ホーム >

花咲か日記

2012年11月30日

残念な私

   おまさ  (アホ目アホ科)
P1017446-001.JPG
「本当の〇〇ちゃん(私のこと)を知らないでブログだけ読んでたら、
〇〇ちゃんが凄い人だと勘違いするんじゃない。」
こういった友人からの発言を、時々耳にします。
それは、困る‥。(凄い人だと勘違いされては困るという意味です)

私は世に言う「残念な人」そのもので、失敗談を数え上げれば限がありません。
写真を撮りに出かけても、メモリーカードが入っていなかったり、バッテリーが充電できてなかったり。
嘘のような話だけれど、カメラ本体を忘れたこともありました。
ある意味、凄いですよね。

口を開けたペットボトルを振って、そこいらじゅうを汚してみたり、鍵を持たないでガレージから出て家に入れなくなったり‥。(これは何度もやっちゃいました)
結果、友人はウチの合いカギを持つ羽目になってしまったんだよな~。申し訳ない。

そうそう。さわらをクローゼットに閉じ込めてしまったこともあったなぁ‥。
いつも家に戻ったら、ニャ~ニャー鳴きながら出迎えてくれるのに、その日は全然姿を現さない。
あれぇ、どうしたんだろう。と2Fに上がると、かすかな鳴き声がクローゼットから聞こえてきて‥。
あ~、ごめんよ。さわら。(涙)

ともかく私のドジぶりは横綱級で、周りまで巻き込んでしまうから始末に悪いのです。
友人がぼやきたくなる気持ち、よく分かります。
なので、ここら辺りで誤解を解いておいた方がいいと考えました。皆さん、私アホです。
どうぞ、巻き込まれないように くれぐれもご注意ください。


2012年11月28日

吹雪のあと

昨日の猛吹雪が嘘のように、今朝はよく晴れました。気温は-6.3℃まで下がり、雪は解けないまま残りました。

PB286893.JPG
PB286895.JPG
恵庭公園も、すっぽりと雪の中。
降り積もった雪がきらきらと輝いて、
とても綺麗でした。


PB286945.JPG
PB286931.JPG
足跡のついていない雪の上を、ゆっくりと歩いて行きました。

静まり返った公園に、ヒヨドリの高い声が響き渡ります。

 
森の木々は一様に白い衣をまとい、陽の光に照らされ輝きを増します。
その圧倒的な美しさに言葉を失い、その場に立ちつくしていると‥
突然、「綺麗ですよね~。」という元気な声が聞こえてきました。
声の方を向くと、60代半ばくらいの男性が、満面の笑みを浮かべて立っていました。

「まさかここでこんなに綺麗な樹氷が見られるなんて思ってもいませんでした。
いや、失礼しました。あまり嬉しかったもので。」
「いえいえ、本当に綺麗ですよね。」
そうか‥そうだよね。嬉しくなるような美しさだもの。分かる分かる。

PB286904.JPG
PB286972.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
PB286962.JPG
PB286909.JPG
冷たかった手足が、徐々に暖かくなってきました。 
 
枝に張り付いていた雪が、はらはらと舞い落ちていきます。

気温が上がったんだ‥。
 
 
神様が創られた、束の間の芸術作品。
今日はなんだか得をした気分です。
皆様にも、ちょっとだけおすそ分け ♪
それにしても、広角レンズを忘れたのは痛かったなぁ‥。
 
 

                       おまけ

PB249862.JPG
PB249856.JPG
早く停電が終わるといいにゃ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2012年11月27日

雪が降ってきた

朝から 湿った重い雪が降っています。
PB276815.JPG
おかげで窓には、雪がべったり。
PB276832.JPG
木の枝は、雪の重みでみんな垂れてしまいました。
PB276831.JPG
突然雷が鳴ったと思ったら、吹雪で辺り一面が真っ白に!

