ホーム >

花咲か日記

2008年9月30日

リクニス(スイセンノウ)、クリスマスローズ

073126.JPG

074933.JPG

驚きです!

初夏に咲くリクニス(フランネルソウ)が、我が家の庭ではまだ咲いています。

それほど日当たりがよい場所でもなく、上手く育つかどうか心配していましたが、「案ずるより生むが易し」でした。

過湿嫌いのリクニス。雨が少なかったのが、よかったのかもしれませんね。写真は、リクニス コロナリア オキュラータLychnis coronaria' Oculata')です。

 

右の写真は、クリスマスローズの葉です。おまさの手の大きさと比べても、かなりのビッグサイズだということが分かります。

肥料もろくろく与えないで、イヌバシリに無造作に植えているのですが、グレもせずスクスクと育ってくれています。花もいっぱい咲きましたよ。実に親孝行な、我が家のクリスマスローズです。

2008年9月28日

小さい秋、見つけた 

今朝5時過ぎの東の空です。早朝の気温は、6℃を切っていたとか。

このところの朝晩の冷え込みで、ナツヅタやシャラの葉がちょっぴり色づいてきました。

 

050545.JPG

062727(1).JPG

062818(1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セダム(オータム ジョイ)やキミキフーガ(ブラック ネグリジェ)の花色も、また少し濃くなったような気がします。

062239(1).JPG

062424(2).JPG

 

ハイネックセーターに厚手のシャツを着ていたのですが、庭を一回りしただけで体が芯まで冷えてしまいました。

スコップを振り回しているときは平気ですが、写真を撮るときはもう少しちゃんとした格好じゃなきゃダメみたいですね。

深まりつつ秋を実感する寒さでした。

皆さま、お風邪には気をつけて下さいませ。

 

 

2008年9月26日

待望の雨

063518.JPG

063529(1).JPG

雨上がりの早朝は、別世界。

隣家に植えてあるアスパラガスが、まるで宝石のように輝いていました。

 

スッピンを見られる危険を冒して撮った写真です。(笑)

クリックしてみてね。 

 

 

 

064123(1)-1.JPG

064734(1).JPG

左の写真

ノイバラの実には、大粒の涙が。

いったい、何がそんなに悲しいのだね?

‥いいえ、これは嬉し涙なのです。(注;おまさには妄想癖がある。)

右の写真

フウチソウの花です。こちらは小さな雨の雫。地面に触れそうなぐらい、頭を垂れておりました。

 

2008年9月23日

秋の日陰で

日の当たらない場所でも楽しめる、ありがた~い植物の数々。

左の写真は、フウチソウ、クリスマスローズ、斑入りイワミツバです。花が終わった後でも、葉の色やフォルム、質感の違いで単調になりません。おまさ お気に入りの、渋~い組み合わせでした。

真ん中の写真は、ユーパトリウム「チョコレート」。フジバカマの仲間です。シックな銅葉に白い花が、なかなかステキですよ。

右の写真はホスタの仲間で、「八重咲きタマノカンザシ」と言います。斑入りの葉が見えていますが、これは別のホスタの葉で、タマちゃんの葉色はライムグリーンです。遅咲き種で、今頃になって香りのよい白花を咲かせます。

 

081916.JPG

154531.JPG

072437.JPG

 

 

 

 

 

 

いずれも放任でもよく育つ、手間のかからない宿根草です。 お試しあれ。

2008年9月21日

セダム オータムジョイ

オータムジョイの花色が一段と濃くなってきました。

「咲き進むと淡くなる花が多いのに、オータムジョイは逆。「不思議だなぁ」と思って、よくよく見てみれば‥

濃い色になっているのは、どうやら花弁ではなくシベのようです。

赤くなったオータムジョイは、本格的な秋の訪れを告げています。昨日の恵庭の最低気温は、10℃以下だったとか‥。

皆様~残り少ない暖かな日差しを、有効に使いましょうぞ~!

