ホーム >

花咲か日記

2008年11月30日

鎌倉 その5 鶴岡八幡宮

鎌倉のお寺めぐりの最後は、鶴岡八幡宮です。と言っても鶴岡八幡宮は神社ですから、お寺めぐりというのは、当らないかもしれませんね。

連休で素晴らしいお天気に恵まれたこともあって、境内はたくさんの人で賑わっていました。七五三のお参りに来た かわいい お子さんの姿もあちらこちらに‥

 

141700-1.JPG

142048.JPG

鶴岡八幡宮は、源頼義公が源氏の氏神として京都の石清水八幡宮を勧請し 由比ケ浜辺にお祀りしたのが起源だそうです。その後、鎌倉に入った源頼朝公が現在の場所に移したのだとか。

(おまけの話)

おみくじを引いた娘が「サンジに気をつけるようにだって」と言うのを聞いて、思わず「今何時?」と聞き返したおまさ。

その直後、二人でお腹を抱えて大笑い!笑いはなかなか収まらず、あまりの可笑しさに目には涙がにじんでしまいました。 

不謹慎だったかしら‥ それにしても どこまでアホな おまさ なのか‥

 

(おまけのおまけの話) サンジ(惨事)と3時。おまさは素で間違えました。あ‥恥ずかし‥

2008年11月29日

鎌倉 その4 勝上嶽展望台

建長寺の裏手から勝上嶽(しょうじょうけん)展望台に。

気楽な気持ちでトコトコ歩いて行った私たち。待っていたのは、長く急な石段でした。「なんだ坂 ♪ こんな坂 ♪」

登りきった先に待っていたのは、ご覧の景色です。深い緑に囲まれた建長寺の向こうには、鎌倉市街や相模湾。そして、頂に白い雪をかぶった富士山が待っていました。

‥感動‥ 登ってよかった~

 

123657(2).JPG

124312(1).JPG

123756-1.JPG

 

2008年11月28日

鎌倉 その3 (建長寺)

121522.JPG

120823.JPG

建長寺の美しい紅葉は、本当に印象的でした。

今回は娘との二人旅でしたが、カメラに夢中になっているおまさに、娘は少々呆れ顔。

そういえばヒゲ君も、奥さんそっちのけで写真ばかり撮っていたなぁ‥

 

121833(1).JPG

122029.JPG

122531(1).JPG

 

鎌倉 その2 (建長寺)

120941(1).JPG

今回登場するのは、建長寺です。建長寺は禅宗の寺院で、臨済宗建長寺派の大本山。創立者は鎌倉幕府第5代執権 北条時頼だそうです。 

晩秋の建長寺の美しさは格別で、歴史ある重厚な建造物と色鮮やかな紅葉が実に見事でした。

モミジは、日本古来の建物と本当によく調和します。じっと見ていると、何か心に響いてくるものを感じるのは おまさが日本人だからでしょうか?

 

下の写真は左から三門、仏殿、法堂。その下の段は、左が公開中の法堂、後の2枚が得月楼と庭園です。 

 

113751.JPG

114556.JPG

114857-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

115044(1).JPG

115914(1).JPG

120835.JPG

 

2008年11月27日

鎌倉 その1

昨日までの小旅行で、気分はリフレッシュ!ガーデニング オフの状態でうつうつとした日々を送っていましたが、見事復活いたしました。これから少しの間は、旅で見たものや感じたことなどを紹介したいと思います。

それでは、まずは鎌倉から。

北鎌倉の駅を降りて円覚寺、建長寺、鶴岡八幡宮を訪ねた後、鎌倉駅までぶらぶら歩いてまいりました。下の3枚の写真は、円覚寺(えんがくじ)の紅葉です。ちなみに円覚寺は臨済宗円覚寺派の大本山で、創立者は、北条時宗だそうです。

105649(1).JPG

105723(1).JPG

105814(1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紅葉に見とれて、円覚寺がほとんど写っていないのは大失敗でした。北海道は既に冬。まるでタイムスリップしたような秋の景色に、すっかり舞い上がってしまったせいでしょう。

いや‥そんな言い訳はやめましょう。相変わらず、おまさはトンマだったのでした。

110748.JPG

111428.JPG

北鎌倉駅の線路付近には ススキがいっぱい生えていて、とても趣がありました。 

線路沿いの細い道を歩いてる途中、いくつもの面白いものに出合いました。

右の写真は民家の屋根に生えるシダです。青い空を背景に、ニョキニョキと生えるシダ。スゴイ!

