ホーム >

花咲か日記

2017年4月27日

恵庭公園で

ユカンボシ川のほとりで のんびりと鳥見
 

水面にできた葉っぱの影や

P4270153-001.JPG

美味しそうに揺れるクレソン
 
P4270164-001.JPG

ぷかぷかと浮いた鳥の羽を眺めていたら

P4270145-001.JPG

ルリビタキが ひょっこりと現れました

苔むした倒木の上を あっちへ行ったり こっちへ行ったりと
ずいぶん忙しそうです

こんにちは

お山に戻る前に寄ってくれたの

ルリビタキ(オス若鳥)
P4268256-001.JPG

芽吹き始めたばかりの森はまだ明るくて
新緑のそれとは少し違って見えます

アカゲラのドラミングも
ヤブサメの鳴き声も
どこか爽やかです

P4268147.JPG

アズマイチゲが満開になり

P4270219-001.JPG

エゾエンゴサクの開花が進み
ニリンソウやエンレイソウが蕾をつけ始めました

P4270192.JPG

ゴジュウカラが2羽
1羽が羽をふるわせ 甘えています

クロツグミの美声に耳を傾けながら
思いっきり深呼吸

恵庭公園 大好き!




おまけ

P4270005-002.JPG
とろとろとろり



2017年4月26日

恥ずかしい話

一昨日 さわらのごはんを買いに 動物病院に向かったんだけど
珍しく車が1台も停まっていない

そうだ
午後の診療は4時からだった‥

動物病院を素通りし Uターンをして帰宅

午後4時を過ぎて 今度こそ動物病院に到着

変だな 他の車がないけど
なんでだろう

入口にかかった 本日休診の札

嘘 今日月曜日?


マジか?
P4220053.JPG

久しぶりにスカートをはいて 映画を観に行ったときのこと

チケット売り場に並んでいたら
後ろに居たおじさまが

ぶっきらぼうに 「スカート」 と言う

咄嗟になんのことかわからず ぼんやりしていたら
私の腰のあたりを指さし
再び 「スカート」

もしやと思い お尻のあたりを触ってみたら
スカートがごっそりストッキングの中に入っていた

いや~!

「失礼しました」 でもなく 「ありがとうございました」 でもなく
私から出てきた言葉は 「いや~!」

スカートを元に戻しながら レストルームに猛ダッシュ!

さすがにこのときは ちょっと落ち込んだ‥

おじさま 数々の失礼を どうぞお許しください


アズマイチゲ
P4247540.JPG

先日 灯油を入れにガソリンスタンドに行ったときの話

1缶 18 リットルのポリタンク 2缶

合わせて36 リットルを指定し
半分入ったら 次のポリタンクに入れようとしたのだけど

2つめのタンクから灯油があふれそうになった

あれっ もしかしたら2つめのタンクに灯油が残っていたのかな?
ちゃんと 16 リットル入れてから次のタンクに移したのに‥

と友達に話たら

16 リットル? 1缶 18 リットルでしょ
と笑われた

18 × 2 だから36 と思っていたのに
なんでいつの間に 36 ÷ 2 が16 になっちゃったんだろう

あぁ まったく情けない


最近は 誰もがみんな天才に見える
どうしてみんな失敗もせず ちゃんとやっていけるのだろう

友だちは笑いながら
みんな失敗してるんだよ
言わないだけだよ

そう言って慰めてくれたけど 私 大丈夫かぁ?




2017年4月25日

八重咲きサンギナリア

つくしみたいだったサンギナリアが 変身しました

ほらね

P4240018.JPG

ぐるぐる巻きになっていた葉も 開いて
ようやく葉らしくなりました

(こちらは開く前の様子)
P4230061-001.JPG


昨日 全ての塗装が無事に終わり
コーキングも今日と明日でお終い ♪

やった~!

と浮かれていたら
たった今 雨が降り始めました

日中はもってくれるかと思ってたんだけど 残念
今日の作業は これで終わりかな


P4230002.JPG

手入れの行き届かない庭で チューリップがぐんぐん育ち

P4240028.JPG

芽吹き始めたバラやラベンダーは束ねられたまま

P4240030.JPG

大枚はたいて買った 黒いヒヤシンスは
運悪く ここの真下

P4240024.JPG

足場が片づいたら

冬囲いをとって 花壇に堆肥を鋤き込んで
バラの剪定と誘引をして
そうそう肥料もやらなくちゃ

鉢植えの植え替えもあるな

忙しくなるぞ
覚悟はできてるかい

ねぇ さわら




おまけ

P4220046.JPG
アンモナイト~




2017年4月23日

セアノサス


本格的なガーデニングは 外壁工事が終わってから
そう思ってはいるのだけれど

ぽかぽかと暖かな日は ついナーサリーに足が向いてしまいます


先日 店内に飾られたセアノサスの大鉢を見て
また悪い病気が出てしまいました

欲しい欲しい病‥

今年は鉢植えを増やすのはよしておこうと思っていたはずなのに
あの数え入れないほどの青い花を見たら もう我慢ができませんでした


セアノサス ( 別名 カルフォリニアライラック )

