ホーム >

花咲か日記

2017年3月24日

おうどん

がんばっても がんばっても なかなか落ちなかった体重

もう年だから仕方ないのかな と あきらめかけていましたが
糖質ダイエットのおかげで なんとか目的を達成しました

BMI 21

はじけ飛びそうだったボタンは ちゃんと閉められるようになり
窮屈だったジーンズにはゆとりができ
以前のように軽快に動けるようになりました


P3240007.JPG

でも‥
なんだかシワが増えた気がする

年なんだから仕方がないかな と思いつつ
目じりを指で引き上げてみたりして‥

あ~ 複雑なお年頃



今日はご褒美に
ず~っと我慢していた おうどん を食べちゃおうかな

小麦粉さん 久しぶりだなぁ





おまけ

P3240003.JPG
あたしはずっとカリカリなの



2017年3月23日

大雪だ

朝目覚めたら なにもかもが冬に逆戻り

ふんわりとした雪が15 cm くらいかな
新しく積もっていて

昨日まで見えていたフッキソウも クロッカスも
どこにあるのか さっぱり分かりません

なんてこと
今日は 外壁工事の下見の日だっていうのに‥


P3230040-002.JPG

それでも気温はそれほど低くないし
お昼には雪も止む予報だし

積もった雪もすぐにとけちゃうだろうと たかをくくっていたのだけれど
雪は断続的に降り続き とける気配がありません

 そのうち屋根に積もった雪が 音をたてて庭にすべり落ち
リビングの前に りっぱな雪山ができてしまいました

うぅ 元の木阿弥‥


P3230035-002.JPG

下見は雪の降りしきる中始まり
結局 着工は来月上旬に変更となりました


雪がなくなった頃 もう1回来なくちゃな‥
と業者さん

そうですよね
こんなに雪があっちゃ 下見にだってならない

でもね でもね
昨日まで ラベンダーの支柱がちゃんと見えていたんですよ
もう少しのところまでいってたんですよ
女神さんなんて腰のあたりまで見えてたんですから

私 毎日雪割りをがんばっていたんですよ

って言っても きっと信じてもらえないよね
この雪の量だもの



おまけ

P3230016.JPG
まぁ そう力を落とさずに




2017年3月20日

スタックとコイン洗車

3連休はお天気続きでした

雪がすっかり消えたベランダは
ヒマワリの種と鳥の糞だらけ

ていねいに掃き掃除をすませた後
ぬるま湯をかけながら デッキブラシでゴシゴシゴシ!


どうだい 気持ちいいかい?

P3190018.JPG

午前中たっぷりと陽の当たる庭の東側も
ずいぶん雪どけが進みました

犬走りの砂利の上に
干からびたホスタの葉がへばりついています

雪のなくなった花壇の隅に
斑入りのクロッカスの芽を見つけました

細くて小さな芽がツンツン




※※※ ※※※ ※※※


 

先日 生まれて初めて 駐車場でスタックしてしまいました

雪の上を走ってたのですが
やわらかくなった雪の下には ぬかるんだ地面が‥

なんてこった
埋まってしまった

脱出のノウハウを知らない私は
タイヤの向きも確認しないまま アクセルを踏み前進

前がダメなら 今度は後ろだと
ギアをバックに入れ 再びアクセルを踏み込みましたが
タイヤは埋まったまま‥

まずい

と そこへ男性が1人

おぉ 人が居たのか
動転していて気が付かなかった


「タイヤを真っ直ぐにして」 と男性

え~と 今タイヤってどっちに向いているんだっけ
仕方ない ここは恥を忍んで聞くしかないな

「あの~ 今タイヤって どっち向いてるんですかね?」

この薄らとんかちな質問に この男性怒りもせず

「左に切って」 と やさしく神対応
そしてプッシュ! 