鮮やかなムラサキシキブの実や、咲き乱れる昼顔なども発見!‥でも、全~部紹介していたらキリが無いので今回は 止めておきます。

次回は建長寺‥ちゃんとお寺が写っていますので、ご安心くださいね。

2008年11月26日

帰路

6日間の旅を終えて帰路につきました。

帰りの飛行機は窓側で、お天気もよく見晴らし抜群!「おおそうだ。カメラ持参であった。これは写真を撮らねばなりますまい。」というわけで、窓からの景色を並べてみました。

青い空、青い山、青い海、白い雲‥「地球は青かった!」

 

旅の間、1GBのメモリーカード分 写真を撮りまくりましたので、これから少しずつ紹介くつもりです。とりあえず、今日のところは これでオシマイ‥

100535.JPG

100411(1).JPG

100439.JPG

 

2008年11月20日

行ってまいります

194119(1).JPG

明日から ちょっと出かけます。

ブログも少しだけお休みします。では‥また後ほど‥

多分‥真冬日

寒い!昨日までとは全く質の違う寒さです。

あちらこちらにたくさんの雪を降らせた寒気はここ恵庭にもやって来て、厳し~い寒さと少しの雪を置いていきました。

今日の最低気温は-5,9℃。お昼前でも-3,6℃でした。地面はカチカチに凍り、わずかに残ったライラックの葉も ほとんど落ちてしまいました。

この寒さなら、降雪量の多い所だと 簡単には解けないかもしれませんね。高速では玉突き事故が起きたとか‥皆さま、くれぐれもご注意くださいね。

そろそろ冬靴を出さなきゃなぁ‥

103714(2).JPG

103924(2).JPG

103846.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注: 冬靴とは、靴底に凹凸があって滑りにくくなっている靴です。北海道では、底がツルツルの普通の靴を夏靴といっています。道外では聞きなれない言葉かもしれませんねぇ‥

2008年11月18日

オカトラノオ

121357(1).JPG

175119(2).JPG

秋に紅葉するとは聞いていたけれど、本当だったんだ‥

我が家の庭のオカトラノオは日当たりがイマイチで、黄色くなってクタッとなってオシマイ。でも日当たり抜群の(隣の畑の)オカトラノオは、ご覧のように赤く染まってイイ感じです。

今日の午後には気温が下がって、明日からは雪が続くとか。傷んでしまう前に気づいて、よかったぁ~。

右の写真は夏の頃のオカトラノオです。(参考までに)

 

2008年11月15日

朝起きて窓の外を見ると、一面深い霧に覆われていました。幻想的な世界に紛れ込んだようで、うっとり‥。

真ん中の写真は月でなく、太陽です。立ち込めた霧はなかなか晴れず、肉眼でも太陽を直視することができました。まるで、昔に見た下敷きの向こうの太陽みたいでしたよ。 

071427(1).JPG

085650.JPG

072826.JPG

 

2008年11月14日

パーゴラの下で

105221.JPG

103359(1).JPG

予報がはずれて、素晴らしいお天気になりました。

時おり吹く風に乾いた葉がカサカサと音を立てますが、陽だまりにいると少しも寒くありません。

こんな陽気はもうそうは無いだろうと思うと、部屋に戻るのが勿体ない気が‥

結局午前中は、パーゴラの下で、のんびりと本を読むことにしました。

外で本を読むのは、思った以上に気持ちの良いものですね。どうやら溜まっていた疲労も取れてしまったようです。

庭の中にこうした寛ぎのスペースがあるのは、なかなかステキなことだと思います。小さな庭の小さな幸せに、満足の一日でした。

2008年11月13日

初冬の庭 Ⅱ

午前中はよく晴れた気持ちのよいお天気でした。今日は一日のんびりしていようと思っていたのですが、あまりにもお天気がよいので車を洗うことにしました。ピカピカになった車。息子がブイ~ンと乗って行ってしまいました。

104041(2).JPG

102942(1).JPG

103206.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丸裸になったバラの枝は寒々とした冬をイメージさせますが、庭には春を感じさせるような芽が既に‥。