学名  Ceanothus クロウメモドキ科 セアノサス属

常緑低木(半落葉低木)  開花期 春から初夏

P4230093.JPG

セアノサスの存在を知ったのは ガーデニングを始めて間がない頃

当時教科書代わりに読んでいた本に
崇拝するガーデナー ラッセルさんお勧めの低木として紹介されていました

ただこのセアノサス あまり耐寒性がありません

-5℃以下になると冬越しが難しいので
北海道辺りだと冬は屋内に取り込む必要があります
( 関東以南は屋外で越冬可能 )

したがって 寒冷地での栽培は鉢植え

ガーデニング初心者の私が育てるには
難易度が高すぎると諦めたことを覚えています


ちなみにセアノサスの栽培ポイントは
日当たりと風通しのよい場所で乾燥気味に育てること
過湿になると枯死してしまうようなので 要注意です



※※※ ※※※ ※※※ ※※※




朝方 濡れていたアスファルトはすっかり乾き
養生シート越しに青空も見えます

しばらくお休みだった工事が再開しました
今日は塗装屋さんが入っています

お天気がいいのは 明後日まで
コーキングに足場の撤去
間に合うといいんだけど



おまけ

P4190017.JPG
ケセラ~セラ~ ♪

93 ちゃん 8 ちゃん 
あたしに会いに来てくれてありがとう




2017年4月22日

春の風景 エゾアカガエル

キャララ キャララ

森の中を散策中 聞き慣れない鳥の声が聞こえてくる
それも大合唱だ

ドキドキしながら鳴き声の方に進むのだけど
近づくとピタリと鳴き止む

辺りに鳥の姿はない

諦めてその場を離れるのだが
しばらくすると またしてもあの大合唱が聞こえてくる

そんなことを何度か繰り返し
狐につままれたような気分になったことがある

あれは 今から何年くらい前のことだったろうか


P4217327.JPG

その後 写真仲間から
それは蛙の鳴き声だと教えられたときも
にわかには信じがたかった

だって 蛙といえばゲコゲコでしょ




エゾアカガエルは 日本では北海道でしか見られない蛙だそうで
オスの体長はおよそ5 cm
メスはそれより一回り大きく 7 cm くらいはあるとのこと

見慣れたアマガエルは2~4.5 cm というから
ずいぶんと大きい

鳴くのは繁殖期の雄だけ

キャララ キャララの鳴き声は
北国の春の風物詩となっていた


P4217338.JPG


手前に光って見えるのは エゾアカガエルの卵

P4217287.JPG

冬眠から目覚め 森の小さな小さな池で
恋の歌を歌うエゾアカガエルの雄達

今は心から いいな と思う


P4217288.JPG

P4217318.JPG

昔私は蛙が大の苦手だった

蛇よりも トカゲよりも ゴキブリよりも
なによりも怖かった


P4217323.JPG

特に危害を加えるわけでもなく
それほどグロテスクというわけでもないのに

あのヌメリが嫌だったのか
車にひかれてぺしゃんこになった姿が嫌だったのか

蛙を思い出そうとすると
理科の授業で 解剖のためにはりつけにされた姿と
湿り気のある生臭い感覚が思い浮かんでしまい
どうしても好きになれなかった


そんな私が変わることができたのは カメラのおかげ
レンズを向けると 蛙はすてきな被写体に変わった

エゾアカガエルに梅雨時の生臭さはなく
むしろ春の到来と生命の息吹を感じさせる

今ならアマガエルを見ても平気かもしれない
触る自信はまだないけれど




おまけ

P4170006-001.JPG
カエルぴょこぴょこ みぴょこぴょこ




2017年4月20日

春の風景 田舎道

北海道に移り住んだ頃は 驚きの連続でした

真っ直ぐな広い道
終わりのない大地の広がり
美しい白樺並木
煉瓦造りのサイロ

身近に見られる風景にも どこか異国情緒が漂っていて
毎日が夢心地でした

あれから22年と半年

さすがにもう 真っ直ぐな道を見ても驚かなくはなりましたが
こういう景色に出会うと やっぱり感激しちゃう

The 北海道って感じで


P4160056.JPG

P4160070.JPG

P4160027.JPG

P4160037-002.JPG

P4160068.JPG



※※※ ※※※ ※※※



さて ここちらは我が家

着工した頃は晴天続きでしたが 最近は雨が多くて
思うように工事がはかどりません

それでも 屋根の塗装と 2階のサイディングボードは張り終わりました
残りは1階の塗装と全体のコーキング

大型連休前に終わって欲しかったけど
どうかなぁ‥

束ねたままのバラの芽が今にも動きだしそうで 少々気が揉めます


P4140024.JPG

こちらは残ったサイディングボードの切れ端 
といっても 40数㎝×1m くらいのサイズです

将来のために捨てないで取っておくことにしました
なにかあったときに使えるかもしれませんものね

1枚10Kg ほどのボードを8枚
物置にキープです

力仕事 続くなぁ‥

P4140009.JPG