と そこへやって来た トラック1台

結局 総勢4名の男性の力を借りて 愛車は無事にぬかるみから脱出

皆様 その節は大変お世話になりました



帰り道 コイン洗車で
泥まみれになった私の愛車は ピッカピカ

人生2度目のコイン洗車でした



おまけ

P3190016.JPG
いい人が居て よかったね




2017年3月18日

雪割りと彫像

陽射しが強くなってきました

日当たりのいいキッチンは
日中なら 暖房なしでも快適です


P3180081.JPG

雪どけも順調に進んでいます

とけかけの雪は 粗いかき氷のようにざらざらとしていて
日の光に当たると きらきらと輝いて それはそれはきれいです


P3180024.JPG

ここ数日 毎日のように
アルミスコップを振り回し 雪割りをがんばっています

ガッ ガッ!

外壁工事が待ってるぞ
がんばれ~おまさ~

うん ここは特別固い
きっと氷の層ができているんだな

足を使って
ええ~い!

ガッ!

と その瞬間思い出しました

しまった
ここは彫像を置いている場所だ‥

慌てて 手で雪をかき分け
スコップを入れたあたりをチェックしようと試みたのですが
いかんせん 雪が固い

出てきたのは左手と壺だけ( あれ 羽だっけ? )

仕方ない
自然に雪がとけるのを待つとしよう


P3180014.JPG

気温が上がり 雪がやわらくなった今日の午後
注意深く周りの雪を取り除き
いざ チェック!

よかった
ひび割れ 見当たりません!

( お巡りさん 大丈夫でしたよ )


P3180052.JPG

家の周囲にバラやら 低木やら つる性植物やらを植えているので
おまさは ただいま大忙し

足場の邪魔にならないように
ロサグラウカを剪定して束ねて
シャラも縛り直して

そうそう壁面に巻きつけていたワイヤーも切って
ポールズヒマラヤンムスクも 思い切ってバッサリ

駐車スペースの確保だっているぞ
空家になったお向かいの雪山
これも雪割り必要だなぁ‥

うわぁ~ 間に合うかな?



おまけ

P3180083.JPG
ところで なんで お巡りさんなの?




2017年3月16日

ハイヒール

私の身長は167cm
女性としてはかなり大きいほうです

子供の頃から 背の順に並ぶと
たいていは後ろから2番目か3番目あたり

フォークダンスの授業では 時々男子のパーツを踊ったりして
思春期は かなりへこみました

小さくてかわいらしい女性を見ると ほんとうに羨ましかったなぁ


時代が変わり 女性も男性も背が伸びて
昔ほどは 自分の背の高さが気にならなくなりましたけどね


P3160010.JPG

先日 やわらかな素材のシンプルなハイヒールを見つけました
履き心地 抜群です

あまり履く機会はないかもしれないけれど
どうしても手放せず
そのままレジに向かい清算

予定外の出費だったけれど 気持ちは弾んでいて
  それもあまり気になりませんでした

つい昨日までは‥


でも見ちゃったんです
買った靴が30%引きになっていたのを

うっ




おまけ

P3160024.JPG
あちゃ~



2017年3月15日

お気に入り

1年くらい前からお鍋でご飯を炊いています

沸騰して10分ほど中火で炊いて
火を止めて15分蒸らす

たったそれだけで ふっくらとした美味しいご飯ができあがります

節電にもなるし 時短にもなる
これはいい ♪


P3150019.JPG

一時 糖質ダイエットで出番の減っていたルクルーゼだけれど
不眠事件をきっかけに再び活躍の場を取り戻しました

最近はもっぱら雑穀米ですが
もちもちとして これがなかなか美味しいんですよ

P3150029.JPG


昨日 久しぶりにお米を買いに行きました

いつもの品種を見つけ 手を伸ばしたのですが
あれ あれ?

同じお米なのに 150円引きの商品と 300円引の商品
それに値引きなしのものが並んでいます

不思議に思って 精米の日を確認したら
3日ずつしか違わない

いったいどういう理由で値段に違いがあるのか
知りたくて知りたくて

我慢できずに店員さんに尋ねたら にこやかに返答が‥

コープでは精米日から12日を過ぎると売ることができなくなるから
日が経つと順次値引きしているんですよ

へぇ 知らなかった
たった12日で?