車はみんなライトをつけて、のろのろ運転です。
あ~、こんな日だけは運転したくない‥。
ドライバーの皆さん、どうかお気をつけて。
PB276838.JPG
しばらくして雪の降り方が弱まったので、今季最初の雪かきをしました。
ズシ~ン!
いや~、予想通りの雪の重さです。
スコップを持つ手が震えそう‥。
PB276874.JPG
ラベンダーは、屋根からの落雪ですっかり埋もれてしまいました。
PB276878.JPG
昨日、排雪サービスの旗、立てておいてよかったな~。
PB276880.JPG
気温がどんどん下がってきました。
少し前から、雪の降り方がまた激しくなってきました。
これは明日の雪かき、大変そうだぞ。
燃えるね~!


呑気なことを言っていましたが、室蘭や登別をはじめ
太平洋側の各地で停電や交通障害等が多発しているとのこ。
心よりお見舞い申し上げます。

どうかどうか、皆さんが体調をくずされませんように‥。
1日も早い復旧を心から願っています。



おまけ

目が合った‥けど
PB269968.JPG
絶対、見てないよ~
PB269965.JPG

2012年11月26日

きっとだよ‥

今日で、さわらが2才になりました。
食べないことは分かっているけれど、小さなケーキを用意してみました。

ロウソクを2本立ててっと‥
PB259944.JPG
ぼわ~んとしたロウソクの灯り、気になるよね。
PB259955.JPG
間違いなく、気になってる‥よね。
PB259948.JPG
ほら、さわら。
思い切って「ふぅ~!」ってやってごらん。
PB259945.JPG
さわらはちょうど1才になった頃、ひどい腎不全を患いました。
獣医さんから「今の治療が効果なければ、もう打つ手がない。」
と聞かされ、1度は別れを覚悟しました。

動物病院のケージの中で、ぐったりしていたさわら。
何もしてやることができなくて、辛かったな‥。

家に戻って空っぽのケージやベッドを見るのが、これまた辛かった。

翌日、目を腫らして病院に行ったら
ケージにうずくまっていたさわらが、よろめきながら立ち上がって
ふらふらと寄って来たっけ‥。

あの時、決めたんだよね。
もうどんなことがあっても、絶対離れないって。

奇跡的に回復して今ではすっかり健康体だけど
あれ以来ちょっと過保護気味になっちゃったかな‥。

とにかく、お誕生日おめでとう。
ロウソクが3本、4本、5本‥20本になるまで、ずっと元気でいるんだよ。

頼んだよ。きっとだよ。

2012年11月25日

川霧

昨日の最低気温は、氷点下8℃を下回りました。
真冬並みの厳しい寒さです。

庭の草花も、なんだか寒そう。
PB249733.JPG
よく晴れているし、気温も低い。
よ~し、気合を入れて川霧でも撮りに行くかな。

大急ぎで着こんで
いざ、恵み野中央公園へ!

冷え切った公園は静寂そのもの。
霜のせいで、歩くとシャリシャリと音がしました。
PB249556.JPG
さてさて、池の様子はどうかな?
PB249593.JPG
PB249615.JPG
お~、念願の川霧と野鳥だぁ~。
PB249631.JPG
PB249653.JPG
池の一部には薄っすらと氷が張っていました。
北国の長い冬が、いよいよ始まりました。

みなさん、くれぐれも風邪には気を付けましょう~。



2012年11月22日

ウトナイ湖

苫小牧市にあるウトナイ湖には、毎年たくさんの渡り鳥がやって来ます。
湖岸から野鳥を観察できるので、観光客にも人気です。

いつものようにファインダーを覗きながら鳥を追っていると、
「あっ、マガンがいる!」という子供の声が聞こえてきました。
続いて「オナガガモだ!」という声。

ずいぶん物知りだなぁ‥。
気になってカメラから視線を外すと、両親と一緒に
小学生くらいの男の子が立っているのが見えました。

「鳥が好きなの?」
男の子は はにかみながら、こっくり頷きました。
図鑑だけで覚えたという鳥の知識は大したもので、
いつまでたっても「アレほらほら何だったっけあの鳥。」
なんて言っている私とは大違い。

