ホーム >

花咲か日記

2011年5月31日

殺虫剤

P5303629.JPG

153243(2).JPG

セイヨウカンボクが、やっと芽吹いてきました。

と同時に、憎っくき害虫のお出ましです。

宿敵サンゴジュハムシ は敵ながらあっぱれな食欲で、あっという間に葉を食い尽くしてしまいます。

これは大変と、慌てて殺虫剤を散布致しました。

噴霧器とオルトラン水和剤、それに展着剤(ダイン)を用意してっと‥。手袋をつけて。マスク‥マスク。マスクがないや。まぁ、いいか。

P5303634.JPG

P5283328.JPG

よ~し、ついでだ。

風もほとんどないし、バラにも殺虫剤を撒いちゃおう。

結構バラにも、虫が来てるもんなぁ。

こ~んなふうに葉がくっついてるのは、中に虫がいる証拠。

さあ害虫さん、やっつけちゃうよ~。覚悟はいい?

毎日庭に出てこまめな手入れのできない場合、消毒は強いガーデナーの味方になります。ただし、体調の悪い時はご用心。下手をすると自分まで調子が悪くなってしまいます。

トンマな私は、2日ほどちょっぴり具合が悪くなってしまいました。マスク、買っておかなきゃ!

 

おまけ

P5283572.JPG

P5283540.JPG

P5283458.JPG

 

2011年5月28日

不思議なレンズ

P5283338.JPG

P5283347.JPG

P5283356.JPG

「宙玉(そらだま)レンズ」なるものの存在を知ったのは、つい最近のこと。

ブログ仲間の掲載した宙玉レンズの写真を見て、「へぇ~、凄いなぁ~。」と興味津津。でも、とても自分じゃ作れそうもない。

そう。宙玉レンズは、自分で作ることもできるレンズなんです。ただし、私のような者には無理ですが‥。

材料は、なんでもチップスターの空き箱やアクリル板。そしてビー玉だとか。

まぁ、どちらにしろ私には縁のない話だと諦めていたら、写真仲間が宙玉を作ったとの情報が‥。  

P5283363.JPG

「やった~!これはチャンス!」

図々しいと思いつつも 早速レンズを借りる交渉を‥そして、成功!

今日は午前中よく晴れたので、我が家の庭に咲いている草花を撮ってみました。撮った花は、左上から クルマバソウ、ヒトリシズカ、ユーフォルビア、シバザクラです。 

そうだ!シバザクラは、花友のお庭に咲いていたものでした。失礼しました!

不思議なレンズのおかげで、不思議な写真が撮れました。これもお仲間方のおかげです。どうもありがとうございました~ ♪

 

おまけ

P5283428-1.JPG

P5283514.JPG

今日は、午後の3時前まで良いお天気でした。

さわらも、久しぶりの庭遊び。

にゃんだ、この黒くてちっちゃいの? 

2011年5月23日

カラーリーフと1年草

P5167904.JPG

P5199521.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は、ひっそりと庭の片隅に咲くシラネアオイとヒトリシズカです。

どちらも大好きな宿根草ですが、開花期間が短く花後は緑の葉のみの鑑賞となります。

こうした宿根草を使う時は、花後の色彩バランスを考えるようにしています。そばに開花期間の長い1年草を植えたり、リーフプランツを植えたり。花が終わったら辺り一面 緑の葉ばかりというのでは、ちょっと寂しいですものね。

ちなみに下の写真は、おまさ お気に入りのカラーリーフです。(写真は、去年の6月頃撮りました。) 

P5240911.JPG

P5240919.JPG

P5240914.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

P5240904.JPG

P6265701.JPG

日陰でも育つヒューケラやホスタは葉色の種類も豊富です。

シルバーリーフのラムズイヤーやアサギリソウ。

管理に注意が必要ですが、斑入りイワミツバもいい仕事をしますよ ♪

風にそよそよなびくリボングラスや斑入りイトススキなんかを組み合わせても面白いかも‥。

魅力的なリーフプランツって、いろいろありますよね~。  

P5240892.JPG

P5240895.JPG

こちらは私の大~好きな1年草、高性種のアゲラタムです。

左が白花で、右がブルー。ブルーと言っても、紫に近い感じです。

秋遅くまで途切れることなく咲き続けるこの花は、我が家の庭に欠かすことのできない存在。

花のない時期の色彩を考える時、強い味方になるのがリーフプランツや1年草。

アゲラタムさん、今年もどうぞよろしくお願いしますね!