そんな微妙な差なんて 私にとってはなんでもないので
迷わず300円値引のお米を買いました

ムフフ

って これって常識?
知らないの私だけ?

P3150023.JPG

こちらは100円ショップで購入したミニ懐中電灯
これもお気に入りの商品です

夜の撮影で 写真仲間が使っていたので真似をして2本買いました
1本は 有事の際に役立つかもと ベッドサイドに
1本は車の中に

軽くて 明るくて 使いやすくて 丈夫で 長持ち
100円ショップ 恐るべし

P3150035.JPG

そして最後に登場するのは これ ♪

数年前から愛用している湯たんぽです
これ ほんとうに暖かいんですよ

ぽっかぽか

冬は もうこれなしでは生きていけません

P3150042.JPG
ねっ さわら!


P3150049.JPG
確かに



2017年3月10日

雪庇と雪割りと宝くじ

玄関ポーチの屋根からせり出した雪のかたまり
下の部分は凍りついて氷のようになっています

屋根に緩やかな傾斜があるようで
気温があがってくると どんどんせり出してきます

もしこれが落ちて人にでも当たったら大変です

P3080089.JPG

引きで見るとこんな感じ

そのまま放置できないので 2Fの窓から屋根の上に出て
へっぴり腰で押してみましたが びくともしません

そりゃあ そうよね

仕方ないので アルミスコップで少しずつ雪をくずし
雪庇部分は雪をこそげ落として凍りついた部分だけにしました

それでも厚さはおよそ4cm

できれば落としておきたいと
スコップでコンコンやってみましたが
簡単には落ちません

とりあえず雪庇部分から少し手前の雪を入念に取り除き
落下する面積を減らすことにしました

多分これなら真下に落ちてくれるはず‥

うぅ こわ


P3080121.JPG
翌日 雪庇は真下の雪山(フラワーボックス)に無事に落下

ユキヤナギが一枝だけ折れてしまいましたが
樹勢の強いユキヤナギのこと

許しておくれ



※※※ ※※※ ※※※



春が近づき 雪が固くしまってきました

今ならスノーシューを履かなくても
忍者のようにスタスタと歩けます

土日は気温がぐんと上がるみたいだから
雪割りでもがんばりますか

外壁工事のこともあるしね

P3080119.JPG

屋根の下にできた大きな雪山をスコップで崩してゆきます

ガチン! ガチン!
所々氷の層になっていますが そこは根性でクリアー!

よし 第一弾はこんなもんかな

P3100003.JPG



※※※ ※※※ ※※※




家を建てておよそ20年
遠目にはきれいに見える外壁も 近くで見ると傷んでいます

特に2Fの コーナー部分やサイディングボード下部の傷みはひどくて
放置できなくなってしまいました

ボロボロ~ 

P3080087.JPG

何年か前にやった塗装 あまり効果がなかったみたい(涙)

で 私 十数年ぶりに宝くじを買いました
1枚だけだけど



おまけ

P3100008-001.JPG
なに~ これ?




2017年2月13日

ありがとう スマイルジャパン

 
昨日 苫小牧で行われた
アイスホッケー女子のオリンピック最終予選
最後の戦いを観戦してきました

カードは日本対ドイツ

相手チームのドイツは
上背のあるがっしりとした体格揃いの いかにも強そうなチームです

一方 日本代表は 小さくてかわいらしい感じ

これだけ体格差があってホントに大丈夫なのかな~
と少々心配になりましたが

練習風景を見て すぐに不安は消えました

スピード感のある キレキレの動き
これならいける!


結果は 3 - 1 で ドイツに快勝

アイスホッケー日本女子代表
オリンピックの出場権を2大会連続で獲得しました

ほんとうに おめでとう!