少年は興奮した口調で、父親に鳥の説明をしていました。
父親はやさしい眼差しでそれを聞き、何度も頷いていました。

良かったね。本物が見られて。

PB137305.JPG
オオハクチョウ
PB208328.JPG
オナガガモ(雄)
PB219235.JPG
マガン
PB219254.JPG
PB219346.JPG
PB219371.JPG
オオハクチョウ
PB218580.JPG

おまけ
PB218668.JPG
カラスの仲間とは思えない、美しい鳥カササギです。
局地的にしか見られない鳥なので、
鳥好きには人気があります。

羽の青や緑がやっと出せたので、嬉しくて掲載してしまいました。
興味のある方は、こちらをご覧になってくださいね。

おまさのこっそり野鳥日記 カササギ
http://tyunntyunn3479.blogspot.jp/2012/11/blog-post_22.html

2012年11月19日

初冬

雪と一緒に寒波がやってきて、世界は一変しました。
昨日降った雪は、朝になっても解けないでそのまま残っていました。

車が ガリガリと音をたてながら走って行くのが聞こえます。
道は完全に凍りついていました。

PB198105.JPG
鳥に餌をやらなくっちゃ‥。

足跡やわだちが固まった道路は、でこぼこでした。
ヒマワリの種をバードフィーダーに入れるときは、カラカラと乾いた音がしました。

PB198062.JPG
お天気は悪くない。
フィールドにでも行ってみようかな。
厚着をして、冬靴を履いて‥準備万端。

突然 雪の塊が空から降ってきて、アスファルトにゴツンとぶつかります。
電線に着いた湿った雪が寒さでカチカチに凍りつき、
日中それが解けて落ちてくるのです。

まるで石ころみたい‥。
帽子よりヘルメットを被った方がいいみたいだ。

PB198111.JPG
大きな水たまりの氷が割れて、たまった雨水が見えていました。

最近降った雨の量ときたら半端じゃなかった‥。
あれが全部雪だったら‥それこそ大変なことだったかもしれない。

PB198180.JPG
フィールドから見える恵庭岳も、もうすっかり冬の装いでした。
PB198195.JPG
PB198182.JPG
PB198183.JPG
PB198253.JPG
大木の枝に張り付いた雪が、気温が上がるにつれ
次々と落ちていきました。
林全体がまるで歌を歌っているようでした。

私は帽子の上からフードをすっぽりと被りました。
とうとう冬がやって来ました。


おまけ
PB075830.JPG
あの‥見えていますけど‥。


2012年11月18日

初雪

雨音がしなくなっていたので てっきり雨があがったと思って外に出たら、弱い雨が降っていました。
すぐに止みそうもないので慌てて傘を取りに戻り、傘をさしたまま写真を撮りました。

PB187972.JPG
PB187960.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

PB187937.JPG
PB187968.JPG
 



 




ススキの穂は、夜や雨の日は閉じます。
初めのうち開いていたイトススキの穂は、
すぐに固く閉じてしまいました。
 
我が家にはローズヒップが2種類できます。ひとつはノイバラ、もうひとうはロサグラウカです。
最近、この実を狙ってヒヨドリがやって来るようになりました。
そうぞ どうぞ、遠慮なく召し上がれ。
 
左下の茶色い実は、シャラ(ナツツバキ)の実です。中の種目当てにやって来るのは、カラの仲間。
今年も種、いっぱいあるよ。

PB187947.JPG
PB187957.JPG
PB187959.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

PB187952.JPG
PB187955.JPG
時期を間違えて咲いてしまったエキナセア。

種ができる前に枯れてしまうのかと思うと、哀れです。
 
遅くに生まれた野鳥の雛や、末っ子の雛も哀れです。

PB188006.JPG
ブログ更新中に、雪が降り出しました。

すっかり閉じたイトススキに、湿った牡丹雪が落ちて行きます。

窓辺に駆け寄って雪を見ていたら、いつの間にか隣に さわらが居ました。

とうとう、初雪だね。

2時間後、庭は真っ白になっていました。 

PB188028.JPG
PB188033.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


                       おまけ

PB075829.JPG
PB187992.JPG
雪がいっぱい‥。

ストーブの上が好き~。


 