 

9月2日                    9月12日                   9月20日

152437-1.JPG

133656.JPG

090234(1).JPG

 

2008年9月19日

雨が降らない

071309(1).JPG

074357(1).JPG

なかなか雨が降らないので、芝が乾燥してカサカサ、チリチリ状態です。この先もしばらく雨が望めそうにないので、今朝たっぷりの水やりをしました。

日の光を受けて、キラキラ輝く水滴。キレイだなぁ‥。

 

右の写真は、スピリット・オブ・フリーダム(ER)です。こちらは雨に弱いタイプのバラで、花弁が濡れるとキレイに花が咲きません。このところの晴天続きで、久しぶりにパーフェクトな花を見ることができました。

雨の好きなもの、苦手なもの。植物もいろいろですね。‥ちなみにおまさの場合は、雨が苦手な部類かな。

2008年9月16日

概念

110145(2).JPG

072342(1).JPG

左の写真は、銀河庭園で撮ったものです。美しい庭園に見とれていると、目の前に何かが‥。

ん?‥クモ?

不意に現れたクモは、まるで青空に浮かんでいるように見えました。

かなり離れた所に木がありますが、そばには何もありません。いったいどうやって巣を作ったのかしら?

 

 

右の写真は、隣の畑で撮った哀れなトンボちゃんです。

子供の頃こういう場面に出くわすと、虫を助けようとクモの巣を壊したものです。でもそんなことをしても、糸がからまった虫は上手く飛ぶことができず、大抵は地面に転がり落ちました。しばらくその虫を眺めた後、どうすることもできずに 多少の後ろめたさを感じながらその場を離れたことを覚えています。

クモだって遊びでハンティングしているわけじゃないのにね。いつの間に、クモは悪者になっちゃったんだろう?

‥でも、もしかして今も同じようなことやってないだろうか‥。

2008年9月15日

秋の庭仕事

081458(1).JPG

082154(2).JPG

抜けるような青い空。このところ、清々しい秋晴れの日が続いています。

朝晩の気温は低くなり、そろそろ来シーズンに向けての庭の準備を始める時ですね。

おまさも、手直しが必要な所をどう改善するか、あれこれ思案中です。

植栽はもちろん、庭を構成する通路やトレリス、オベリスクなども見直しの対象です。

 

 

133141(1).JPG

082350.JPG

‥で今年は、南側、東側のレンガに続いて、北側の飛び石の数を増やし、歩きやすい通路につくり直すことにしました。(飛び石の間隔が広すぎて、歩きづらい箇所がありましたので。)

飛び石の周りには、株分けしたタイムやツルニチニチソウを植えつけました。こうすることで株が更新されて、来シーズンに元気な草花を楽しむことができます ♪

左の写真は増えすぎた植物を、株分けしたものです。サキシフラガ、ツルニチニチソウ、ラムズイヤー等々。

 

これからしばらくは、植物の移植や株分けの適期(北海道の場合)ですね。北海道の場合は、「あっ!」という間に寒くなってしまいます。植物が根付くまでに少し時間もかかりますので、そろそろ植え替え作業のやり時かもしれません。

道民のみなさん、がんばろう~♪ 

2008年9月14日

イラガ

133736.JPG

132843.JPG

左の写真は、触れると痛~い「イラガの幼虫」です。イラガは漢字で「刺蛾」と書くとか‥。

鋭い毒トゲが不気味ですね~。おぉ‥くわばら、くわばら‥。

そして右側の写真は、鶉の卵が2個‥ではなくて、「イラガのまゆ」。この状態で、冬を越すのだそうです。

このまゆ、とにかく硬くて ちょっとのことじゃあ割れません。中がどうなっているのか確かめたくて、軽く踏みつけてみましたがダメでした。

 

135513.JPG

そして左の写真は、おまさの右前腕。

そうです。ヤツにやられました。トゲトゲのイラガちゃんの痛みの洗礼を受け、こんなになってしまいました。

皆様、イラガの幼虫を侮ってはいけません。くれぐれもご注意くださいませ。

おぉ~、イテテ‥

2008年9月13日

キミキフーガ ブラック・ネグリジェ

074151.JPG

110638(1).JPG ブラックネグリジェの花です。シックな大人向きの葉に、白い花‥。妖艶というイメージではないけれど、ちょっと納得のネーミングでしょう?