 

2011年5月19日

宿根草・殖えて困る編

宿根草は一度植えれば、放任しておいても大丈夫。 忙しい自分にはピッタリだ! そんなふうに思っていると、エライ目に遭うことがあります。

今回は、そんな要注意の宿根草を紹介することにしました。「これ、ウチにも同じものがある~。」という方がいらしたら、はびこっていないかチェックしたほうがいいかもしれません。わぁ~、怖いですね~。 

174554(1).JPG

P5199527.JPG

トップに持ってきたのは、オカトラノオです。

夏の花の少ない時期に野趣溢れる素朴な花を咲かせてくれ、ナチュラル系の庭にはピッタリ!‥なのですが、この植物の殖え方ときたら尋常じゃありません。

地下茎でどんどん殖えていくし、思いがけない場所からニョッキリ出てきて「え~、こんな所に?」なんてことも少なくありません。植えっぱなしで管理するのは、とても危険です。 

183002.JPG

P5085040.JPG

勝るとも劣らない危険植物が、この斑入りイワミツバ。

初夏にレースフラワーに似た涼しげな花を咲かせます。

葉も斑入りで他の植物を引き立てる名脇役になります。

でも、こちらの殖え方もかなりのもの。ちょっと気を抜けば、辺りはイワミツバだらけになってしまいます。放置できない植物、5本指に入る強敵です。

P5277706.JPG

P5199517.JPG

次はアマドコロ。

似たものにナルコユリがあります。

どちらも同じように、地下茎でどんどん殖えていきます。

思いがけない場所にひょっこり出現!ということはありませんが、とにかく広がるスピードが半端じゃありません。

面倒がらずにこれも対処した方が無難な宿根草のひとつだと思います。

P5085051.JPG

P5085038.JPG

続いてはシダ。

写真のシダは、コゴミよりもひと回り小さなシダです。

コゴミに比べれば、殖え方も多少かわいいのですが、放任しておくと写真のように他の植物の中にまで殖えていきます。

ちなみに写真は、ホスタの芽の中に生えてきたシダの赤ちゃんです。やっぱり、放っておけませんよね。

P5247343.JPG

P5199533.JPG

こちらも強敵です。

ユーフォルビアの仲間で、キパリッシアスといいます。

これは株自体が大きくなるだけでなく、こぼれ種であちらこちらに殖えていきます。

ご覧のような黄緑色の美しい花を咲かせてくれますが、気がつけばとんでもない場所からニョッキリ!

芝の中からも出てくるので、花壇のエッジ部分に植えちゃうと大変です。

 

081023.JPG

P5106036.JPG

お次は、フタマタイチゲ。北海道向きの山野草です。

清楚で可憐白い花は、弱そうに見えてこれがスゴイ!

周りの植物を乗っ取る勢いで殖えていきます。

こぼれ種でも殖えていくので、気を抜けません。 

P5202377.JPG

最後に登場するのは、フウチソウ。

春か秋に株分けをするくらいで管理できる植物ですが、放任しちゃうとかなりのビッグサイズになってしまいます。

これも、早め早めに対処した方が無難な植物のひとつだと思います。

ここに紹介した宿根草は、どれも大好きな植物ばかりです。

斑入りイワミツバ以外は、全て頂きもの。手渡された時、「とても殖えるから注意して。」との忠告つきでしたが、嬉しさのあまり「こんなステキな花なら、いくら殖えてもいいわ~♪」などとウキウキ気分でした。

そう、3年くらいはそれでも良かった。でも、その後が大変です。殖えすぎて困る宿根草には、予め仕切りをするなどの対処が必要かと‥。

ちなみにウチでは、打ち込み式のガーデンエッジを利用しています。これで庭の管理がずいぶん楽になるはず。そう、ローメンテナンスの庭づくりにもつながる殖えすぎる宿根草対策。今は面倒ですが、将来のために頑張りましょう~ ♪