2012年11月17日

衣替え

昨日の朝は冷え込んで、最低気温が氷点下2℃を下回りました。
それでも風がなく陽射しがあったので
久しぶりに恵庭公園へ行ってみることにしました。

落葉樹の殆どは葉を落とし、薄暗かった森は見違えるほど明るくなっていました。
オオウバユリも陽の光でキラキラです。
PB167599.JPG
駐車場からそれほど行かない所で、エゾリスが出迎えてくれました。
耳の毛がふさふさです。
どうやら衣替えが無事に終わったようですね。
PB167463.JPG
今の時期、エゾリスは大忙しです。
チョロチョロと走り回り、落ち葉をかき分けて木の実を探したり、隠したり‥。

それにしてもこの恰好、見れば見るほど笑えてきます。
PB167554.JPG
ひょこ!
PB167534.JPG
オニグルミ、見つけました~。
PB167576.JPG
カプッ!
PB167586.JPG
再び、ひょこ!
PB167519.JPG
こそこそ‥
PB167549.JPG
もじもじ‥
PB167564.JPG
あ~、癒されました。

それにしても、冬支度で忙しいのは 人間に限ったことじゃないんですね。
明け方に降り始めた雨、明日は雪に変わるのかな‥。


おまけ

だるまさんが‥
PB075852-001.JPG
ころんだ!
PB075859.JPG


2012年11月12日

根っこ

「根」と言うと 地下に隠れているものというイメージだけれど
なかにはこうして地上に露出して圧倒的な存在感を示しているものもありますよね。

実はこれ、土が硬くなって根が十分に呼吸できないために外に盛り上がっているのだそうで
木にすればずいぶん辛い状態らしいんですね。

巨木の盛り上がった根は、迫力満点です。
PA263763-001.JPG
こちらの根は、なんだか芸術的。
P9268751.JPG
これは‥ちょっと気の毒。
むき出しの根が痛々しいです。
PA192264.JPG
植物が上手く育つかどうかって、根にかかってる‥
って気がします。

健康な根を育てるためには、水はけと水持ちのよいやわらかな土が必要です。
よくない土にいくら化成肥料をやってもダメ。
水はけの悪い硬くしまった土では十分に根が張れず、
必要な栄養分を上手く吸収することができません。

でも放置しておくと、土ってどんどん硬くなるしやせてしまいますよね。
じゃあどうやって適度な隙間のあるふわふわの土(団粒構造)にするか?
簡単です。
腐葉土や完熟堆肥などを、硬くなった土に鋤き込んで耕してやるだけでOKなんですから。

そうは言っても腐葉土だって堆肥だってそう安くはありません。
何袋も買えば、結構な出費になっちゃう。
場所さえ確保できれば、庭の落ち葉を使って自家製堆肥
なんていうのも悪くないかもしれませんね。

今日ゴミ袋に詰め込んだ落ち葉、勿体なかったかな‥。



おまけ

PB075778.JPG
あたしの根っこって、しっぽ?


2012年11月11日

雨のち冬

今年の秋は暖かで、まだ霜や氷を見ていません。
雨ばかりが降り続きます。
PB075811-001.JPG
ナツヅタの実
PB085903.JPG
ノイバラの実
PB075720.JPG
もう雨はいいよ~。
と言う声が聞こえたかどうだか‥
昨日、今日と 久しぶりによいお天気になりました。
抜けるような青空です。

