ホーム >

花咲か日記

2016年2月28日

霧氷のち大雪のち雨


激しく降り続く雪の向こうで 雷が鳴るのが聞こえました

ママさんダンプで雪を運びながら
これは大荒れの天気になる と覚悟をしていましたが

雪は昼前には雨になり
降り積もった雪は一回り小さくなりました

寒さが緩みました



昨日までは真冬の寒さでした

長都沼では霧氷を背景に わずかな開水面に
ハクチョウの舞い降りる姿が見られました


P2287384.JPG

霧氷は9 時を過ぎても とけずに残っていましたが
やがて太陽にとけ はらはらと散っていきます

儚さゆえの美しさ
私にはないものだな‥

P2287430.JPG

明日は天気が回復するでしょうか
飛行機 飛ぶといいんだけれど‥



おまけ

P2270011.JPG
儚さ 確かに‥



おまけのおまけ

P2287343-001.JPG
ハクチョウの足は意外に短い
親近感 わくわ~!

P2287351.JPG



2016年2月27日

撮られるの苦手です

朝日で目が覚めました

冬晴れの1日になるかと期待しましたが
今はすっかり曇り空

寒く薄暗い天気が続くと 太陽が恋しくて仕方がありません


ねぇ さわら
おまえもそう思うでしょう

P2270039.JPG

さわらは写真を撮られるのが苦手です

かわいい表情に出会うと
つい撮りたくなるのだけれど

レンズを向けけた途端 大抵はこ~んな顔になります
( おぉ 怖い‥ )

P2270002.JPG

もしくは こんな感じ

プイ!

P2180051.JPG

何かに夢中になっているときや驚いたときは
素の表情を見せてくれるのですが
1人だとこれがなかなか難しい


奇声を上げてみたり 大声で歌ってみたりと
あの手この手で写真を撮ります
さわらにすれば いい迷惑なんですけどね‥


びっくりぽん だす

P2250016.JPG

ねぇ さわらさん
もう少しだけ愛想よくしてもらえないでしょうか

決してポーズをとれなんて言わないから‥




2016年2月25日

ありがとう 道東

今朝は冷え込みました
4時の気温は 氷点下18.3℃

玄関を出て1歩踏み出した途端 
まるで靴底に接着剤が張り付いたみたいに ネチャッとします

寒さで タイルに靴底がくっついているのです

じっとしているとそのまま固まって動けなくなりそうな気がして
慌てて雪道まで移動しました



道東への遠征中も これに負けず劣らず寒い日が続きました
気温もそうですが とにかく風が強かった~


旅の最終日
阿寒国際ツルセンターに着いたのは 餌まきが終わったあとでした


タンチョウ

P2127131.JPG

それでも まだオジロやオオワシの姿があって
時々魚を狙って雪原に舞い降りる光景も見られました

残念ながら最終日の後半は曇り空でシャッタースピードが上がらず
写真はどれも今ひとつでしたけれど
間近にタンチョウを見ることができ大感激です


P2126769.JPG

敷地内ではオジロやオオワシの他にもトビやカラス
キタキツネの番いを見ることができました

ふわふわのしっぽをした毛並みのいいキタキツネ
この時期本来の姿です

P2126713.JPG


ちなみに下の写真は 遠征1日目に釧路で撮ったタンチョウです
阿寒にもこの明るさが欲しかったな~

なんて‥贅沢?


P2104564.JPG

道東での3日間は 夢のような時間でした

そうそう 帰り道に食べた厚岸(コンキリエ)のカキフライ 最高でした
アサリのお味噌汁も絶品でしたよ~

この旅でまた道東が好きになりました


さあ 私の道東への旅のお話はこれでおしまいです

まとまりのないへなちょこ旅行記に
長々とお付き合いくださったみなさん
ほんとうにありがとうございました

ぺこり!


