ホーム >

花咲か日記

2013年7月29日

滝野すずらん丘陵公園

ここ数日、まるで梅雨に入ったかのように
雨の日が続いています。

雨が上がっている間に庭の手入れをしていますが
思うように作業がはかどらず、
また気合も入らず、
あちらこちらに出始めた雑草を
「見なかったことにしよう~。」と 決め込んで
ひたすら現実逃避しております。


5日前に滝野に行ったときは、
曇りがちでしたが雨の降ることはなく
散策にちょうど良いお天気でした。
P7241870.JPG
何年ぶりかの滝野すずらん丘陵公園。
懐かしいなぁ~。
P7241746.JPG
テウクリウム ヒルカニカム
" パープル テイルズ "
P7241773.JPG
こちらは‥名前が分かりません。

アーティーチョークのような、金髪のマツボックリのような
ともかく存在感抜群の花でした。
P7241739.JPG
丘に植えられた
イングリッシュラベンダー。
これもきれいでした。
P7241781.JPG
キッチンガーデンで作業するスタッフさん。
お腰に下げたシザーケース、かっこいいです。
P7241775.JPG
そして、美しいハンギングや寄せ植えの数々。
ここのハンギングは天下一品ですね。
P7241845.JPG
P7241799.JPG
P7241822.JPG
P7241867.JPG
開園30周年記念コンテナ
P7241836.JPG
もう咲いてないだろうと思っていたのに、1つだけ花が残っていました。
ヒマラヤの青いケシ
メコノプシス グランディスです。
P7241770.JPG
メコノプシスの近くで、1匹の蝶を見つけました。
触覚の先端が黄色くて、かわいい。

羽を 少しだけ開けた瞬間がありました。
なんてきれいな紫色。

しゃがみ込み、ピントを合わせたまま再び羽を開けるときを待ちました。
1分、2分、3分‥6分、7分。

根負けして立ち上がった瞬間、蝶は逃げ
写真も撮り損ねてしまいました。

コムラサキ
P7241765.JPG


壊してしまったキッチンの網戸。
息子が直してくれました。

パンパンになったスーツケースを持って
息子は家に戻って行きました。

さわらが また、私のベッドに戻って来ました。
P7261956.JPG




2013年7月26日

土砂降り

ラベンダーを見る度、これは特別な植物だと思ってしまいます。
深い紫色をした美しい花。
うっとりするような香り。
真っ直ぐに立ち上がる花茎の清々しさ。

今月中旬頃に咲き始めてから2週間。
心ゆくまで楽しませてもらいましたが、
それも そろそろ終わりです。

数日前から断続的に降り続く雨で、花が茶色く傷んできました。

イングリッシュラベンダー(オカムラサキ)
P7200773.JPG

入れ替わるようにしてアナベルの花が見ごろを迎えました。
緑がかった花色は、咲き進むにつれ白さを増します。

ところが‥数日前から何度となく
1時間に10mmを超す土砂降りに見舞われ、
花茎が何本も折れてしまいました。

せっかくの花が‥
勿体ない。
P7251906.JPG
降らなければ困るけれど、降り過ぎもなぁ‥。
P7261969.JPG
でも せっかくだから、土砂降りの写真、撮っておくかな。

呑気にカメラを持って階下に下りると、
あれあれ~、キッチンの床がびしゃびしゃだぁ~。

しまった!
窓を閉め忘れていた。

慌てて窓を閉めようと ロール式の網戸を巻き上げていたら、
途中で‥
あれっ、動かない!
このぉ~。

結局私、雨の中、網戸を壊してしまいました。(涙)
P7261962.JPG



おまけ

ちょこん
P7261976.JPG
あのね、お友達の結婚式で お兄ちゃんが帰って来たの。
お兄ちゃん、また大っきくなってたよ。
ヒグマみたいなの。




2013年7月23日

流鏑馬

古式ゆかしい民族衣装(狩装束)に身を包み、疾走する馬に乗って的を射る。
勇壮かつ優美な流鏑馬。

見学してまいりました。

2日前の日曜日。
場所は市内の「えこりん村」でした。

P7211200.JPG
カラッと晴れた爽やかな夏の日。
馬が駆け抜ける度、乾いた土埃が舞い上がります。

後ろをついて走るのは、仔馬。
今の時期、親子は何処に行くのも一緒。
無理に離すと、どちらも不安定になってしまうのだそうです。
P7211395.JPG
P7211254.JPG
疾走する馬と射手
P7211293.JPG
P7211451.JPG
P7211319.JPG
P7211383.JPG
P7211266.JPG
静と動の世界。