103446.JPG

103625(1).JPG

左の写真はカエデ、右の写真はツルアジサイです。

まだ痩せっぽちの芽ですが、来春にはこの芽がふっくりと膨らんでやがて柔らかな葉が展開します。

切り戻した宿根草の株元にも、小さな芽が控えているものがあります。

「めんこ~い!」 

北海道に来て好きになった言葉の一つです。

2008年11月12日

冬の庭仕事 Ⅳ

昨日に引き続き、今朝も厳しい寒さでした。フッキソウは縮こまっているし、ヒューケラやアラビス(プロクレンス)は霜でお化粧したように見えます。

 

060328.JPG

060532(1).JPG

060948(1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日中はポカポカ陽気だったので、今日中に外回りの冬支度を終わらせるつもりで、がんばりました~♪

まずは、残っていた常緑以外の宿根草を地際でカット。落ち葉を取り除いて花壇を掃除した後に、完熟牛糞と堆肥をすき込んでやりました。数年前に土の中に埋めていた落ち葉がいい腐葉土になっていたので、これも花壇に混ぜ込みました。(初めての自家製腐葉土の利用に感動‥) 

153208(1).JPG

145147.JPG

続いて、先日運んでおいた鉢を横倒しに。

庭を見にいらした方から一番よく質問されるのが、コンテナ栽培のバラの越冬方法です。

百聞は一見にしかず。ということで、写真を載せてみました。おまさは毎年 左の写真のように 鉢ごと横に倒して 雪の下で越冬させています。

 

右の写真は、バラの株元を牛糞でマルチングしたところです。寒さから守るためにも有効なのでお勧めです。

後は、ガレージの整理整頓。雪かきのためのママさんダンプや、スノープッシャー、スコップ、ツルハシetc.奥にしまいこんだ物を出し、空になった鉢を奥に片付けました~。

最後に、家の周りのフェンスが雪の重みで歪まないように レンガや木片を置いてやり、床下の通風孔を閉じて‥はい、終了~♪

あ~、今シーズンも終わりました。今は体中がイタタ状態です。ゆっくりお風呂にでも入って、疲れた体を癒すことにします。お疲れ様でした~!

2008年11月11日

今朝は、放射冷却のせいで かなり冷え込みました。カメラを持って庭に出てみると、足元からシャリシャリと音が‥。芝一面が、霜だらけでした。

 

朝の冷え込みが嘘のように、日中は小春日和の 気持ちのよいお天気になりました。おまさも、残っていたツルバラのコモを巻きました。

落葉せずに残っていた葉は、霜に当たってハラハラと落ちていきましたので、集めて庭の隅に掘った穴に埋めました。明日は花壇に、腐葉土と牛糞をすき込んでやります。

穏やかで静かな初冬の庭です。あぁ、そうだ。ヒヨドリにリンゴをやらなくちゃ‥

 

071125(1).JPG 071514.JPG071312(1).JPG

2008年11月10日

冬の仕事 Ⅳ

140522.JPG

140823(1).JPG

今日は風がキツイものの、すっきりと晴れたよいお天気になりました。

気になっていたコモを 巻く作業、2時間ばかりやりました。といっても 巻いたのは、ムシロではなくネットですから、正確にはコモとは言えないかもしれません。

ネットは巻きやすく、手入れも楽です。オマケに何度でも使えるので、経済的。趣には欠けるけれど、背に腹は替えられません。

ネットに結束バンドというお手軽コンビ。今では、欠かせない冬支度のアイテムです。

2008年11月 8日

初冬の庭

昨夕から今朝方にかけて降った雪は、しばらくの間 屋根や庭木、庭のあちこちに残っていました。昨日紹介したカエデの葉にも湿り気のある雪が降り積もり、秋の名残りは消えていました。

これから続く長い冬の始まりです。

 

061022.JPG

060915(1).JPG

062058(1).JPG

 

2008年11月 7日

雨のち晴れのち雪

095502(1).JPG

095210(1).JPG

左の写真  スモークツリーと雨のしずく

昨日から今日の未明にかけて降った、激しい雨の名残りです。

 

右の写真  カエデ

左半分は赤く紅葉した後、ずいぶん前に散ってしまいました。右半分は遅れて、今ごろになって黄色く色づいてきました。同じ株なのに不思議です。

 

 

今日のお天気は大忙しでした。未明は、たたきつけるような激しい雨。早朝に雨は上がり、青空が広がるよいお天気でした。気温も高く、まさに小春日和。

そのうち強い風が吹き始め、午後3時頃には曇り空に‥。気温もぐんぐん下がり、いつの間にか外は雪です。屋根や木々の上にもうっすらと白いものが積もっています。

明日は大荒れの天気とか。みなさん、もう冬用タイヤに交換なさいましたか?