P2121881.JPG



ここからは ちょっと時間を巻き戻し(笑)


昨日は 私にとって生まれて初めての国際試合観戦でした

自分が日の丸の旗が揺れている観客席に座わることなんて
多分一生涯ないだろうな~と思っていたのですが

チケットは自由席で1500円
しかも場所は苫小牧

そのうえ写真も撮っていいらしいと聞き
これはチャンスと思った次第でして‥

人生 面白いもんですね

P2120096.JPG

ちなみに日本チームの前に行われた フランス対オーストリア戦
こちらは3 - 1 でフランスが勝利しました

P2121175.JPG


さあ いよいよ日本対ドイツ
最終試合の始まりです

P2121848.JPG

固唾をのんで見守る観客
いや 応援団かな(笑)

P2121628.JPG

激しい攻防

P2121604.JPG

P2121925.JPG

アイスホッケーって
ほんとうに‥激しいんです

P2122006.JPG

P2121745.JPG

しかも 優美

P2121393.JPG

歓喜の瞬間

P2122060.JPG

P2122151.JPG

国歌斉唱

P2122235.JPG

昨日は興奮してなかなか眠れませんでした
今もまだ アドレナリンが‥(笑)

スマイルジャパン
誘ってくれた友達
そして大会にかかわった全ての人に

幸せな時間をありがとう




おまけ

P2121320.JPG
トマチョーップ!




2017年2月11日

写真集

誰かの写真を見て泣いたのは これが初めてです

小高い丘の上に寄り添い
果てしなく広がる 雪山を見つめるムースの親子

親子があまりに小さくて
アラスカの自然があまりにも大きくて

おまさ 感涙‥


写真家の名前は星野道夫


国内の大学を卒業した数年後
アラスカ大学 野生動物管理学部に入学し
その後はアラスカを生活の中心とし
写真撮影と執筆活動を続けました


星野さんの写真は 愛にあふれています

アラスカを愛し いきものを愛し

危うさを抱えながら懸命に生きる動植物の姿を 見事に写し撮りました


P2110005-001.JPG

1952年生まれというから 生きていれば今年65歳

今から20年ほど前に 取材先のロシア(カムチャッカ半島)で
ヒグマに襲われて亡くなりました

襲ったヒグマは 地元テレビ局のオーナーによって
餌付けされたクマだったそうです

こんな悲しいことってあるでしょうか


でも 私が写真を見て涙したのはそのせいじゃありません

小さな いきものの向こうに見えるる とてつもない自然の広がりと
いきもののもつ 儚さと強さ

それを慈しむ写真家の眼差し 

そうしたものに胸を打たれるのです

ようやく手に入れた星野さんの写真集
私の大切な宝物がまたひとつ増えました

 


