ホーム >

花咲か日記

2014年2月27日

エゾリス3兄弟

久しぶりにエゾリスを見ました。
というか、向こうから寄って来ました。

P2265356.JPG
私の足元にやって来て
後足で立って、真っ直ぐに私を見上げるのです。

近過ぎてシャッターが切れないので
後ずさりをして距離をとろうとしますが、すぐに近づいて来ます。

私、何も持ってないんだよ。

そうこうしているうちに、また別のエゾリスが現れました。
さっきのより毛の色が黒っぽくて、耳毛が少し短めです。

よし、君はブラッキーと命名してあげよう。
P2265215.JPG
最初に出て来た子は尻尾の毛がまばらなので、シン(thin)。
P2265209.JPG
2匹は、木の幹をぐるぐる走って追いかけっこを始めます。

と、そこへ現れた3匹目
この子は耳の付け根と尻尾が茶色いから、ブラウニーだ。
P2265338.JPG
3匹で走り回りながら、エゾリスは時々私の足元へやって来ます。
例のおねだりポーズで、じっと私を見つめるんです。

そうだ!トランクにクルミを入れてたんだ。
手土産に少しずつあげようね。

シンとブラウニーにはシャリシャリと音をたてて
すぐにクルミを食べ始めましたが、
ブラッキーはクルミを雪の下へ隠しました。

エゾリスも、アリタイプとキリギリスタイプに分かれるんですね。
P2265284.JPG
ところが、このクルミ。
その後、まんまとブラウニーに横取りされてしまいます。
P2265305.JPG
ちゃっかり者のブラウニー
P2265320.JPG
哀れなブラッキー
P2265045.JPG
今度会ったら、おまえにだけ特別サービスしてあげよう。





2014年2月25日

鳥見日和

降り続いていた雪がピタリと止み、
昨日今日と春を思わせる穏やかな陽気になりました。
鳥見日和です。

久々に訪ねた海で、カンムリカイツブリを見つけました。
凪ぎの海を、ゆったりと静かに泳いでいきます。
P2244331.JPG
突然、跳ねるように水面に飛び上がるカンムリカイツブリ。
まるで全身がバネになったようです。
P2244369.JPG
潜水ガモは皆、潜る前にこうして勢いをつけます。

私達がジャンプする前に1度しゃがむように
潜る前に軽く飛び上がるのです。


遙か上空を飛ぶ猛禽の姿が見えました。
オジロワシの若鳥です。
2mを超す巨大なオジロワシも、地上からだと豆粒です。
P2244425.JPG
こちらは、爆発頭のウミアイサ(オス)。
P2244758.JPG
そしてこちらは、シックな色使いがお洒落なシノリガモ。
P2244886.JPG
最後は、初見初撮りのコケワタガモ。
希少種です。

もし興味のある方がいらしたら、こちらをどうぞ。
http://tyunntyunn3479.blogspot.jp/2014/02/blog-post_25.html

P2244946.JPG
時々無性に海を見に行きたくなるのは私だけでしょうか。
海を見ていると、心が揺さぶられます。
もしかして前世、タコか何かだった?



おまけ
P2173302.JPG
タコってなぁに?





2014年2月23日

スノーシュー

昨日の朝、積もっていた雪を片付けた後で
久しぶりに庭を一回りしてみました。

庭の中には1mを超す雪が残っているので、
スノーシューを履いての庭めぐりです。

P2223618.JPG
長靴だと足はズブズブと沈み、膝上20cm まで埋まってしまいます。
こうなると足を抜くのにも一苦労です。
両足が埋まってしまったら、もう自力で這い上がることができません。

でもスノーシューを履けば、そんな心配は要りません。
まるで魔法がかかったようにスイスイ雪の上を歩けちゃう。

で‥歩きました。
ご近所の目を気にせず。

ラティスに絡ませたツルアジサイに、雪がどっかりと乗っかっています。
負荷がかかってラティスが傷むと困るので、そっと雪を払ってやりました。
P2223647.JPG
隣家との境界のフェンスは雪に埋もれてしまいました。
ヤマボウシも下半分は雪の中。
まるで低木のようです。

このチャンスを逃す手はありません。
晩秋の剪定でやり残したところを
チョキン、チョキン!
ギコギコギコ!