花は拡大してみると、こんな感じ(左の写真)です。 厚みのある花弁から白いシベが元気よく飛び出して、なんともユニークです。

狭い我が家の庭では、この植物の全景を撮るのが至難の業。あれこれ頑張ってみましたが、やはり無理でした。右の写真は、銀河庭園で撮ったものです。それでも株元は写っていませんねぇ。

このキミキフーガ、草丈が2m近くになるので植え場所には要注意です。茎はガッチリしていて倒れないので、管理は楽ですよ。花壇の後方か、ちょっとしたフォーカルポイントに使ってみるのもいいかもしれませんね ♪

2008年9月11日

ギリシャ、トルコ旅行 U1の場合

ギリシャとトルコの旅行から、U1(息子)が戻ってまいりました。

160122.JPG

142112.JPG

231226.JPG

 

 

 

 

 

 

左の写真は、かの有名なパルテノン神殿。あとの2枚は、ロドス島で撮ったものらしいです‥。

 

「エーゲ海で、泳いできたよ。そう言うと、ちょっとカッコイイでしょう。(笑)」 貧乏旅行のU1君、屈託のない笑顔で旅の思い出を語ってくれました。

 

下の写真は、トルコで撮ったものだそうです。「ちょうどラマザンの最中でツイていた」と言ってました。なんでも期間中は、深夜2時から翌日の夕方7時何十分か(おまさは忘れた)までが断食なのだそうです。でもその時間が過ぎると、通りに一斉に人があふれてお祭り騒ぎになるのだとか。

「屋台がいっぱいあってね~、みんなニコニコしてね、ホント楽しそうに飲み食いをするんだよ~。」「イスラムといってもね、全然厳しくないみたいだよ。」「日本語が話せる人も多くてね、お茶をご馳走になったり、長話に付き合わされたり‥」

そして‥楽しみにしていたカッパドキアへは、レンタルバイクで‥。このときの感動はかなりのものだったようですよ。よかったね、U1!

010757.JPG

194834.JPG

200714.JPG

 

 

 

 

 

 

ヨーロッパ一人旅のときは、かなり苦労があったみたいだけれど今回の旅は実に楽しかったとのこと。

「ギリシャは僕のイメージではヨーロッパのハワイって感じかな。」「トルコは、ホントいいよ。」‥そんなことを言っておりました。

2008年9月10日

レンガの小道

162415(1).JPG

芝にレンガの小道をつくっていますが、出来はイマイチ。まばらなレンガの道は、歩きにくいこと この上なしです。

いっそ枕木で小道をつくりなおそうか‥それともレンガを足して済まそうか‥しばらくあれこれ悩んでいましたが、コストと労力を考えて結局レンガ買い足すことに‥。

「人生、妥協も必要。これで十分!」と自分に言い聞かせているものの、チラチラ枕木の残像が‥(おまさは女々しかった。)

左の写真は、買ってきたレンガを仮置きしたところです。完成した写真は撮っていませんが、今日午前中に33個のレンガを新たに埋め込みました。

う~ん、ちょっとは歩きやすくなったかなぁ?

 

2008年9月 9日

トビネオオエダシャクの幼虫

154037(1).JPG

155019.JPG

傷んだアストランティア(セリ科)の葉を整理していたら、色鮮やかなシャクトリムシが現れてビックリ!

うゎ~!何だ、何だ?

こんな派手な幼虫は見たことがない。まるでアニメーションに出てくるようなユーモラスな外観‥。

うぅぅ‥カワイ~イ!カメラ、カメラ、カメラ~!

とりあえず写真を撮ったあとは、虫つき葉っぱを持って友達の家までダッシュ!

「ねぇ、見て見て。ほら、カワイイでしょう。」

「え~、何持ってんの?」「う‥う~ん、カワイクはないけど、面白い。」

人の迷惑を顧みないおまさに翻弄される、哀れな友人Tちゃんなのでした。ゴメン。

2008年9月 8日

スイートグラス

恵庭市内にあるスイートグラスです。とても洒落たレストランで、お庭もステキです。写真のように屋外にも椅子があり、緑を堪能しながらのお食事もできます。 

 

113339.JPG

113428.JPG

121059(1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白樺の木の間に置かれた椅子や大株のリグラリア、ダイナミックなグラスの仲間などが、いいフォーカルポイントになっています。

113346(1).JPG

120353(1).JPG

120941.JPG

 

2008年9月 7日

えこりん村 銀河庭園 そのⅢ

引き続き銀河庭園の写真を紹介します。ドキッとするような素晴らしい植栽の数々。広い庭が無くても、庭づくりの参考になる点もあるのではないかとUPしてみました。どうかな?