馬上の射手を見送りながら、
一瞬、はるか遠くの時代に生きた人の姿が見えた気がしました。




2013年7月22日

ゆにガーデン その2

ゆにガーデンの続編です。

下の写真は、赤いレンガで囲まれたフレグランスガーデン。
咲いているのは、イングリッシュラベンダーに、アニスヒソップ、モナルダ(ベルガモット)。
風に乗って良い香りが漂ってきます。

庭って、目だけで楽しむものじゃないんですね。
う~ん、幸せ。
P7190563-001.JPG
アニスヒソップの花の上に、コガネムシを見つけました。
背景の紫は、群生するアニスヒソップです。
P7190535-001.JPG
階段の向こう側に見えるのは、ブロードウォーク(ボーダーガーデン)。
よく手入れされた芝が、とってもきれいでした。
P7190532-001.JPG
レンガの壁を飾るクレマチス。
お洒落ですね。
P7190586-001.JPG
ボーダー花壇の長さは、なんと160m 。
驚きです。
P7190587.JPG
振り返えると、チャペル風コテージが見えます。
P7190590-001.JPG
ボーダーガーデンを歩いていたら、
森の方から、素晴らしく美しい鳥のさえずりが聞こえてきました。
キビタキ?

鳴き声に誘われ、森に向かいました。

入口に、小さな木製の案内標識があるのを見つけました。
「アジサイの小路」
へぇ~、ここも庭園の一部なんだ。
P7190609-001.JPG
落葉樹が生い茂る森は薄暗く、手つかずの自然といった佇まいです。

鳥の声を追って、緩やかな傾斜のある けもの道を進んで行くと、
突然目の前に美しい彫像が現れました。

えっ、こんな所に?
驚き!
P7190608.JPG
鳥のさえずりが すぐそばから聞こえてきましたが、
どうしても姿を見つけることはできませんでした。

アスチルベ
P7190633.JPG

久しぶりの ゆにガーデン。
前に来たのは、何年前になるだろう。

確かクロッカスの写真を撮りたいからって、ヒゲ君と2人で来たんだよね。
雪の残る、寒い寒い早春だった。

ヒゲ君は、私をほったらかしにして写真ばっかり撮っていた。

今の私を見たら、きっと驚くだろうなぁ‥。
まさか私がカメラを触るようになるなんてね。

P7190653.JPG
P7190654.JPG



2013年7月21日

おっぱいが いっぱい

昨日、久しぶりにエゾリスに会うことができました。

夏毛になったエゾリス。
長い耳毛がないと、なんだか物足りない気がします。

草の葉を器用にちぎって‥
P7201043.JPG
うまうまうま
P7201040.JPG
あれっ、この子。
おっぱいが大きい。
P7201010.JPG
そうか、おまえお母さんなんだね。
おっぱいがいっぱい出るように、たくさん食べなきゃね。
P7201033.JPG
お食事タイムが終わった後は、
大木の枝にするすると登り、太い枝の上でひと休み。

だら~ん
P7201072.JPG
風が森の中を通り抜けていきます。
気持ちいいね。
P7201118.JPG
木陰のベンチに座って、しばらく リスのお昼寝を眺めました。
ゆっくり、ゆっくりと、静かな時間が流れていきました。
P7201121.JPG

ゆにガーデンの続きは、次回に‥。



2013年7月19日

ゆにガーデン その1

カラッと晴れた爽やかな夏。

庭の手入れを済ませた後、久しぶりに
夕張郡にある「ゆにガーデン」に出かけてまいりました。

P7190661.JPG
102万本あるという宿根リナリアが ちょうど満開で、
園内のあちらこちらに美しい花の絨毯が広がっていました。

風が吹く度、ほっそりと儚げな花穂が ゆらゆらと揺れます。
P7190504.JPG
P7190494.JPG
ホワイトガーデンでは
白花のハマナスや八重咲きマーガレット、ヤマボウシ、ペンステモン、
それにラムズイヤーなどが競い合うように花を咲かせていました。