おまけ

P4186807.JPG
ただいま さわら




2016年2月24日

小顔のさわら

しんしんと雪が降っています

薄暗いうちに1度雪かきを済ませましたが
新しく置いた小鳥用のりんごの上に また雪が積もってしまいました

吹いたら飛ぶような さらさらの軽い雪です

気温は氷点下10℃近く
今日は冷え込みました


一昨日は猫の日だったのだそうです
2月22日 にゃんにゃんにゃん

P2160010.JPG

じゃあ犬の日は ワンワンワンで 1月11日?
それとも 11月1日?
いや 11月11日ってこともある‥

で ネットで検索してみたら11月1日が正解でした



猫の日
さわらには新しいダンボールをプレゼントしてやりました

P2180026.JPG
いくつになっても段ボールが大好きなさわらさん
もう子どもじゃないのにね


先日道東で見かけた猫さんは 固太りのガッチリとした猫さんでした
顔の造作はさわらに似ているのに 印象がずいぶん違って見えるのは
顔全体の大きさの違いのせいかもしれません


P2126254.JPG

小顔のさわらは
ただ今ベランダの前で鳥見中です

ガラス越しの猫にすっかり慣れたシジュウカラが
ヒマワリの種をつついています

コンコンコン



2016年2月21日

サバイブ

今回は風連湖で目にした光景から‥ 

P2115751.JPG

すっかり結氷して どこから見ても雪原にしか見えない風連湖
この日も強い風が吹き荒れていました

寒さに震えながら湖に目をやると

魚を咥えたキタキツネが一目散に逃げて行きます

極端にしっぽの細い 毛並みの悪いキタキツネです
疥癬症に侵されているのかもしれません

P2115723.JPG

キタキツネの小さな影の近くに 別の大きな影が迫って来ました

立ち止まり 振り向くキタキツネ

P2115719.JPG

キタキツネを追っているのは オオワシの若鳥達でした
どちらも腹を空かしています

P2115730.JPG

羽を広げれば2mを超す大型のワシが
1匹の魚を横取りしようとやって来ます

P2115741.JPG

何度もアタックをかわしていたキタキツネですが

P2115744.JPG

森に逃げ込む前に
とうとう 咥えていた魚を離してしまいました

P2115749.JPG

オワシの若鳥は魚を掴み
上空へと舞い上がります

P2115755.JPG

キタキツネは力なく森の中に消えて行きました


P2115830.JPG

氷の冷気を含んだ強い風が吹きつけ
完全防備をしていても 寒さで体がガタガタと震えてきます

外での撮影は9分が限界でした

暖かな車に逃げ込みながら
毛の抜けたあのキタキツネが不憫でたまらなくなりました

みんな生残るために必死です



2016年2月19日

エゾシカとコオリガモとワシと朝日


道内に暮らす私にとっても 道東は憧れの地です

北海道で見られる オジロやオオワシ タンチョウなどのほとんどは
道東に集まっています

エゾシカやキタキツネにしても
自然豊かな道東で見ると なんだか少し違って見えるから不思議です


エゾシカ
P2126429.JPG

今回の旅行の目的は 豊かで美しい道東の風景や
そこに生きる野生動物の写真を撮ることでした

限られた時間でしたが
道東で見たもの 感動したものは数多く いずれも深く心に残るものでした

今月14日から 時間の経過に沿って写真を紹介してきましたが
今回からは あえて時間の流れを無視して写真を掲載したいと思います
 
冬の道東の風景だと思って ざっくりとご覧いただければ嬉しいです


雪原のエゾシカ (走古丹)
P2115503.JPG

コオリガモ (歯舞漁港)

P2116090.JPG

オジロワシ (別海町)

P2115330-001.JPG

一本松 とオジロワシ(別海町)

P2115344.JPG

落石の日の出

P2126202.JPG

P2126216.JPG

P2126256.JPG

P2126221.JPG

オオワシ (野付半島)

P2105005.JPG

風連湖

P2115709.JPG
キタキツネ (別海町)

P2115295-001.JPG
 
オオワシ・オジロワシ(風連湖)