でも‥寒い。
それもそのはず今朝の気温は1.1℃でした。
吐く息は真っ白で、風が吹く度 冷気で体がこわばります。

紅葉の遅れていたヤマボウシが、やっと赤くなりました。
今の我が家では、1番がっしりとした庭木です。
押してみても、ピクリともしない。
よ~し。

来春の営巣を期待して、巣箱を取りつけました。
PB116762.JPG
残ったホスタの葉は、弾力を失い少し しなびてきました。
PB116764.JPG
イトススキは、まだまだ元気だね。
PB116757.JPG
朝日が当たって、ステキに見えるよ。
PB116773.JPG
輝くような黄金色は、アスパラガス。
かろうじて残っているナツヅタの シックな葉色を引き立てていました。
PB116775.JPG
銀扇草の種は、もうとうにこぼれ落ちてしまいました。
PB116763.JPG
工具の触れ合う音が聞こえてきます。
タイヤ交換の音かな‥。

貴重な晴れ間。しかも日曜日。
今日は冬支度には、もってこいの日かもしれませんね。



2012年11月 9日

渡り鳥

繁殖地のシベリアからやって来たマガンの群れは、北海道にあるいくつかの中継地で羽を休めた後
越冬地である本州へ渡って行きます。
中継地として有名な場所には、宮島沼(美唄市)やウトナイ湖(苫小牧市)などがありますが、
千歳市と長沼町の境にある長都沼にも毎年立ち寄ってくれます。

あずまやの2Fから見たマガンの群れ
PB086109.JPG
沼にはマガンの他にも、ヒシクイやハクチョウが大群でやって来ます。
ただ、日中は採餌のため沼を離れて周辺の田畑へ出かけていることが多く
何時間待っても現れないということも度々です。

この日は3時間ほど沼に居ましたが、あずまやから確認できたのは
マガモやオナガガモなどのカモ類とわずかのヒシクイ、それに空中を行き来するマガンだけで
ハクチョウの姿はほとんど見ることができませんでした。

沼から離れること4~5 Km と言ったところでしょうか。
刈り取りの終わったコーン畑で、多数のオオハクチョウの群れを見つけました。

うわぁ~、こっちにやって来たぁ!
PB086596.JPG
綺麗だなぁ‥
PB086604.JPG
優雅だなぁ‥
PB086610.JPG
まるで空から降って来るみたい‥
PB086710.JPG
PB086488.JPG
PB086679.JPG
PB086730.JPG
PB086265.JPG
PB086714.JPG
日の暮れるのは早くて、午後3時前でもこの通りです。

私はもう戻るね。
いっぱい食べて、ゆっくり休んで長旅に備えるんだよ。
それと、チビは迷子にならないように。
お母さんのそばを離れちゃダメだからね‥。


おまけ

PB075822.JPG




2012年11月 7日

豊平公園

冷たい雨が降っています。今日は立冬。初雪が例年より遅れているそうですが、やはり寒いです。
日の差さない雨の日は、暖房がないとやっていけません。

このところ雨続きで青空が恋しい北海道ですが、一昨日はよく晴れました。
ジッとしておられず、豊平公園へ行ってまいりました。

豊平公園は住宅地に囲まれた都市公園ですが、林業試験場の跡地を利用して造られただけあってなかなかのもの。見上げるような高木の並ぶ、美しく見ごたえのある公園でした。

PB055448.JPG
PB055439.JPG
色づくヤマモミジを背景に、寄り添うスズメさん。
頬の黒い斑紋が小さいので、きっと今年生まれた幼鳥なのでしょうね。

 

(左下) 園内には美しい白樺林がありました。白い木肌に黄色く色づいた葉。スックリと伸びる白樺の姿は、いかにも北海道といった風情です。
(右下) 美しく黄葉した白樺を背に、ヤマゲラ(♀)の写真を撮ることができました。ちなみにヤマゲラは、北海道でしか見られない鳥なのでバーダーには人気があります。

PB055672.JPG
PB055572.JPG
 
 
(左下) 白樺の周囲を取り囲むように植えられたアジサイは、深い深い晩秋の色合いでした。
(右下) ふと、やわらかな緑をした葉に目がとまります。光が透けて、とても綺麗です。何の木だろう‥。