赤いレンガの壁が、植物の美しさを引き立てます。
P7190485-001.JPG
元気いっぱいのユリ
P7190677.JPG
たわわに実ったジューンベリーの実
P7190484.JPG
こちらは ローズガーデンです。
P7190514.JPG
ここでは、今がちょうどバラの最盛期のようです。
P7190510.JPG
壁面に誘引されているのは、ニュードーンかな。
まとめ植えされているのは、ハマナス。
花色の違うものが数種類植えられていました。
P7190710.JPG
リナリアの丘とホワイトガーデンの間くらいでしょうか。
見事なスモークツリーが目につきました。
種類は何なんでしょう。
これだけ花がつくと圧巻ですね。
P7190487-001.JPG
赤いポピーも 人目を引きます。
細長い花茎、独特の蕾、可憐な花。
出会う度、絵になる花だと いつも思うのです。
P7190639.JPG
広い園内。
たくさん写真を撮りましたので、1度に紹介しきれませんでした。
続きは次回にしますね。



くっつき虫な猫

さわらは、くっつき虫です。
よほど眠いとき以外は、私のそばに居たがります。

といっても、ピッタリと寄り添うのが好きなわけはありません。
適度な距離を保ちつつ、私を誘います。
ダメだよ。今は遊べない。

¥9
あっ、こらこら。
キーボードを踏むんじゃない。
だから、ディスプレーが見えないってば。

ねぇ‥
P6257978.JPG
遊ぼうよぉ。
P6257982.JPG

負けた。
さぁ、おいで。

抱き上げようとすると、さわらは逃げます。
しっぽをピンと立てて、それはそれは嬉しそうに逃げます。

後を追いかけると
階段の途中で立ち止まり、振り返って私を待っています。

さわら~、待て、待て~。

期待を裏切れない私。

P6247790.JPG
昨日は、庭に遊びにいらしてくれたお客様に
おとなしく抱かれていました。
おぉ、珍しい。

一緒に記念撮影もしてもらって、ご満悦のさわら。
良かったね。
可愛がってもらえて。



おまけ

ラベンダーは花盛り
P7170408.JPG
クレマチス(サマー スノー)は、開花寸前となりました ♪
P7120062-001.JPG



2013年7月17日

銀河庭園 その3

一昨日、ローズフェスティバル開催中の銀河庭園へ行って来ました。

限られた時間だったので駆け足の見学となりましたが、
バラの最盛期にここを訪れたのは初めて。
やはり この時期の庭園は一味違いますね。

コンテナ栽培のバラで飾られた ツリーハウス
P7140155.JPG
銀河庭園は、自宅から車で10分くらいの所にあります。
我が家の庭では数日前からバラが散り始めましたが、
ここのバラはまさにピーク。
それほど離れていないのに不思議です。

ローズガーデン
P7140197.JPG
コガネムシをあちらこちらで見かけましたが、何故かバラが食害にあっていません。
これまた、不思議です‥。
P7140188.JPG
小さなバラの村では、庭園演奏会が開かれていました。
P7140194.JPG
イパネマの娘か‥。

緑の中で聴く、心地よいボサノヴァの調べ。
いいですね~。
P7140167.JPG
トレリスガーデンの花色は
P7140196.JPG
白と青の2色に絞っているそうです。
トレリスの青が、効いていますね ♪
(青い花は、カンパニュラ・ラクティフローラ)
P7140220.JPG

こちらは、銀河庭園に隣接する「みどりの牧場」。
ここで少しだけ 牧羊犬のショーを 楽しみました。

羊の群れを追い込む、ニュージーランドハンタウェイ(ボッシュ)と
P7140260.JPG
ボーダーコリー(メグ)。
ハンドラーとの息もぴったりでした。
P7140272.JPG
おとなしい羊さん
P7140286.JPG
3連休の中日だったこともあって、庭園は人でいっぱいでした。
経営者でもないのに 何故か安堵する、
恵庭市民おまさでした。




おまけ
P7140292.JPG



2013年7月15日

季節は移って

数日前から、カラッとした北海道らしいお天気が続いています。
あぁ、爽やか。

さぁ、今日も1日頑張りますか!