そうそう。 我が家にはミント類は植えていませんが、その手の植物の殖え方も想像を超えます。こちらも仕切りをした方がいいかもしれませんね。 

春爛漫 中島公園他

P5157650.JPG

P5157626.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P5157656.JPG

P5157652.JPG

先日実訪ねた中島公園。

ソメイヨシノは見頃を過ぎ、もう散り始めていました。

それでも、レンギョウの黄色い花やカエデの小さな赤い花、風に揺れる枝垂桜。そこここに美しい春の風景が見られました。

P5157615.JPG

ハシブトガラスは何故かタンポポをくわえ、じっと考え事。

陽だまりの中、時間はゆっくりと流れていきます。

春は一番好きな季節。何もかもが穏やかで、喜びに満ちている気がします。

下の写真は別の場所で撮った、エゾリスとアカゲラです。 

お花見は、人間だけのものじゃなかったんですね ♪

  

P5178475.JPG

P5188598.JPG

2011年5月16日

春爛漫 恵庭公園

P5146991.JPG

P5146972.JPG

次は「宿根草、殖えて困る編」を掲載しようと考えていましたが、今まさにこちらは春爛漫。

あちらこちらで桜が見頃となっています。

せっかくですから まずは旬の春の恵庭の風景を紹介し、その後「宿根草、殖えて困る編」をお届けしようと思います。

それでは、恵庭公園から‥。

P5147016.JPG

P5146976.JPG

桜には疎い私。

なんという品種なのかはさっぱり分かりませんが、赤茶色の若葉が花色を引き立てています。

これがエゾヤマザクラなのでしょうか。

公園内で一番よく見る桜がこれです。淡いソフトピンクのソメイヨシノとは別の、華やかな美しさがありますよね~。

P5146999.JPG

P5147092.JPG

 

 

 

 

 

 

 

桜の近くで、エゾリスがチョロチョロしていました。お花見をするエゾリスの写真が撮れればいいなぁ~と、しばらく粘ってみましたが失敗。来年こそは‥頑張ります!

P5147146.JPG

P5147158.JPG

公園内を流れるユカンボシ川には水草が茂り、川辺にはニリンソウやオオバナノエンレイソウがひっそりと咲いていました。

森の中ではアズマイチゲが終わり、ニリンソウの白い花が一面に咲いています。

P5147155.JPG

P5105777.JPG

 

 

 

 

 

 

素朴だけれど美しい風景。真似できないなぁ‥春になる度、同じようにそう思うのです。

 

おまけ

P5167838.JPG

P5167851.JPG

P5167927.JPG

最近、私の肩によく乗ります。落っこちても知らないよ~。

2011年5月13日

宿根草・殖えて嬉しい編

P5277708.JPG

P5084966.JPG

1年草と違って宿根草は、決められた時期になるとちゃ~んと庭に出てきてくれます。

毎年たくさんの花苗を買わずに済むというのは、ありがたいことです。

しかも小さな株で買った苗も時間が経てば立派な大株になるわけで、お気に入りの宿根草は株分けをして殖やすこともできます。まさに、貧乏おまさ向きですねぇ。

今年は ブルンネラとゲラニウム(ビオコボ)、それにアサギリソウを株分けして利用しました。上の写真2枚が、ブルンネラ。下の写真が、ビオコボとアサギリソウです。

P6141668.JPG

P5085035.JPG

P5033027.JPG

宿根草はそのまま放置しておくと、株が老化して花つきが悪くなったり草姿が乱れてきたりとあまりいいことがありません。

3年を目安に、株の更新と倹約を兼ねて株分けを致しましょう~。もしかしたら、ケーキ代が浮くかもしれませんよ ♪   

P5106047.JPG

P5126865.JPG

左の写真は、サンギナリア。山野草の仲間です。

群生するこの花を見て感動した夫が 珍しく「この花を植えよう!」と言い出し、当時そうだなぁ‥2株くらい買ったでしょうか‥。

今年で7年、いや8年くらいになるのかなぁ~。純白の美しい花が、キレイに咲きそろいました。

P5106038.JPG

P5085003.JPG

こちらの写真は、左がツルアジサイ、右がアナベルです。

去年あまり花のつかなかったツルアジサイは、今年びっしりと花芽をつけました。花の開花が楽しみです。

アナベルは、先日地面から1芽、2芽を残して剪定してやりました。ここ数日で芽が動き出し、地面からもニョキニョキと芽が出てきました。

あらら、こんな所からも?そう。殖えるのは、宿根草ばかりじゃありません。もう1株欲しいと思っていたアナベル。挿し木よりも手っ取り早い株分けで、アナベルが手に入りました。