PB055485.JPG
PB055461.JPG

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(左下) オオウバユリは完全に冬の佇まいです。パックリと割れた実の中に、もう種は残っていません。
(右下) ミズナラでしょうか。茶色くなった葉は、風に吹かれ今にも散ってしまいそうです。

PB055479.JPG
PB055635.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

晩秋は秋と冬の混在する季節。公園のバラ園では、急ピッチで冬囲いの作業がされていました。
もうすぐ、北国に長い冬がやって来ます。


2012年11月 3日

抱っこ

朝目覚めると、さわらがこっちを見ていました。
あ~、びっくりした~。

おはよ。
PB025286-001.JPG
さわらは夜、私のベッドの足元で寝ます。

私としてはさわらを胸にかき抱き ピッタリとくっついて眠りたいのですが、
それはどうしても嫌らしく
無理に横に寝かせて抑え込むと 前足を突っ張って抵抗します。
なので、諦めました。

さわらは私がベッドに入ると、ひょいとベッドの上に飛び乗ってきます。
布団の上をゆっくりと歩き、足元に落ち着きます。

ねむねむ‥
P8283928.JPG
庭仕事で1日中外に出ていたり、鳥見で長い時間家を空けたときは、
抱っこしてゆっくり庭を一回りすることにしています。

小さいときは抱っこが大嫌いで、激しくもがいて離れようとしたのですが
最近はまんざらでもないみたい。
大人しく抱かれて、キョロキョロと辺りを見回しています。

PA029794.JPG
家に戻るとひょいと飛び降りて、上機嫌でとことこ走って行くのですが
時々しがみついたまま離れようとしないことがあります。

あんなに抱っこが嫌いだったのに‥。
おぉ、よし、よし。

もうすぐおまえの誕生日だよ。
プレゼント、何がいい?



2012年11月 2日

雪待月


PB025170.JPG
PB025175.JPG
目の前をふわふわと飛ぶ雪虫を 、手で払いながら歩いたのは何日前のことだったっけ。

北海道ではこの雪虫が飛ぶと初雪が近い、と言われています。

昨日今日と、日中でも10℃になるかならないかの肌寒さでした。

ホントに初雪が降る日、そう遠くないかもしれません。
ケチらないで明日は、1Fにも暖房を入れようかな‥。

食器棚のガラスに映り込んでいるオレンジ色は、ミックスボーダーに植えたシャラの色です。
日当たりが良くないせいか、ここのシャラは通りに面したシャラに比べて紅葉の進み具合が遅いようです。

PB025189.JPG
PB025186.JPG
北側に植えた柏葉アジサイも、今がちょうど紅葉のピーク。

すっかり落葉するまで待っていては地面が凍りついてしまうかもしれないと、早めに冬囲いを済ませてしまいました。


葉を残したまま竹に巻きつけられた柏葉アジサイ。なんだか少し窮屈そうです。

ツルアジサイは、その殆どの葉を落としました。茎(つる)の先端には、新しい芽がしっかりとできています。
輝くような命です。
PB025187.JPG
PB025195.JPG
先日ヤマボウシの剪定をしました。

夏にぐんぐんと伸びる枝を見て剪定したい衝動にかられましたが、グッと我慢。
夏場の剪定だと、切ったあとにまた勢いよく茂ってしまうと名人からアドバイスを受けていました。
 
花芽を落とさないように気を付けながら、三脚の上で太枝切鋏を振りまわし‥バッツン、バッツン! 
今月の粗大ごみの日、また山のような枝の束になりそうです。(汗)



                        おまけ 

秋の渡りのピークは過ぎましたが、長都沼にはまだたくさんのオオハクチョウやヒシクイがいます。 
コォー、コォーというハクチョウの鳴き声が、何故か私にはいつも少し切なく聞こえるのです。

PA314600.JPG
PA315068.JPG