ホーム >

花咲か日記

2017年6月25日

恵庭花とくらし展

満面の笑みを湛え 弾けるように舞うのは
YOSAKOIソーランチーム 恵庭紅鴉です

昨日行われた「恵庭花とくらし展」で
圧巻の演舞を披露してくれました

その迫力満点の踊りに胸が熱くなり 深呼吸をひとつ

振り返ると 涙を拭う友達の顔があり
なんだか ほっこりしました

そうだよね
心を打つ踊りだったよね

P6240165.JPG


P6240118.JPG


P6240119.JPG


P6240073.JPG


P6240148.JPG

紅鴉のみなさん
素晴らしい演舞をありがとう!

ファイナル 優秀賞受賞 ほんとうに ほんとうに おめでとう!




※※※ ※※※ ※※※




イベント会場内には 美味しそうな飲食物や 様々な手作りの品が
所狭しと並んでいました
( 裏方のみなさま お疲れ様です)

もちろん花苗もいっぱいです

元気もりもりの株なのに どれも破格の値段でびっくり


P6240066.JPG

だって ガウラや ブラキカム
ユーフォルビア(ダイヤモンドフロスト)が
みんな8ポットで1,000円っていうんだから

これって ちょっとすごいでしょ

品種も豊富で 組み合わせだって自由
もちろん苗は健康優良児揃いでしたよ

思い出して またよだれが‥


P6240052.JPG

あっ すごい!

すれ違う人の手に 大量のニンジンとピーマンを発見しました

あそこのテントだな
お~ 黒山の人だかりだ

P6240059.JPG

初めて参加した 恵庭 花とくらし展
こんなに素晴らしいイベントだったんですね


活気にあふれた会場をあとにして
次の目的地へ移動します

雨が降りだす前に
さあ 急げ




2017年6月17日

きっと忘れない 漁師さん編

いくつだと思う?
当てたらタコをひとつあげるよ

そう言って楽しそうに笑う男性は
小柄で細身の漁師さん

同行した写真仲間に年を尋ねられ
ピタリと当てたら 今獲ってきたばかりのタコをくれると言う

深く刻み込まれた顔のシワから
そこそこの年齢が予想されたのだけれど
そのきびきびとした動きを見ると それほどいっているようにも思えない


P6160041.JPG

いくつだろう‥
あれこれ思案していたら

隣にいた写真仲間が 大きな声で「77歳 」と答えた

「 93! 93だ 」

漁師さんは愉快でたまらないといったふうに
笑っている

P6160049.JPG

それにしても93 とは
すごすぎる‥


船の中の巨大なタコが ゆっくりと動く
いったいどれくらいの重さがあるだろう

感心してタコを眺めていると
生きてるから 触ってみろと言う

ぬるぬる ぬめぬめ

無理です‥

P6160047.JPG

予め用意してあったシートを船の上に被せ
漁師さんが 昔話に花を咲かる

浜言葉はとても難しくて 話してくれることの7割が分からない
足りない部分は想像力で補いながら相槌を打ったのだが

カンの鈍い私にも
彼が勇敢で 聡明で やさしい人であることだけはよく分かった


P6160036.JPG

P6160093.JPG


「それじゃあ 先がありますからこの辺で
いろいろとありがとうございました」


挨拶をすませ
互いに船から離れた途端

シートをかけただけの船に カラスがやって来るのが見えた
そうか あれはカラス避けのためのシートだったのか


カラスは青いシートの周りをピョンピョン移動しながら 隅をつつき始める

P6160091.JPG

知らせなきゃ と思った瞬間
写真仲間の声がした

「 カラスが来てるよ 」
「 タコを狙ってるよ 」


「 あぁ いいんだ 」 と片手を上げる漁師さん

なんだか めちゃくちゃ かっこいい



ゆっくりと時間が流れる初夏の一コマ


P6160096.JPG

もうこの漁師さんにお会いすることはないかもしれないけれど
きっと私 この日のことを忘れない




おまけ

P6120042.JPG
で タコってなに?