久しぶりの庭仕事、楽しいぞぉ~。

P2223662.JPG
降り続いた雪も、どうやら一段落。

スノーシューを履いているついでに、
リビングの前にできた雪山を移動させることにしました。
ママさんダンプとスコップを使って、頑張ること2時間。
よし、山が消えた。

雪なんて放っておけば自然に消えるのに?

実は 春にサイディング(コーキング)の工事を予定しているので
できるだけ早く外壁周囲の雪をなくしちゃいたい
というわけでして。

ホントは冬になる前に済ませたかったのですが、
業者さんの都合で遅れてしまいました。

もしかして4月、過ぎちゃうのかなぁ。
消費税、どうなるんだろう‥。



おまけ
P2173306.JPG
そんなことより、早く遊ぼ~。




2014年2月21日

睡眠不足です

このところ毎日雪かきをしています。
ドカ雪というほどではないのですが、そろそろ飽きてきました。
灰色の空ばかり眺めていると、無性に青空が恋しくなります。

P2173300.JPG
しばらく鳥見をお休みしています。

悪天候が1番の理由ですが、やる気も今ひとつ。
原因は、睡眠不足かな‥。
オリンピックが始まってから、ずっと真夜中に起きていますから。


それにしても、昨日(今朝)の浅田選手のフリーの演技は素晴らしかったですね。
ショートの失敗を引きずらず、あの演技。
胸を打たれました。


メダルには手が届かなくても、
精一杯のプレーは大きな感動を与えてくれますよね。

上村愛子選手とか、高橋大輔選手の時もそうだったな。
私、テレビを観ながら思わず叫んでいました。

ありがとう~!って。

オリンピック、いいですね。
寝不足の日、もう少し続きそうです。



P2163223.JPG
あたし、ハーフパイプをやってみたいです。




2014年2月18日

お箸置き

恵庭は今日も1日、強い風が吹き荒れました。
時折地吹雪で辺りが白く霞んで見えます。

出窓の外は増えた雪で
すっかり見通しが悪くなってしまいました。
P2183499.JPG
久しぶりの大雪。
さぞや積雪量が増えただろうと、アメダスのデータを確認したところ
驚くことにこれがほとんど増えていない‥。

そんな馬鹿な。
観測地の雪、強風で吹き飛ばされちゃったのかなぁ。



※※※ ※※※ ※※※ ※※※ 



ほどよい雪かきはいい運動になりますが、大雪が降った後は大変です。
疲れ果て、何もする気がなくなっちゃう。

夕飯を、ついつい宅配ピザや手抜き料理で済ませちゃったりして。

1人暮らしを始めてからは、大雪が降らなくても手抜き料理だらけ。
家族のためにならできたことが、自分だけのためとなると難しくて‥。
ダメですね。

最近になって気づいたんです。
食事のとき、お箸置きを使っていないこと。
「いただきます、ごちそうさま。」さえ言っていないこと。

P2183451.JPG
P2183459.JPG
誰かのためにできたこと、自分にもしてやろう。
せめてお箸置きだけでも。

今日はどれにしようかな。

いただきます!
ごちそうさま!



2014年2月16日

春の予感

湿り気のある雪が降りました。
強い風が それを吹き飛ばし、所々に吹き溜まりができました。
P2163187.JPG
気温が高い日に降る雪は雪かきが大変です。
腰を落として、体全体を使ってエイ!
エイ、エイ、エイ!

歩く度 キュッ、キュッと音がしていた雪道は、
いつの間にかギュウギュウという音を出すようになりました。


晴れた日の光は強さを増し、
ネコヤナギの冬芽には光沢のある綿毛が見えるようになりました。
P2143066.JPG
眩しい‥。
P2143074.JPG

雪に覆われた北海道。
それでもそこここに 春の兆しが見え隠れしています。




2014年2月13日

ピッカピカ君

先日嬉しいことがありました。
とびっきりのグッドニュース。

ドーン!
P2060770.JPG
息子夫婦にピッカピカの男の子が生まれました~。


ピッカピカ君、
もう少し先になるけれど、君の顔を見に行くからね。
ママのおっぱいをいっぱい飲んで、元気でいてね。

会ったときにはヒゲ君の分まで 思いっきりギュッてさせてね。

生まれて来てくれて、ありがとう。
本当に ありがとう。




2014年2月12日

オジロワシ

厳しい寒波が遠ざかり、今日の最高気温は氷点下1℃台まで上がりました。
凍りついていた長都沼にも水面が広がり、沼にまたオオハクチョウが戻って来ました。
P2122528.JPG
展望台から100mほど歩いた先で、オジロワシを見つけました。

