ♪

来春は ここで子育てしてくれるといいな

カエデ
PB090019.JPG

札幌辺りでは明後日に雪がちらつくかもしれないとか
暖か過ぎた11月も そろそろ終わりになるのでしょうか

長い冬の始まり

寒さなんかに負けないぞー




おまけ

PB120006.JPG
あたしも写真展に行こうかな




2018年9月15日

ありがとうございました


久々の夏日
涼しさに慣れた身体には 26℃の気温もキツイ


秋風が吹き ススキがほうけ ナナカマドの実が赤くなり
我が家の庭でも ペニセタムに花穂がついた

もうすっかり秋だと思っていた

ペニセタム モードリー
P9146453.JPG

昨日 午後の5時前だったと思う
外出先から戻って 郵便受けに白い紙が入っているのに気づいた

訃報の知らせだった

とてもよくしてもらっていたご近所さん
覚悟をしてはいたけれど 辛い

混乱した頭で 通夜と告別式の日にちと時間を確認するのだけれど
一向に頭に入ってこない

ええと 今日は何日だっけ

携帯を見て 愕然とする
嘘でしょ ‥ もう過ぎてる

近所の友達に電話して
私が訃報の知らせを見過ごしていたのだと分かった


キミキフーガ コーディフォリア 
P9096101.JPG

慌てて洋服を着替え 故人のお宅へ走った

あんなによくして戴いていたのに
お見送りもできなかった

そう思うと 申しわけなくて 情けなくて 涙がこみ上げてきた


ホトトギス
P9146461.JPG

お父さん 〇〇さんに来てもらえて 喜んでると思います

突然の訪問に嫌な顔ひとつせず 
迎え入れてくれた奥様と息子さん

失礼を詫びているうちに また涙があふれてきた


ナツツバキ
P9146478.JPG

セダム
P9096076.JPG


アンブリッジローズ
P9136397.JPG

ホワイト グルーテンドルスト
P9096080.JPG

ゴールデンボーダー
P9096115.JPG

アルバ メィデイランド
P9096086.JPG

ホワイト メィディランド
P9096117.JPG

ジョン クレア
P9096079.JPG


夫が亡くなってしばらくは 庭仕事中 堪えきれずに嗚咽した
亡くなったご近所さんは いつも気づかないふりをしていてくれた



〇〇さん ありがとうございました
ほんとうに ほんとうに ありがとうございました




2018年9月12日

地震のこと Ⅱ


10日からゴミ収集が再開されました
たまっていたオムツや生ごみを回収してもらえて ホッとしています

ホント ありがたい

ガソリンも満タンにできたし
娘の荷物を宅急便で送ることもできたし

スーパーやコンビニの商品はまだ品薄なものもあるけれど
ほとんど日常生活に不便を感じなくなってきました

もっとも 電気の供給には不安があって
今も綱渡りの状態です

苫東厚真発電所 ( とまとうあつま)
P9116215.JPG
上の写真は 今回の地震で停止してしまった苫東厚真発電所
北海道の電力の1/2をまかなっていました

震災直後は1週間程度で完全復旧される見通しでしたが
昨日の報道では11月にずれ込むとか

新たに京極の水力発電所が可動し
不足分を補えるとのことですが 今も綱渡りの状態で
北海道中で 真剣に節電に取り組んでいます



※※※ ※※※ ※※※



一昨日は 写真仲間が身を寄せている避難所にほぼ1日おりました

昨日は避難所に寄ったあと 気になっていたむかわの町へ

地震直後 震度6強とされていた むかわですが
後に震度7 と修正されたとのこと

街の中心街には倒壊した建物がいくつも見られ
心が重くなりました

厚真と札幌(清田)だけでなく
むかわの被災状況も知って欲しいという 現地の方の声を知り
迷いはありましたが写真を掲載することにしました



P9116266.JPG

P9116302.JPG

P9116292.JPG

P9116247.JPG

P9116263.JPG

P9116304.JPG

道の駅 むかわ四季の館
P9116232.JPG

役所の方々 自衛隊員 消防士 医師 保健師
ボランティアのみなさん そして被災者同士や家族 友人が
助け合い 復興に向け精一杯がんばっています


今日もさわやかな気持ちのいいお天気です
みんなで力を合わせ この困難を乗り切っていきましょうー!