2017年6月 4日

根曲り竹(姫竹)

タケノコ フキ ウド ワラビ
山菜の美味しい季節が続いています

下の アスパラのような細長いタケノコは 根曲がり竹(姫竹)といい
竹ではなく笹の仲間
正式な名前をチシマザサ(千島笹)というそうです

北海道には孟宗竹がなく タケノコといえば
この根曲がり竹の若竹のこと

以前 瓶詰の根曲り竹をいただき
以来すっかり そのファンになってしまいました

癖がなく 甘くて美味しいんですよ

根曲がり竹(姫竹)
P6040008.JPG

今日も 「かのな」(恵庭農産物直売所)で
姫竹とフキをドーンと買ってきて 下処理をがんばりましたよ

って言っても ただ茹でて皮をむくだけなんですけどね


P6040018.JPG



今日は1日 雨が降ったり止んだりのお天気でした

最低気温 6.2℃ 最高気温 11.1℃
ホント寒いです


チゴユリ
P6040035.JPG

ミヤママタタビにしがみついているチョウが
なんだか哀れに見えました

P6040060.JPG

ツルアジサイ
P6020027.JPG

P6040090.JPG

現在の室温16℃

暖房をつけるほどじゃないけど
暖かさに慣れた身体にはちょっとキツイかな

皆様も 暖かくして お風邪など引かれませんように





おまけ

P6040105.JPG

それより まぶしい‥



2017年5月 1日

黄砂は少ないというけれど


ぽつぽつと降っていた雨も午後にはあがり
日が差してきました

眩しい 強い日差しです



先日 無事に外壁のリフォームが終わり
なんとか 5月に入る前に 冬囲いをはずせました

ぎりぎりセーフ ♪

窮屈そうだった庭木や草花が
ちょっぴり のびやかに見えます

プルモナリア ( スモーキー ブルー )
P5010018-001.JPG

手前から
ヒューケラ 斑入りイワミツバ チューリップ スノードロップ

P5010017.JPG


チューリップ(タリダ)
P5010025.JPG

チューリップ(スプリンググリーン)
P5010066.JPG


裸ん坊の彫像の奥に
ぼんやりと見えているバラは ブラッシュノアゼットです

芽吹き始めたバラ達の剪定と誘引
そうのんびりとはできません

急いで
でも芽を傷めないように注意して 慎重に慎重に‥
よし こんなもんかな


おぉ そうだ
小さくなった ミヤママタタビも誘引してやらなきゃ


P5010063.JPG



※※※ ※※※ ※※※




最近 雨が降るたび 黄砂が降ったみたいに家が汚れます

塗装して間がない屋根も ベランダの手すりも 玄関ポーチの屋根(波板)も
あっという間に ドロドロです

P5010001-001.JPG

リグラリアの葉も このとおり

P5010011.JPG

でも調べてみると
昨年の5月8日に確認されてから 今年4月末日まで
黄砂は降っていないらしいんですよね

とすると
これって何なんでしょう?

土みたいに見えるけど もしかして花粉?


何にしろ せっかくきれいにしてもらった外壁と屋根
1度きれいな雨で 汚れをすっきりと洗い流してもらいたいと思う気持ち
ダメでしょうかぁ~? (涙)




おまけ

P5010056.JPG
隊長!
こっちも ドロドロです



2017年4月26日

恥ずかしい話

一昨日 さわらのごはんを買いに 動物病院に向かったんだけど
珍しく車が1台も停まっていない

そうだ
午後の診療は4時からだった‥

動物病院を素通りし Uターンをして帰宅

午後4時を過ぎて 今度こそ動物病院に到着

変だな 他の車がないけど
なんでだろう

入口にかかった 本日休診の札

嘘 今日月曜日?


マジか?
P4220053.JPG

久しぶりにスカートをはいて 映画を観に行ったときのこと

チケット売り場に並んでいたら
後ろに居たおじさまが

ぶっきらぼうに 「スカート」 と言う

咄嗟になんのことかわからず ぼんやりしていたら
私の腰のあたりを指さし
再び 「スカート」

もしやと思い お尻のあたりを触ってみたら
スカートがごっそりストッキングの中に入っていた

いや~!

「失礼しました」 でもなく 「ありがとうございました」 でもなく
私から出てきた言葉は 「いや~!」

スカートを元に戻しながら レストルームに猛ダッシュ!