P2115851.JPG

次回は風連湖で見た忘れられない光景を紹介したいと思います
この撮影旅行で1番印象に残る光景でした




2016年2月18日

極寒の夕日

野付半島の夕日は ジーンと胸がしびれるような
とびっきりの夕日でした

P2100246-001.JPG

その美しさにすっかり心奪われ

強風によろめかぬよう足を踏ん張りながら ふと前を見ると
少し先に やはり同じようにカメラを構えた人影が見えました

船に寄りかかりながら
雪原に腰をおろしながら

舞い上がる地吹雪の向こうを見つめています
  
P2100192.JPG

凍えるような寒さの中で見る夕日は
何処にもない たったひとつの今日の景色

同じ景色を見ている名前も知らない誰かの背を
これほど愛おしく思えるのは
もしかしたら可笑しいほどの この寒さのせいなのかもしれません


P2100209.JPG

翌日は根室半島に向かいます




2016年2月17日

雲海のよう

遮るもののない野付半島

海を渡ってきた強風が 降り積もった雪をさらい
真横に吹き飛ばしてゆきます

アスファルトの上ではまるでドライアイスのように無秩序に
雪原の上では規則正しく右から左へと流れます

傾いた陽が雪原をオレンジ色に染め始め
辺りが一気に幻想的になります

突き刺すような風の痛みを忘れ夢中でシャッターを切りました

これは まるで雲海だ‥



撮影日 2016/2/10

2016年2月15日

地吹雪

旅の始まりです
さあ 何から書けばいいでしょう

出発の予定時間は朝の4時30分でした

目覚めてすぐ
窓の外がぼんやりと赤く見えることに気づきました

雪です

午前3時
大急ぎで身支度をすませ 降り積もった雪を片づけます


旅は写真仲間と一緒でした

車を交代で運転します
私の担当は占冠から白糠まで
薄暗い雪道を走ります

2車線になると後ろから車が追い抜いて行きます
みんな 飛ばしています


最初の目的地は野付半島でした
途中で少し寄り道したので 着いたのは昼過ぎです

野付には とびっきりの青い空が広がっていました


P2104818.JPG

降り積もった雪が 陽の光でキラキラと輝いています
結晶のままの雪が光っているのです

きれいだけれど 寒い

寒いのは気温のせいばかりじゃありません
立っていられないほどの強風が 積もった雪を吹き飛ばしていきます

オジロワシの足元は地吹雪で霞み




雪原には雪の風紋ができ

P2100094.JPG

荒い波がブロックに砕け 白いしぶきが飛び散ります

P2105155.JPG

上空を舞うオオワシも 風のせいでスピードダウン

P2104938.JPG

一瞬 風が弱くなりますが
( 海の向こうに見えるのは国後です )

P2100087.JPG

すぐにまた風が雪を舞い上げます

P2105074.JPG

夕方 傾いた太陽が雪を照らします
吹き荒れる風がその雪を吹き飛ばします
流れる雪

それはまるで雲海のようでした

P2100176.JPG

動画も撮ってみました
次回に紹介しますね



2016年2月14日

道東へ

朝から雨が降っています
5日ほど前に降った まとまった雪も この雨でずいぶんとけました

今日の最高気温は6℃
2月と思えない暖かさです


3日間ほど道東に撮影旅行に行っていました

自然豊かな美しい道東
夢中になってシャッターを切っていたら
いつの間にか3,000枚近くの写真になっていました

撮るのは楽しいけれど 写真の整理は大変~
目をしょぼしょぼにしながら頑張っていますが なかなか追いつきません

取りあえずタンチョウの写真を1枚選び ブログを更新することにしました


P2126748-002.JPG
撮影 阿寒国際ツルセンター


写真の整理が出来次第 道東で見た風景を紹介しますね~


おまけ



P1230016.JPG
寂しかったな‥



2016年2月 9日

寒さが緩んだ

寒さが緩みました

夜明け前
湿った重い雪が強風に煽られて飛んでゆきます

このまま降り続いたら 雪かきが大変だろうなぁ
と気を揉んでいましたが
昼前には強い風も雪もおさまり 青空が広がりました

積もった雪は8㎝ほど
大雪にならなくてよかった‥


ランブラーローズにぶら下がった氷柱を
ポキリと折って雪に刺してみます

P2090036.JPG

窓についた水滴は 気温が上がった証

ただ今の気温 3.9℃
さわら 今日は暖かいね

P2090008.JPG

さっぽろ雪まつりの雪像 大丈夫かな
 


 