殖やすというのは、実に楽しいものです。お得感もありますしね ♪ でも、油断大敵!殖え過ぎて頭を抱えることもあります。次回は、「宿根草・殖えて困る編」をお届け予定です。怖いですねぇ‥。

 

おまけ

 

P5084989.JPG P4251170.JPG

 

2011年5月 7日

4度目の春

P5033280-1.JPG

P4281768.JPG

 

すくっと立ち上がったムスカリ。

びっしりとついたクロッカスの花。

 

 

 

 

P4292106.JPG

P4292109.JPG

 

林床に咲く、青いエゾエンゴサクや

真っ白なアズマイチゲ。

やさしい梅の花。(札幌) 

 

長い冬のあとにやって来た春の風景は美しく、見ているだけで心躍ります。

 

P5044272.JPG

1人で迎える春も、今年で4度目になりました。 

庭の手入れは、以前から1人でやってきました。

ずっと、そう思っていました。

でも、本当はそうじゃなかった。

夫がいたからできた庭仕事だったことに気付いたのは、いつだったでしょう‥。

 

 

 

だけど、今年はちょっと違います。 庭仕事が楽しい。 何でかなぁ‥。

ホントは、理由を知ってるんだ。 あのね、家族が増えたんだよ。 魚の名前の猫。 さわらって言うの。

それからね。ヒゲ君が好きだったミヤママタタビ、今年もまたあのピンクの葉が見られそうだよ。 

2011年5月 1日

初めての庭

P4302938.JPG

P4302870.JPG

 

 

 

 

 

 

東側の庭。パーゴラも新しくなったし、砂利も入れました。空は真っ青ないいお天気です。

 

P4302852.JPG

P4302897.JPG

それではと、さわらを連れて初の庭探検に出ることにしました ♪

終始ご機嫌なさわらのシッポは、ピーンと立ったまま。

ナマの野鳥観察は、窓越しのときとは一味違っているでしょう?

 

P4302903.JPG

P4302912.JPG

 

 

 

 

 

 

にゃんだ、これ? あぁ、それはラムズイヤーだよ。

P4302902.JPG

P4302875.JPG

あっ!また、にゃんか飛んだ。

あれは、シジュウカラだね。

初めてのお庭には、ダンゴムシやアリさんがいてドキドキ!

昨日は本当にいいお天気で気持ちよかった~。

時々はここで遊ぶのもいいね。

ローメンテナンスの居心地のいい庭‥そんな庭にしたいなぁ~。

 

クリスマスローズ

花友の庭に咲く、美しいクリスマスローズです。普段の手入れと愛情で、株はどれも元気いっぱい!

写真を撮らせてくれた花友は2人。どちらのお庭も、咲き乱れるクリスマスローズで溢れんばかりでした。撮った写真はほんの一部ですが、どうぞゆっくりとご堪能くださいませ。

P4302947.JPG

P4302996.JPG

P4302952.JPG

 

 

 

 

 

 

上の3枚は、自宅から徒歩で1分のHちゃん宅で撮らせてもらいました。少し高さのある場所に植えてあるので、うつむき加減に咲く花がとってもキレイに見えました。

 

P4302964.JPG

P4302969.JPG

こちらの6枚は、更に20秒ほど歩いた もう1人のHちゃん宅のクリスマスローズ。

八重咲き種は、やっぱり豪華ですね~。

  

   

P4302973.JPG

P4302984.JPG

こちらのお庭には、それはそれはたくさんのクリスマスローズが植えられています。

10株や20株じゃない。40‥それとも50株?

クリスマスローズファンには、たまらないだろうなぁ~。

 

P4302986.JPG

P4302970.JPG

ともかく今では、 この時期に両H邸 を訪ねるのが私の楽しみの一つになっています。

写真はどれもクリックすると大きくなります。

カチッ!

 

ダブルHちゃん、快くお庭を見せてくれてどうもありがとう ♪