さすがにこのときは ちょっと落ち込んだ‥

おじさま 数々の失礼を どうぞお許しください


アズマイチゲ
P4247540.JPG

先日 灯油を入れにガソリンスタンドに行ったときの話

1缶 18 リットルのポリタンク 2缶

合わせて36 リットルを指定し
半分入ったら 次のポリタンクに入れようとしたのだけど

2つめのタンクから灯油があふれそうになった

あれっ もしかしたら2つめのタンクに灯油が残っていたのかな?
ちゃんと 16 リットル入れてから次のタンクに移したのに‥

と友達に話たら

16 リットル? 1缶 18 リットルでしょ
と笑われた

18 × 2 だから36 と思っていたのに
なんでいつの間に 36 ÷ 2 が16 になっちゃったんだろう

あぁ まったく情けない


最近は 誰もがみんな天才に見える
どうしてみんな失敗もせず ちゃんとやっていけるのだろう

友だちは笑いながら
みんな失敗してるんだよ
言わないだけだよ

そう言って慰めてくれたけど 私 大丈夫かぁ?




2017年4月20日

春の風景 田舎道

北海道に移り住んだ頃は 驚きの連続でした

真っ直ぐな広い道
終わりのない大地の広がり
美しい白樺並木
煉瓦造りのサイロ

身近に見られる風景にも どこか異国情緒が漂っていて
毎日が夢心地でした

あれから22年と半年

さすがにもう 真っ直ぐな道を見ても驚かなくはなりましたが
こういう景色に出会うと やっぱり感激しちゃう

The 北海道って感じで


P4160056.JPG

P4160070.JPG

P4160027.JPG

P4160037-002.JPG

P4160068.JPG



※※※ ※※※ ※※※



さて ここちらは我が家

着工した頃は晴天続きでしたが 最近は雨が多くて
思うように工事がはかどりません

それでも 屋根の塗装と 2階のサイディングボードは張り終わりました
残りは1階の塗装と全体のコーキング

大型連休前に終わって欲しかったけど
どうかなぁ‥

束ねたままのバラの芽が今にも動きだしそうで 少々気が揉めます


P4140024.JPG

こちらは残ったサイディングボードの切れ端 
といっても 40数㎝×1m くらいのサイズです

将来のために捨てないで取っておくことにしました
なにかあったときに使えるかもしれませんものね

1枚10Kg ほどのボードを8枚
物置にキープです

力仕事 続くなぁ‥

P4140009.JPG
裏 表 裏 表 表




おまけ

P4170074.JPG
あたしも手伝うよ 力仕事



2017年4月16日

春の風景 ビニールトンネル


のどかな春の光景に出会いました

霜よけのビニールトンネル張りです

なだらかな傾斜の畑の向こうには
春霞にとけこんだ山と針葉樹の林が広がるだけ

とても住宅地から1Km と離れていない場所とは思えません

P4150110.JPG

それまで土色をしていた畑は あっという間に白一色に早変わり
 
P4150099.JPG

行儀よく並んだビニールトンネルは まるで真珠の粒のようです

P4150124.JPG

傾いた太陽が辺りを茜色に染める中
作業は 静かに 穏やかに 着々と進められてゆきます 

P4150079.JPG

道の反対側に ひっそりと水芭蕉が咲いているのを見つけました

いつの間にか 4月も中旬
そこここに 春の風景が広がっています
 
P4150141.JPG


おまけ

P4120006.JPG
あたし トンネルが好き




2017年4月14日

雪のち15度

昨日は雪でした

毎年4月になっても何度か雪が降るので
とりたてて驚くようなことではないのだけど

チューリップや

P4130044.JPG

エゾエンゴサクの芽が雪に埋もれているのを見ると
なんだか落ち着かない気持ちになります

P4130060.JPG

昨日の朝 サイディングをはるために待機していていたお兄さん達は
結局雪の中 戻ってゆきました

現場に来たものの 2日連続仕事ができなかったわけで
なんとも気の毒になってしまいます

代わりにやって来たのは塗装屋さん
少々天気が悪くても洗浄ならできると
寒い中 がんばって作業をしてくれました

ジャー!

P4130009.JPG

ぐずついたお天気もようやく終わり
今日は朝から青空が広がっています

雪のち晴れ

予報では最高気温が14℃というから
残っている雪もすぐにとけちゃいますね

ちなみに現在の気温 -1.1℃
気温差15℃かぁ

負けないぞ



おまけ

P4130075-001.JPG
窓がジャー って



2017年4月13日

ひとりごと


P4120059.JPG

昔 まだ私が若かった頃
きっと夏の夕暮れ時だったと思うんだけど

車窓越しに 明りを灯した家族団らんの風景が見えてきて
急に涙がとまらなくなったことがあって

どこの誰とも知らない人達の姿を見て
どうしてそんな気持ちになったのか自分でも理由がわからず
電車の中で ひどく戸惑ったのだけれど

今年になって読んだ星野道夫さんの「旅をする本」に
似たような体験談が書かれていて
私だけじゃなかったんだと 少しホッとしたりして‥


星野さんは

あれはいったい何だったのだろう
見知らぬ人々が ぼくの知らない人生を送っている不思議さだったのかもしれない
同じ時代を生きながら その人々と決して出会えない悲しさだったのかもしれない