P7119664.JPG
庭の奥にまとめ植えしたアスチルベが、真っ白な花を咲かせ始めました。

白い花は、どんな色の植物とも喧嘩することがありません。
清楚でいながら華やか。
好きだよ~。
P7140091.JPG
下の写真は、クレマチス、ビオラ(ジャックマニー系)です。
今年サンガーデンさんで買ったばかりの苗ですが、立派に花を咲かせてくれました。
サンガーデンさんで扱っているクレマチスは3年苗の大株なので、とっても安心です。
P7119642.JPG
アンジェラは、はらはらと散り始めました。
P7119644.JPG
咲き誇っていたバラは、ピークを過ぎたものが多くなってきました。
入れ替わるように、アナベルの緑色の花が日ごとに大きくなっています。
P7140097.JPG
ナツツバキ(シャラ)の花も、一斉に咲き始めました。
P7119712.JPG
玄関付近の様子です。
遅咲きの白いバラが咲き始め、少し賑やかになってきました。
P7140122.JPG
こちらは、ランブラーローズの「サンダース ホワイト」。

丸みを帯びた小さな花が優しい印象で気に入っていますが、
鋭いトゲを持っていて、毎年 誘引をほどいて冬囲いするのが大変でした。
いちかばちか、去年の冬は思い切ってそのまま放置してみました。

結果、凍害で半分くらいになりましたが、
株が枯死することはなく、今年もちゃんと花を咲かせてくれました。
これなら上等。
来年もずぼら路線継続予定です。
P7140107.JPG
キッチンから、サマースノーの小さくて丸い蕾が見えました。
待っていたんだよ。

窓越しに、パシャ!

サマースノーは遅咲きのクレマチスで、センニンソウの仲間です。
夏の後半から秋にかけて、一重の小さな花を咲かせてくれます。
P7120063.JPG
おっ、ヒヨドリだ。
P7120055.JPG
狙いはジューンベリーの実です。
いいよ、食べて。
P7120064.JPG
わずかに残ったジギタリスの花には、マルハナバチがやって来ます。
背中が、白くなってるね。
P7119613.JPG
季節は移り、庭に咲く花も変わり始めました。

今年もありがとう。
咲き終わったバラの花柄を片付けながら、
思いっきり息を吸い込みました。



おまけ
P7018644.JPG



2013年7月10日

雨の降る前に

今朝方、たたきつけるような雨が降りました。
せっかく咲いたバラや草花が 雨で傷んでしまう前にと、
昨日のうちに写真を撮っておきました。

ノイバラはほとんど散ってしまいましたが、
アンジェラやアルバ・メイディランドは満開でした。


よろしければ、お庭へご案内します。
さあ、こちらへどうぞ。

ここは、通りに面した西側です。
ガレージの横は、白い花のコーナーになっています。
アナベルの花芽が少しずつ大きくなってきました。

外壁に誘引しているランブラー
「サンダース ホワイト」が、ポツリポツリと咲き始めました。
P7099502.JPG
正面から見るとこんな感じです。
ライムグリーンの葉をした木は、ナツツバキ。
上の方から花が開き始めました。
P7099505.JPG
出窓前のバラやアンジェラは、今が満開。
ラベンダーは、開花まであと一息です。
P7089357.JPG
ミックスボーダーの中に咲く、ブラザー カドフィール。
草花とよく調和します。
P7089406.JPG
スモークツリーは、もこもこ になってきました。
P7089368.JPG
アルバ・メイディランド
P7089366.JPG

キャサリン・モーレー
P7089382.JPG
さあさあ、奥にどうぞ。
P7089359.JPG
アーチに絡ませた、ジャックマニー系のクレマチスが 咲き始めました。
反対側に誘引したアンジェラとの相性、いいですね。
バラのいい香りがします。
P7089413.JPG
アーチをくぐり抜け、バックヤードの庭へ。
どうぞ、コーナーの椅子にお座りください。
P7099459.JPG
ここから見るパーゴラのポールズ・ヒマラヤン・ムスク、なかなかいいでしょ。
P7099473.JPG
カンパニュラ・ラクティフローラ
P7099492.JPG
椅子からの景色は いかがでしょう。
P7099483-001.JPG
そしてこちらは、ミヤママタタビ。
P6308426.JPG
北側の壁面に、こんなに広がりました。
P7059258-001.JPG
もう10年くらい経つでしょうか。