2018年9月 9日

地震のこと


真っ赤な夕焼けに気づいて
慌てて外に飛び出したんだけど 少し遅かったみたい(昨夕)

P9086013.JPG

それでも それなりに空はきれいで

もしここに ぽんずが居たら 「どうちて 空が赤いの?」
って 何度も聞かれただろうなぁ

なんて思ったりして

P9086002.JPG

一昨日(7日) 娘達が無事千葉に戻って行きました

6日に起きた地震で 飛行機が欠航になりはしないかと心配でしたが
定刻通り飛んでくれたようでホッとしました

よかった よかった



恵庭の震度は5 強でした

家中がガタガタと揺れ 棚の上のものが落ちたりしましたが
割れたり 壊れたりしたものはこのデカンタだけ

デカンタも 耐震ラッチのおかげで外に飛び出すこともなく
被害は最小限に留まりました

耐震ラッチ 小さいけれど優れものです

P9085915.JPG

ほどなくして停電になりましたが
夜明けまで2時間弱くらいだったし
旧式だけど懐中電灯はあったし このときはまだ余裕でした

下のちびは娘に抱かれておとなしくしていたし
ぽんずは熟睡中でしたしね

P9085958.JPG

よし 今のうちにコンビニに行くぞ!
食材が減ってきたし
ちび達に不自由はさせられない

手早く着替えをすませ 外に出ると
暗闇に包まれた街の上に 満天の星

きれいだ
泣きたくなるほどきれいだ


停電でガレージが開かないので
歩いてコンビニに歩いて向かうことにしました
(暗くて手動の切り替えがよくわからなかった)

懐中電灯の明かりを頼りに 濡れて黒光りするアスファルトを とことこ

セブンイレブンの前には6台前後の車が停まっていて
リュックを背負った人の姿も何人か見えました

よかった 開いてるみたいだ

薄暗い店内に入ると 陳列されたいた商品が床に散乱していて
粉々に割れたガラスと茶色い液体がそのままになっていました

それでも商品を売ってくれるお店に感謝しつつお買いもの

ロックアイス お茶 ポカリ サンドウィッチ
菓子パン カロリーメイト カップめん
こんなものでいいかな



朝食後は ちび達を連れ4人でホームセンターに

停電がいつまで続くかわからなかったので
ガスボンベや電池 それにおむつを買っておきたかったのです


P9085907.JPG

店には開店前に着きましたが 既に100人以上の人が並んでいて
最後尾について待つこと1時間半

ちび達もがんばりました


店内では店員さんがついてくれて
欲しいものが買えるようにサポートしてくれました

きめの細かい対応に感激です

こういうときの人のやさしさって 心に沁みますよね



電気は 一昨日(7日)夜9:45頃に復旧しました
信号もつき 電車も走り スーパーも品薄ですが営業する店が増えてきました

冷蔵庫がうなり始め さわらの自動給餌器や給水器も使えるようになりました
I H ヒータで料理ができ 洗濯ができ シャワーからお湯も出ます

もう水をかぶるのはごめんです(笑)

あとはゴミ出しと ガソリンかな


まだ余震が続いているし
電気の供給も万全ではないようなので

節電を心がけ しばらくはおとなくしくしているつもりです



P9055888.JPG

楽しかったちび達との思い出話は また次の機会に

今日が皆様にとって よい1日となりますように




おまけ

P9085984.JPG
テントの中 空っぽ



2018年7月30日

暑中見舞い


どうやら雨があがったようです

窓から吹き込む風は湿気を帯びていて
ねっとりと体にまとわりつく感じ

それでも室温26℃だから 文句を言っては罰が当たりますね

札幌あたりでは 連日30℃を越す真夏日だそうで
道内もいよいよ夏本番といったところでしょうか

まだしばらく続く日本の暑い夏
十分な休養と バランスのとれた食事で乗り切りましょうー


P7230011.JPG

先日の大雨で被災された方や
ボランティアで現地で作業している方

厳しい暑さで さぞかしご苦労も多いかと思いますが
くれぐれもお身体を大切になさってください

なにもできませんが 1日も早い復興を心より祈っています




おまけ

P7110077.JPG
アイスや冷たい飲み物の飲み過ぎには 気を付けましょう




2018年7月24日

流送まつり

22日 むかわ町穂別の「流送まつり」を見てきました

流送まつり?

それって いったいどんな祭り?

という方もいらっしゃると思いますので
簡単に説明しますと

木材に見たてた人(11人)がうまになり
その背中の上を 先導役の人が走り
タイムを競うというものでして

かつて鵡川で行われていた木材流送を
文化遺産として復活させたのがこの祭りなのだそうです

なるほど なるほど

以前は鵡川の浅瀬で行われていたようですが
数年前の大雨で 安全な場所が確保できなくなったため
現在は地上で行われています

水しぶきがないのは寂しい気もしますが
それでもレースは過酷そのもの

なにしろ120mだった距離が2倍の240m になったんですから (成人)


P7220306.JPG

P7220308.JPG


競技前の練習風景から

P7220143.JPG

顔出し OK ?