 左の写真はバーベナ・ボナリエンシス。シルバーリーフと、黄金色のグラス、それにライムグリーンの宿根草という組み合わせです。「見習いたいなぁ。」と思う、洗練された植栽でした。

真ん中の写真は、ユーパトリウムと‥ミナツキでしょうか。ユーパトリウムは草丈の高い植物ですが、倒れず管理も楽。秋の庭に是非欲しい宿根草の一つですね。

右の写真はパンパスグラスです。オレンジ色のナスタチウムの花が、とてもよいアクセントになっています。こういうワザが、おまさには欠落しているのだなぁ‥。勉強になります!

 

110039(1).JPG

105926(1).JPG

102322.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

104900(1).JPG

104132(1).JPG

こちらはひょうたん池で撮った写真です。

植物や空が池に映り、思わず うっとり‥。

池は無理でも、庭のどこかに水に映る陽の光なんてあればステキかも。

 右のピンク色の植物は、エゾミソハギです。黄色い蝶が、美味しそうに蜜を吸っていました。

 

 

2008年9月 6日

えこりん村 銀河庭園 そのⅡ

ボートレースガーデンです。‥もっとも、写真を撮ったときにはそんな名前がついている事は知りませんでしたけど‥。

なんでも庭園をデザインしたバニー・ギネス女史が、2004年のチェルシーフラワーショーに出展してシルバーギルドメダルとやらを受賞したのだそうです。オーックスフォード大学とケンブリッジ大学のボートレースの記念作品だとか‥。

 

102855.JPG

103320(1).JPG

103221(1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

103525.JPG

103016(1).JPG

ガーデンファニチャーも、高級そうなものばかり‥。 

「まさか壊れたりしないよなぁ‥」

恐る恐る椅子に腰掛けてちょっとだけ、目の前の景色を眺めまてみました。

水面に浮かぶ水草や、シャープなラインの植物、明るいギボウシがステキです‥。

あぁ‥ダメダメ、落ち着かない!サンガーデンさんの縁台を壊したトラウマが‥。 

2008年9月 5日

えこりん村 銀河庭園 そのⅠ

昨日は苫小牧のイコロの森。今日は、えこりん村の銀河庭園と、スイートグラスに行ってまいりました。二日続けてえらいいいお天気で、おまさの目は紫外線で充血し、露出した肌は日焼け止めの効果がなかったのかヒリヒリしています。

それでも、行ってよかった‥。素晴らしい庭園でした。来年こそは何としても、初夏のいい時期にお庭を見に行くぞ~!と決心したおまさでした。

 

では、銀河庭園にご案内いたします。

青い空に映える高木の緑を見ながら進んでいくと、ツリーハウスが‥。どれどれ、中を見てみるかな‥ひえ~!何?このお洒落な空間は。家具もリッチだし、整理整頓されているし。我が家を売り飛ばして、このツリーハウスで暮らすかなぁ。

こんな洗練されたツリーハウスをつくるなんて‥バニー・ギネスさん‥恐るべしです 。

100012.JPG

095601(2).JPG

095924(1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、こちらで一番に目についたのがパンパスグラス。強烈なインパクトのある大型のグラスは、やっぱりこのくらい広い場所でないとさまになりませんよね。エキナセアの濃いピンクの花もステキ。あ~、シュラフを持ってきて、ここで寝てもいいかなぁ‥。

101247.JPG

101218(1).JPG

102237.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともかく、何処をみても溜息ばかり。こんなステキな庭園が近くにできて本当に嬉しい。来年は年間パスポート買うかな。

広い銀河庭園の紹介はまだまだです。次回はボートレースガーデンを紹介しますね。

イコロの森 Ⅱ

昨日紹介しきれなかったイコロの森の写真をUPします。

114100(2).JPG

113959.JPG

左の写真2枚は、ガーデンショップの近くにある池の様子です。

キレイなスイレンの花が咲く隣で、まだシッポの残った赤ちゃん蛙を発見! 