亡くなった夫が、1本のミヤママタタビの枝を
それはそれは嬉しそうな顔をして持ち帰りました。

「崖の縁にあって、取るのに苦労したんだぞ。」と言う夫。

めんどくさいなぁ~と思いつつ、「じゃあ挿し木にしておくから」と答え、
メネデール入りの水を入れた容器に放置しておきました。
「いつ地面に植えるの?」 と繰り返し聞いてくる夫に、
「芽が動いたらね。」と答える私。

どうせ上手くいきっこないと思っていましたが、
ひと月近く経ったある日、
ふと見ると枝から葉が出ていました。
あれ、ついてしまった。

夫は大喜び。
庭の目立つ所に植えようと大張り切りでしたが、
私はなんとかそれを阻止しようと必死でした。

「ミヤママタタビは日陰が好きなんだよ。」と夫に言い聞かせ、
庭の隅のアカエゾマツの裏に植えました。

「え~、そんな所?せっかくのミヤママタタビが‥。」
「いいの!ミヤママタタビのためなんだから。」
なんとか言いくるめてその場をやり過ごし、
しばらくその存在すら忘れていました。

ところがある日、洋書でミヤママタタビが壁面を美しく覆っている写真にばったり。
おぉ~、なんと素晴らしい。
私は慌てて庭の隅っこに走り、
ミヤママタタビは今の場所に移植しました。
悪魔のような私。

白やピンクに染まった葉を見る度、そのことを懐かしく思い出すのです。

ヒゲ君、ありがとう。
今年もたくさんの人がミヤママタタビを褒めてくれたんだよ。



おまけ
P7099427.JPG
ヒゲ君って、誰?



2013年7月 8日

真夏日

今日は真夏のような暑さでした。
日中は照りつける太陽で、バラの花は ぐったり。

昼間の室温は30℃、湿度60%。
ついでに私も、ぐったりです。
そろそろ扇風機、出そうかな。

P7059273-001.JPG
ハンギングの植物は、こんもりと育ってきました。
P7059272.JPG
こちらはバックヤードにあるランブラーローズ、
ポールズ・ヒマラヤン・ムスクです。

P7049190.JPG
白い花でまとめたコーナーでは
P7059260.JPG
グラミス キャッスルやホワイト メイディランドが
可憐な花を咲かせ始めました。
P7049175.JPG
こちらはクルマバソウ。
日陰にも耐え、下草として とても重宝な宿根草です。

本来春に花を咲かせますが、理由あって一部切り戻しをしたところ
新芽が出てまた花をつけるものが出ました。
P7069332.JPG
赤く色づき始めたジューンベリーの実を狙って
ヒヨドリがやって来るようになりました。

あのね、ホントはね。
赤い実よりも黒い実の方が甘くて美味しいんだよ。
P7049226.JPG
こちらは、ハキリバチにやられたバラの葉。
見事でしょ。
芸術的だと、つくづく感心してしまいます。
P7049219.JPG
お庭にいらしたお客様と一緒のさわら。
普段は私が抱っこしているので、こういう場面を写真に撮ることはできません。
この日は珍しく大人しく抱かれていました。

さわらを見つめる笑顔の、なんと優しいこと‥。
さわら、良かったね。
P7059300.JPG
ツンツン!
P7059303.JPG

おまけ

【 ツアーでいらした あなたへ 】
お尋ねの下草、サキシフラガ(ハルサメソウ)だと思います。


【 プードルとお散歩されていた あなたへ 】

ノーヴァーリスはフロリバンダの房咲きで、樹高が1.5mになるそうです。
大型のバラなので
今年は鉢増し(一回り大きな鉢に植え替える)して様子を見たとしても
来年は庭に定植した方が良さそうですね。