2016年2月 7日

花氷

今日も冷え込みました

朝7時の気温は 氷点下19.9℃
まるで冷凍庫です


気温が低すぎたのが悪かったのでしょうか
それとも 水道水をそのまま使ったのがいけなかったのでしょうか

初めて挑戦した花氷は 透明度が今ひとつでした


失敗作
P2070017-001.JPG

きれいなお花だったのに ごめんね

P2070037-001.JPG

透明度の高い氷を作るには できるだけ不純物を除いて
時間をかけてゆっくりと凍らせるのがよいのだそうです

作る前にちゃんと調べておけば良かったな



※※※ ※※※ ※※※ 



毎日餌台にやって来る 番いのシジュウカラ

そのうちの1羽が
今日は姿を見せませんでした

昨日からひどく体調が悪そうで心配していましたが
今日は特別寒かったからなぁ


P2064112.JPG

もう1羽のシジュウカラが さかんに鳴いています
見えなくなったパートナーを呼んでいるのでしょうか


厳しい寒さも あと少し
もう ひと頑張りで 春がやってくるからね



2016年2月 5日

夢の話 その2

立春に合わせたかのように寒さが緩みました

例年より雪の少ない道央
このまま雪どけが進み 春がやってきそうな暖かさですが
どうやらそれも今日までのこと

明日からはまた寒くなるのだそうです

エゾリス
P1292682.JPG
アメリカヒドリ
P2043889.JPG

コミミズク
P2033379.JPG

コミミズク
P2033651-002.JPG

むかわ漁港
P2033773.JPG

むかわ町
P2033811.JPG

今朝夢をみました

すっかり老婆になった私が
不審な男の侵入を防ごうと
必死に玄関の引き戸を閉めようとしていました

でも思うように戸は閉まらず
周りに助けを求めるため叫ぼうとするのですが 声が出ません

絞り出すようにして出た声は
かろうじて聞きとれるかどうかというもの

それでも必死に叫び続け
ようやく声が出るようになったと思ったら

いつのまにか泥棒が 引き戸にぴたりと身体を寄せています

私はいよいよ大きな声で叫びます

助けて~! 泥棒~!

その声で はっと目が覚めました
私のお腹の上に さわらがちょこんと立っていました


P1280007.JPG


引き戸伝いに感じた泥棒の気配は
さわらのそれでした

私のただならぬ様子に じっとしていられなくなったのでしょう 


驚かせて ごめん


2016年2月 2日

フローズン パンツ

アメリカで ジーンズを凍らせて遊ぶ
フローズンパンツ(Frozen Pants) というものが流行っているというので
試しにちょっとやってみました

今朝の恵庭島松の最低気温は氷点下11℃

昨夜からベランダに干してあったジーンズは
朝 バリバリに凍りついていました

とりあえず 庭で記念撮影

P2020026.JPG

一緒に凍らせていた厚手のロングTシャツを着せて カシャ!
シュールな映像‥

P2020048.JPG

暗闇の中でこれを見たら ちょっと怖いかもしれませんね

P2020028.JPG


おまけ

P1290115-001.JPG



2016年2月 1日

犬ぞりレース その2

前回に引き続き
犬ぞりレースの会場で撮った写真から

お天気に恵まれた土日(1/30・31)
会場のえこりん村にはたくさんの観客が集まりました

でも白熱するレースを観戦していたのは 人ばかりじゃありません


P1310630.JPG

賢そうなゴールデンレトリーバーや

P1310550.JPG

英国紳士みたいなミニチュアシュナウザー

P1310560.JPG

存在感抜群の ボストン テリア

P1310600.JPG

そして この子は走る方のわんこ
グレイハウンドの仲間でしょうか

休憩中 オーナー特製スープを美味しそうに飲んでいました

P1310478.JPG

ファイターズ好きのサモエドや

P1310499.JPG

犬種は分からないけれど
赤と黒の洋服がお似合のお洒落さん

P1310525.JPG

サルキー ・ バーニーズ ・ プードル
秋田犬 ・ シベリアン ハスキー

会場は おめかしをした犬でいっぱいでした


真っ青な空 降り注ぐ太陽
幸せそうな人と犬

自然に私も笑顔になります


家族連れの
パパの肩の上からの眺めは どうかな?

P1310549.JPG

木の上からの眺めは最高でしょ?

P1310539.JPG

長い北国の冬 楽しまない手はありません



おまけ

P1300017.JPG
あたしは 遠慮しておきます