くれぐれも事故のないよう、お互い気をつけましょう! ‥ノロノロ‥

2008年11月 5日

冬の庭仕事 Ⅲ

朝5時45分。東の空が明るくなってきました。 庭の冬支度は地道に進めてきましたが、やり残した作業がいくつかあります。お天気のよい今日は、庭仕事をがんばることにしました ♪

 

053622(1).JPG

085458(1).JPG

143247(2).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは地上部の枯れた宿根草に、ネームプレートをつける作業から。おまさが使っているネームプレートは100円ショップで買ったプラスチック製のものです。安くてもこれで十分。くれぐれも水性マジックで名前を書かないように気をつけましょう~!

  152350(1).JPG

さあ、大変なのがこの鉢植えの移動です。

このところの雨で、中の土も水を吸ってかなりの重量になっています。

道沿いに配置した鉢は、どうしたって庭の中に入れなくちゃいけません。全部で6鉢。気合で持ち上げ、ヨタヨタしながら越冬場所まで運びました。左の写真は、運び終わったところです。

ダークブラウンの鉢の重さは半端じゃなく、なかなか持ち上がりませんでした。

「ふ~、ふ~」言っていたら、ご近所のご主人が心配して、「大丈夫ですか?」と声をかけてくださいました。

でも‥そう言われると、つい「大丈夫です。」と答えてしまう 悲しいサガ。

歯を食いしばって運んだ鉢は、なんと33,2kgの重さがありました。(確認したくて、後で量りました)

鉢の中身は、ほとんどがバラです。本当なら地植えにしたいところですが、植え場所がありません。もう少ししたら、鉢を横倒しにして越冬させます。

丈夫で割れにくい鉢であること、塗装が剥げる心配のない鉢であること、植えている植物に耐寒性があることが、鉢のまま越冬させる最低の条件です。

‥ウッ‥イタタ‥とりあえず‥今からストレッチをやることにします。

2008年11月 4日

初雪とイチョウの木

101844.JPG

102014.JPG

110717(1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街路樹のイチョウの葉が、ほとんど散ってしましました。

時おり降る雪は、冷たい風に吹かれて真横に飛んでいきます。

初冬を迎えた北海道。歩く人は、肩をすくめて急ぎ足です。

今日は家にこもってじっとしていようと思っていたのですが、イチョウの葉が何処かへ吹き飛んでしまう前にと、カメラ片手に外出しました。寒かったです。ふぅ‥

2008年11月 3日

チョコボ

102337(1).JPG

時々散歩で寄ってくれるワンコちゃんです。名前は、チョコボ。

愛らしい顔をしていますが、最近は白いものがチラホラ増えてきました。

おまさのそばに来ると、毎回おなかを見せる服従ポーズ‥。もう、メロメロです。

動物はいいですねぇ。癒されます。

 

そういえば10月下旬の毎日新聞に載っていたシロクマと犬の写真、ご覧になった方いらっしゃるでしょうか?座ったシロクマが、愛しそうに犬を抱っこしている写真です。

ビックリしました。犬も安心しきった様子で、シロクマに身をゆだねているんですよ。‥こんなことってあるんですね。

シロクマと犬( カナディアン エスキモー ドッグ )‥。久々にグッときました。

2008年11月 1日

雨のち晴れ 時々 シジュウカラ

084213.JPG

084535(1)-1.JPG

095125.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の雨が残した雫。今朝は久々に、よいお天気になりました。

左端の写真はナツヅタです。このところの寒さで、ほとんどの葉が落ちてしまいました。真ん中の写真はユーホルビア。常緑の多年草なので、この時期でも色鮮やかです。

 

094842(1).JPG

094213.JPG

青い空。冬囲いの作業にはもってこいのお天気です。

枝を束ねて、支柱を立てて‥。夢中で作業していたら、すぐ目の前をシジュウカラが。

「むふふ‥。こういう事もあろうかと、ちゃんとカメラ持参で出てきておりますよ。」

 

あちらかと思えばこちら。目まぐるしく飛び交うシジュウカラですが、なんとかキャッチできました。

左の木はツリバナ。右の木はカエデです。