もし植え場所が決まりそうなら、最初から花壇に植えてもいいと思います。
日当たりと風通しが良くて
大きく育っても問題のない場所を選んでくださいね。


【 facebook のお知らせ 】
「ガーデニングの花咲かおまさ」の facebook ページはこちらです。



ねぇ、今回おまけ、多くない?
P7018658.JPG


2013年7月 7日

イコロの森

先日、苫小牧にあるイコロの森に行ってまいりました。

イコロはアイヌ語で、「宝物」を意味します。
豊かな自然に囲まれた「イコロの森」。
なるほど、ピッタリのネーミングですね。

チケットを購入して、頂いたシールをバッグに貼ってっと。
よし、行きますか。

よく手入れされた美しい芝。
気持ちがいいなぁ。

赤いレンガの道に続くアルケミラモリスも、
とってもきれい。
P7028980.JPG
シダも いいですね~。
P7029006.JPG
敷地内にあるイタリアレストラン「トマティーヨ」。
ちょうどお昼時だったので、先に腹ごしらえをすませることにしました。
P7028975.JPG

ちなみに私がいただいたお料理は、
粗挽きトマトカレーセット(サラダ、ドルチェ、ドリンク付き)。

今年の4月からの新メニューだそうですが、
トマトの酸味とスパイスのきいた絶品でした。
カレーの上に乗かった角切りのフレッシュトマトとチーズが
とてもいいアクセントになっていましたよ。

ドルチェ(デザート)の クリームブリュレも美味しかったなぁ。
あ~、また食べたい。

大きな窓越しに見える庭園は、もう一つの御馳走~。
P7028950.JPG
イコロの森には、たくさんの高木があります。
その使い方がとっても素敵なんです。
P7028983.JPG
チャイブやムラサキセンダイハギに、赤い花。
紫と赤は、私の大好きな組み合わせです。

背景にある深い緑や白い花、それに赤いレンガも
互いに引き立てあって、全てが調和していました。
ハイクオリティーだ~。
P7029011.JPG
ミソガワソウ
P7029023.JPG
ローズガーデン
P7029010.JPG
メギ
P7029008.JPG
ハマナス
P7029041.JPG
ムラサキセンダイハギ
P7029016.JPG
ゲラニウム
P7029043.JPG
ホワイトガーデン
P7028994.JPG
そして‥ナーサリー。
ここに来ると時間を忘れてしまいます。
相変わらず、魅力的な植物がいっぱいでしたよ。
P7029044.JPG
日陰の好きな植物は、ちゃんと屋根の下で管理されていました。
P7029048.JPG
帰り道、チケット売り場のそばにあった黒板に
「ヒマラヤの青いケシ開花中です。」
と書いてあったことを思い出しました。

しまった。
見落としている‥。



2013年7月 3日

初夏の庭 その4

いいお天気に恵まれた1週間でしたが、今日は朝から雨。
湿気を含んだ強い南風が吹き荒れています。
強風にあおられて、満開だったノイバラが散り始めました。

今年もいっぱい花を咲かせてくれて、ありがとう。
(写真は昨日の早朝に撮りました。)

P7028774.JPG
花壇に咲いている、白いジギタリス。
ほとんどが、こぼれ種から大きくなりました。

株の周りには、春に発芽した小さな苗がいっぱいです。
ジギタリスは2年草。
来年の花を期待して、大事に育てています。
(抜かないで放置しているだけなんですけれどね。)

P7028709.JPG
出窓のバラが次々に開花しました。
左から、ジョン・クレア、キャサリン・モーレー、ブラザー・カドフィール、
ジャック・カルティエ、スピリット・オブ・フリーダム、フェルディナンド・ピシャールです。

ラベンダーの蕾の色も濃くなってきました。
開花間近です。

P7028793.JPG
アーチのツルバラ(アンジェラ)が、パラパラと咲き始めました。

P7039139.JPG
鉢植えのゴールデン・ボーダーも、ここ数日で一気に開いてきました。

P7028797.JPG
ボーダー花壇では
アンブリッジローズとジギタリスが、いい仕事をしてくれています。
P7028813.JPG
マサコ(エグランティーン)も開花!

P7028820.JPG
そしてパーゴラに誘引したポールズ・ヒマラヤン・ムスクが、
ついに花の時期を迎えました。

P7028742.JPG
次々に咲き始めたバラの花。
この日のために、冬囲いをし、剪定をし、肥料をやってきました。

だから‥
どうかお願い。
ひどい雨が続きませんように。
強い風が吹きませんように。

P7039155.JPG



おまけ

P7018671.JPG
えっ、誰?