2017年2月 7日

ダイエット

珍しく続いている糖質ダイエット
3ヶ月で 5Kg ちょっと体重が落ちました

以前よりも野菜をたくさん食べるようになったし

P2070008.JPG

摂るタンパク質の量も増えました

ちなみに奥にぼんやりと写っているのは 油揚げのピザ
たっぷりのチーズに マヨネーズまで入った
ボリュームたっぷりの1品です

P2070022.JPG

こちらは タンドリーチキン風

ヨーグルトとカレー粉と塩のたれに10分ほど漬けこんで
あとはレンジでチン という簡単なレシピ

大好物のカレーライスを我慢しているので
このカレー風味は欲求不満を解消するには最適

骨をしゃぶりながら時間をかけていただいています

P2070029.JPG

ダイエットを始めるようになってから
大豆製品もずいぶん食べるようになりました


こちらは市内のお豆腐屋さんで売っている ビッグサイズのお揚げ
土日限定で 午前中に売り切れてしまうこともある人気商品です

フライパンで表面をカリカリに焼いて
たっぷりのおろし大根とポン酢でいただいたり
ねぎと一緒に生姜醤油で食したりしています

肉厚のお揚げ
口に入れると中からじゅわぁ~と汁が出てきて もう最高ですよ

P2060004.JPG

そしてこちらは 鶴の子寄せ豆腐
やわらかくて ほんとうに美味しいんですよね

醤油なしでそのままでも食べられちゃう

P2060018.JPG

ここの ゆばも最高なんですよ
おからだってよそのお店とは違う

あぁ いけない 忘れるところでした
お店の名前は 豆てっぽう

住所は 恵庭市戸磯201-18

他にも豆乳ドーナッツとか 美味しそうなお惣菜もいっぱいあります
近くにお越しの際は 是非 ♪



それにしても こんなに食べて痩せるなんて‥




おまけ



P2050022.JPG
体重計が壊れているとか



2017年1月23日

ピーチャーエール

さらさらの乾いた雪が
手からこぼれ落ちてゆきます

気温-6℃

ここまで気温が低いと 雪玉を作るのにも一苦労です

そうかと言って 暖かな日に雪だるまを作っても
すぐにとけてしまいます

で 結局 私が雪だるまを作るのは
いつも寒~い 雪の固まらない時(笑)


今季初めての雪だるま

ボディーは雪山を削って作りました
帽子は百円ショップ(300円)で
目はボタン
鼻はさわらの毛玉ボール
お口はワイヤー

ボタンと毛玉ボールは クリップを使って固定してみました

P1230011.JPG

よし これで完成!
  
P1230001.JPG

と 一旦は思ったのだけれど

近所のかわいい王子さまが
「胸にボタンがあった方がいいよ」 とアドバイスをくれ

P1230037.JPG

ジャーン!

やっぱり こうじゃなくっちゃね ♪

P1230021.JPG

ついでに王子さまに 名前もつけてもらいました

ピーチャーエール

この子は今日から
もう ただの雪だるまじゃありません

P1230032.JPG

名付け親の 王子さま
今日は 楽しい時間をありがとう



明日の最低気温は -21.2℃で
最高気温が -7.7℃ ‥

とりあえず とける心配なさそうだね




2017年1月13日

ツバメと王子とスズメと

ウトナイ湖の道の駅に かわいい衣装を着たスズメ達がいます

新年を迎えた今は お正月モード

背中に乗っているのは ニワトリさん
今年は酉年だものね


P1110019.JPG

スチールでできた雀には 羽毛もなにもないけれど
やさしい人の計らいで ぽっかぽか

見ているこちらまで 温かな気持ちになります

P1110018.JPG

この幸せそうなスズメ達を見る度
子供の頃に読んだ 「幸福な王子」のお話を思い出してしまいます

貧しい人々のために自分の体についた宝石を
届けて欲しいとツバメに委ね
どんどんみすぼらしい姿になってしまう王子(像)と

それに応え続け 南に渡る機会を失って
ついには命を落としてしまうツバメ

 「幸福な王子」のお話は とても切なくて
読み終わったあとも なかなか寝付かれませんでした

我が身を犠牲にして困窮している人々を救ったのに
世間の人には まったく顧みられない
そういう理不尽さを 子供の私は受け入れられなかったんです

P1110023.JPG


神様の計らいで ゴミ溜めに捨てられた王子の心臓とツバメは
楽園で永遠に幸せに暮らすことになります

幸福な王子

世間からは顧みられることがなかったけれど
ちゃんと神様は見ていてくださった

そして最後はほんとうの幸せを手にした
というお話です

P1110025.JPG

でもね 私 思うんです
王子がほんとうに幸せだったのは
ツバメが最後まで王子の元に残ってくれたこと
王子を愛してくれたことだったんじゃないかな~って

そして王子自身も
ツバメを心から愛していた
心臓が真っ二つに割れてしまうほどにね
そのことが王子とツバメを幸せにしたんじゃないかなって

そういう大切な人がいるってステキなことですよね

おや 朝から長々と‥失礼しました
それでは皆様 今日もいい1日を