なんだか、ニュルニュルしていそうだなぁ‥

そういえば、トンボも飛び交っていました。この日は結構なスピードで飛んでいましたねぇ。確か気温が28・5℃あったとかいってましたから、パワー全開だったのかな。

 

左下の写真は、板を交互に編んだフェンスです。とても美しい仕上がりで、思わず見とれてしまいました。板の色とシダとの相性も抜群で、「さすがだなぁ」と感心、感心!

森の庭というだけあって、周りには美しい高木がいっぱいです。‥癒されるなぁ。

105333.JPG

110458(1).JPG

125709(1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

2008年9月 4日

イコロの森 Ⅰ

苫小牧にあるイコロの森に、行ってまいりました。 車を降りると、真っ青に晴れた空と森の高木がお出迎え。感激屋のおまさは、早くもこの段階で興奮状態になってしまいました。

でも、一歩中に入ってビックリ!造られて間がない庭とは、到底思えない完成度の高さ。いったいどういうこと?目の前には、夢に描いていた世界が広がっていて暫し呆然。

「おぉ‥スゴイ、スゴイ!自然との融合じゃ~!」「ありゃ~、こんなキレイなセダムが‥」「うぉ~、このグラスの使い方は何~!」「本物だ!本物だ!」

感動おまさは、夢中でシャッターを切りまくったのでした。

104148(1).JPG

113454.JPG

111309(1).JPG

111619(1).JPG

110408(1).JPG

右上の写真に写っているセダム・パープルエンペラーとグラス(Deschampsia cespitosa'Goldschleier')を、園内のグリーンセンターで手に入れました。手前のセダム・オータムジョイは既に我が家の庭に‥。

こんなステキな植栽を見たら、誰だって真似をしたくなると思いませんか?

 

イコロの森は見所が盛りだくさん。一度には到底紹介しきれないので、続きは次回に‥ 

2008年9月 3日

雨宿り

054354(1).JPG

今日も、雨の音で目が覚めました。

ゴミだしの時、玄関わきに植えてある西洋カンボクで雨宿りをしている蝶を見つけました。羽を閉じているのではっきりしませんが、モンシロチョウでしょうか。

カメラを近づけたら、雨の中ひらひらと飛んで行ってしまいました。

 

許せ、蝶よ。悪気はなかった。

雨で羽が重くなる前に、別の雨宿り先を見つけておくれ‥。 

2008年9月 2日

サンガーデン祭り

133958(1).JPG

134019(1).JPG

おとといあったサンガーデン祭りに、友人2人と一緒に参加してきました。

「え~!スゴイ人だ~!」何処もかしこも、人、人、人。お祭りは大盛況で、ドリカムそっくりさんバンドの歌声で、おまさのアドレナリン分泌はMAXに‥。

昂揚した気分で買い物を済ませた後は、抽選券を握りしめて更にドキドキ。

宝くじと違って当たる確立が高いうえに、賞品だって超リッチな抽選会なのです。高額で売られている鉢植えや、1万円の商品券などはねらい目。まぁ、ねらって当たるわけではありませんがね。

大株のペニセタム・ルブラ(パープル・ファウンテングラス)が賞品として舞台に上がったときは、「どうか‥当りますように。」と思わずつぶやいてしましまた。実に楽しいお祭りでした♪

結果?‥残念ながら、賞品は当りませんでした。でも注目は浴びましたよ。

なにしろ抽選中に、座っていた縁台が壊れて、かなりの悲鳴を上げてしまいましたから。あ~、恥ずかしい。ダイエットがんばります。‥そしてサンガーデンさん、本当に申し訳ありませんでした。

2008年9月 1日

晩夏

このところ暑い日が続いていて、なんだか夏がもどってきたようです。 ご近所の庭先には鉢植えにされたダリヤが見事な花を咲かせ、隣の畑にはひまわりが元気いっぱいです。今はちょうど、 夏の終わりと秋の始まりの中間地点。ヒマワリの近くにはコスモスの花も咲き始めました。

暑さに弱いおまさは少々夏バテ気味ですが、北海道にいてそんなことを言っていたら申し訳ありません。さぁ気合を入れて、もう一踏ん張りです!うぉ~!

083141(1).JPG

083101(1).JPG

084421(1).JPG