と綴っておられるけれど

私の胸がしめつけられるようなあの感覚は
星野さんの写真集を見たときのそれに似ていて

とてつもない広い世界に生きる 無名の 小さく 儚く
けれど善良で美しい人の姿に 激しく胸を打たれたような‥


無力な自分に落ち込むことも多いけれど
温かな灯りのある生活を送っていきたい

ねっ さわら




おまけ

P4120036-001.JPG
あたしは暗くてもよく見えます





2017年4月 5日

今日もいい天気

工事が始まって今日で3日目

足場の組み立てと養生シート張りが終わり
いよいよ今日から外壁の解体作業が始まります


こちらは一昨日の 足場組立作業の様子です

P4030015-001.JPG
( おまさ 心の声 )

なんという機敏な身のこなし
しなやかで美しい動き まるで体操選手だね

やっぱ プロは違うね
へっぴり腰で梯子を登る私とは大違いだ

って 比べること自体が間違いか
 
もしこれを子供の頃に見ていたら 間違いなく
将来は足場を組む人になりたいって思っただろうな


P4030022.JPG

昨日の養生シート張り作業は2時間弱で終了
こちらも無駄のない見事な作業工程でございました

P4040173.JPG

さて こちらは庭の様子

まだ雪の残っている花壇ですが
ぽつりぽつりとチューリップの芽が出てきました

日当たりのいい場所に植えたクロッカスには 花芽もついています

チューリップの芽
P4040177-001.JPG

そして 大好きなエゾエンゴサクやカタクリの芽も にょきっ ♪

踏まれて死んじゃわないように
目印に割り箸をさしておきました

おいしょ!

エゾエンゴサク
P4030036.JPG



おまけ

P3190009.JPG
あたしは今日病院なの




2017年3月31日

もうひと頑張り

昨日は寒い1日でした

吐く息は真っ白だったし
朝に降り出した みぞれは 昼前には雪に変わっていたし

湿った雪は夜中も降り続いて
何度となく屋根から滑り落ちて

あ~ ウソでしょ‥


10cm 弱は積もったでしょうか

朝起きると
昨日まで見えていたラベンダーの支柱もバラの枝も
屋根からの落雪ですっかり見えなくなっていました


午前5時

熱いコーヒーを1杯飲んで
スコップ片手に いざ出陣!


P3310017.JPG

屋根からすべり落ちてできた雪山を スコップで崩してゆきます
中に埋もれているバラやラベンダーを傷つけないよう
細心の注意をはらって

ザクッ! ザクッ!

1時間近くやったでしょうか
作業が終わる頃 ちょうどお日さまが顔を出しました

きれいだな~

P3310014.JPG


P3310024.JPG

P3310005.JPG

今日はいいお天気です

11時現在の気温は2.8℃というから
それほど暖かいわけじゃないけれど
陽射しのある分 雪どけは順調です


この分なら 着工日になんとか足場が組めるかも‥

え~と おまえは誰だっけ・

P3310035.JPG

問題は北側の通路だな
よし 今からもうひと頑張りだ

がんばれ~ 私



おまけ

P3180092.JPG
おきばりやす



2017年3月24日

おうどん

がんばっても がんばっても なかなか落ちなかった体重

もう年だから仕方ないのかな と あきらめかけていましたが
糖質ダイエットのおかげで なんとか目的を達成しました

BMI 21

はじけ飛びそうだったボタンは ちゃんと閉められるようになり
窮屈だったジーンズにはゆとりができ
以前のように軽快に動けるようになりました


P3240007.JPG

でも‥
なんだかシワが増えた気がする

年なんだから仕方がないかな と思いつつ
目じりを指で引き上げてみたりして‥

あ~ 複雑なお年頃



今日はご褒美に
ず~っと我慢していた おうどん を食べちゃおうかな

小麦粉さん 久しぶりだなぁ





おまけ

P3240003.JPG
あたしはずっとカリカリなの