獲物を足で固定し、鋭いくちばしで引きちぎるようにして食べています。
何やら黒い棒のようなものを丸呑みにしました。
何だろう、アレ?
P2122192.JPG
家に戻って謎は解けました。

オジロワシの足にぶら下がっているのは、オナガガモの首や頭。
先ほどの黒い棒は、オナガガモの足でした。
P2122239.JPG
現場にいらした方から、獲物を仕留めたのはオオタカで
それをオジロワシが横取りしたのだと教えて戴きました。

残酷なようですが、これが自然のルール。

P2122635.JPG
毎日がサバイバルの野生動物。
もし私が人間じゃなかったら、きっと1日でアウトだろうな。

生死をかけた攻防が、そこここで繰り広げられています。



おまけ

P1196752.JPG
あたしも無理です。




2014年2月 9日

独り言

「 もったいないね。」

近頃、そんなふうに言われることが増えてきました。

P2091554.JPG
「趣味のガーデニングや写真を、もっと活かせばいいのに。」

ありがたいお言葉です。


ただ‥
案外本人は この生活に満足しているのです。

庭いじりをして、野山を散策して、いい空気を吸って、写真を撮って、
ブログを更新して、オープンガーデンに参加して‥。

外で仕事をするような収入こそありませんが、
少なくても私は今の暮らしに不満がありません。

幸せのはかり方は人によってまちまちです。
お金や誰かからの賞賛より、家族の笑顔や平凡で静かな暮らしに価値を見出す。
そんな物差しがあってもいいと思うのです。
(もちろん、最低限のお金は必要だけれどね。)

来週からは寒気が緩むそうです。
池の氷がとけるのが楽しみで仕方がありません。
ヨシガモ、もうちょっとの辛抱だよ。




2014年2月 7日

ガーデニングの風

先日、花仲間とのちょっとしたお食事会がありました。
笑い声の絶えない楽しい時間。
あ~、幸せ。
P2050737-001.JPG
後半はオープンガーデンについての意見交換。
より良いオープンガーデンに向けて、みんなで知恵を絞り合いました。


恵み野のオープンガーデンは基本的にボランティアでやっていますが、
わずかですが例外もあるそうです。
それらのほとんどは、東日本大震災の募金として寄付されていました。

我が家の庭が 少しでも震災の復興に役立っているのかと思うと、
嬉しくなってしまいます。
P2050754-001.JPG
今朝の恵庭の最低気温は、氷点下21.5℃。
庭は雪で埋もれています。

直接庭いじりはできないけれど、
ガーデニングの風が少しずつ吹き始めました。

春になったらミヤママタタビの赤ちゃんを移植しよう‥。




2014年2月 4日

特別の日

今日はたくさんの鳥に出会えました。
待ちわびていたウソの群れや

アカウソ(オス)
P2040368.JPG
ウソ(メス)
P2040390.JPG
真っ赤なベレー帽を被ったクマゲラ。
P2040259.JPG
日本で1番小さな鳥、キクイタダキや
P2040097.JPG
P2040142.JPG
ベニヒワ(メス)
P2040400.JPG
P2040442.JPG
それに 夏鳥(北海道)の ルリビタキにも!
P2040516.JPG
鳥見をしていると、空振りや待ちぼうけばかりで
とことん運に見放されたような気分になることがあります。

それでも止めないで続けられるのは、
時々こうした幸運に出会えるからかもしれません。


ブログの写真は全て、大きな画像で見られます。
カチッ!




2014年2月 1日

雪だるま

雪だるまを作りました。

P2019506-001.JPG
目と胸のボタンはロサ・グラウカの実で。
鼻は人参。
口と手はロサ・グラウカの枝で。

手頃な帽子はすぐに見つかりましたが、
マフラーが見当たらず、その辺にあった青い紐を首に巻いてやりました。

明日の予報は‥
最低気温が-12℃で、最高気温が-1℃。
とけちゃうかな。


おまけ

P2019479-001.JPG