はい 大丈夫です
と答えてくれた女の子のほっぺには 鮮やかな日の丸が‥

かわいい

P7220120.JPG

男女混合チーム

P7220173.JPG

全力疾走

若いって すてき

P7220098.JPG

先導役さんは バランスを取るのが難しいのです

P7220170.JPG


ここからは再び本番

P7220598.JPG

実況中継はクレーンの上から

P7220397.JPG

ちびっこも負けてはいません

機敏~

P7220272.JPG

沿道にはたくさんのギャラリー

P7220219.JPG

ちなみに こちらが優勝チーム

高校球児をものともしない 圧巻の速さでした

P7220671.JPG

途中 雨の降った時間もありましたが
まつりは大いに盛り上がり
終始熱気ムンムンでした

P7220705.JPG

P7220213.JPG




おまけ

P4160106.JPG
あたしも馬になれるかしら





2018年7月10日

飛べない鳥


飛べない鳥が飛べる鳥を見上げて 下を歩くのはごめんだ

人生に曇りの日が増える
私は自分の人生を晴らしたい
曇り空を晴らしたい
私は 私の人生を生きる

これはNHK  朝の連続テレビ小説 「 半分、青い 」に出てくる
ヒロインの台詞です

主人公の漫画家が自分の才能に見切りをつけ
漫画家を辞める決心を 師にぶつける場面での発言です

これを聞いた朝は 重い気持ちになりました


マガン
P9260912.JPG

今まで 何度となく飛べない鳥を見てきました

水際をよたよたと歩き 頭上を飛ぶ仲間を見上げ
傷ついた羽を羽ばたかせ 寂しげに鳴く姿は
とても哀れで 悲しくて‥

でも 傷ついた羽の鳥が不恰好に歩く姿を
みっともないとか かっこ悪いと 思ったことは一度もありません


飛べないヒシクイ ( 撮影地 / ウトナイ湖 )
P8260023.JPG

写真の飛べないヒシクイは 湖を泳ぎ 川を下り
北国の厳しい冬を何度も切りぬけてきました


P4062136.JPG

自分になにが向いているかは やってみないとわかりません

挑戦して あぁ これは自分には不向きなことだったと気付き
方向転換を図ることが賢明な場合だってあるでしょう


でもそこに留まって 一歩一歩進む道にも
また大きな意味と意義があると思うんです
 
がんばっていれば きっと良いことがある

飛べなくても 不恰好でも
しっかりと地面を見て歩いて行ける人でいたいって思います
 


ついでながら ドラマの方でも
新しい展開がありました

翼は折れたかもしれない でも明日へ飛ぼうと思う

( NHK  朝の連続テレビ小説 「 半分、青い 」より 詩の一部を抜粋 )


P9260082-001.JPG

そうか そうか そうきたか
さすが 北川悦吏子さんだ





おまけ

P7090004.JPG
あたし ズンドコベロンチョ と あの詩が好きなんです




2018年7月 2日

鳥見に行きたい病


最後に鳥見に出かけたのは先月の19日だから
もう2週間近く ずっと家に居ます

毎日 庭の手入れをし 写真を撮り
暗くなってから買い物に出かける生活が続いています

庭いじりは大好きだし 草花の写真を撮るのも好きなんだけど
なんだか ちょっと変なんです


キタキツネ(親)
P6199180.JPG

キタキツネ (去年の春に生まれた子)
P6199135.JPG

左)親ギツネ  右)子ギツネ
P6199146.JPG


庭にやって来た蝶や

エゾシロチョウ
P6190170.JPG

バラの葉にとまった虫や

ナミハナアブ
P6300366.JPG

ジューンベリーの実を食べにやって来たヒヨドリ

上空を飛ぶオオジシギ

水たまりで水浴びをするスズメが

やたら気になるんです


ヒヨドリ
P6220053.JPG

これはもしかして 鳥見に行きたい病?

野山や海が見たい病?


こらこら私 しっかりしろ~





※※※ ※※※ ※※※




バラの葉が こんなふうになっているのを見つけたら


P6230003.JPG

試しにひっくり返してみてください
もしかしたら こんなのがいるかもしれません

P6230005.JPG
虫が移動する前に葉を取り除けば
ちょっと得をした気分になりますよ





おまけ

KIMG0470_20180702061947-001.jpg
( ドアップに耐えるさわら )

一眼レフは嫌いだけど
あたし スマホなら 平気みたいです