裏 表 裏 表 表




おまけ

P4170074.JPG
あたしも手伝うよ 力仕事



2017年4月17日

春の風景 マイガーデン

張りたてのサイディングボードを
横殴りの雨が濡らしてゆきます

昨日までのいいお天気が嘘のような ひどい降り方です
コーキングがまだなのにな‥


我が家の庭のエゾエンゴサクが ぽつぽつと咲き始めました

透き通るような青い花です

数えるほどしかないから
青い絨毯というわけにはいかないけれど
それでも うれしくて うれしくて

地面に這いつくばって 張り切ってシャッターを切っています

エゾエンゴサク
P4170025-001.JPG

あっ サンギナリア見~つけ ♪

地面からひょっこり顔を出したサンギナリア

この時期 遠目にはつくしにしか見えないんだけど
花が咲くと それはそれはゴージャスで

ここで踏まれるわけにはいかないと
花芽のそばに1本1本割り箸をさしました

とりあえず 割り箸を抜いてから ‥ パシャ!

八重咲きサンギナリア
P4170048-002.JPG

こちらは芽吹いて間がないアルケミラモリス

まだまだ小さな葉だけれど
一人前に朝露で着飾って きらきら~ ♪

きれいだよ

アルケミラ モリス
P4170041-001.JPG

ニゲル(クリスマスローズ)は 今ちがょうど満開の時期
おまえもちゃんと撮ってあげるからね

P4170006.JPG

昨日は風のない穏やかな いいお天気でした

大工さんの休憩時間を狙って さわらを庭に連れ出しました
薄暗い家の中だけじゃかわいそうだもんね

気持ちいいね

足場の下で ごろ~ん
P4170014.JPG

‥の予定でしたが
お天気のいいうちに作業を進めようと
大工さん 休憩返上で作業を続行

P4140023.JPG

ステップの上を大工さんが移動するたび
さわらの顔も右へ左へ

P4170067.JPG

ガラガラガラ!
大きな音がするたび びくつくさわら

これじゃ落ち着かないね

カメラを肩にかけ さわらを抱き上げ
撤収~!


ウィ~ン!ウィ~ン!ウィ~ン!

P4140017.JPG
さわら おまえの しっぽ (笑)




おまけ

P4170042.JPG
これ 何?





2017年4月16日

春の風景 ビニールトンネル


のどかな春の光景に出会いました

霜よけのビニールトンネル張りです

なだらかな傾斜の畑の向こうには
春霞にとけこんだ山と針葉樹の林が広がるだけ

とても住宅地から1Km と離れていない場所とは思えません

P4150110.JPG

それまで土色をしていた畑は あっという間に白一色に早変わり
 
P4150099.JPG

行儀よく並んだビニールトンネルは まるで真珠の粒のようです

P4150124.JPG

傾いた太陽が辺りを茜色に染める中
作業は 静かに 穏やかに 着々と進められてゆきます 

P4150079.JPG

道の反対側に ひっそりと水芭蕉が咲いているのを見つけました

いつの間にか 4月も中旬
そこここに 春の風景が広がっています
 
P4150141.JPG


おまけ

P4120006.JPG
あたし トンネルが好き




2017年4月14日

雪のち15度

昨日は雪でした

毎年4月になっても何度か雪が降るので
とりたてて驚くようなことではないのだけど

チューリップや

P4130044.JPG

エゾエンゴサクの芽が雪に埋もれているのを見ると
なんだか落ち着かない気持ちになります

P4130060.JPG

昨日の朝 サイディングをはるために待機していていたお兄さん達は
結局雪の中 戻ってゆきました

現場に来たものの 2日連続仕事ができなかったわけで
なんとも気の毒になってしまいます

代わりにやって来たのは塗装屋さん
少々天気が悪くても洗浄ならできると
寒い中 がんばって作業をしてくれました

ジャー!

P4130009.JPG

ぐずついたお天気もようやく終わり
今日は朝から青空が広がっています

雪のち晴れ

予報では最高気温が14℃というから
残っている雪もすぐにとけちゃいますね

ちなみに現在の気温 -1.1℃
気温差15℃かぁ

負けないぞ



おまけ

P4130075-001.JPG
窓がジャー って



2017年4月13日

ひとりごと


P4120059.JPG

昔 まだ私が若かった頃
きっと夏の夕暮れ時だったと思うんだけど

車窓越しに 明りを灯した家族団らんの風景が見えてきて
急に涙がとまらなくなったことがあって

どこの誰とも知らない人達の姿を見て
どうしてそんな気持ちになったのか自分でも理由がわからず
電車の中で ひどく戸惑ったのだけれど

今年になって読んだ星野道夫さんの「旅をする本」に
似たような体験談が書かれていて
私だけじゃなかったんだと 少しホッとしたりして‥


星野さんは

あれはいったい何だったのだろう
見知らぬ人々が ぼくの知らない人生を送っている不思議さだったのかもしれない
同じ時代を生きながら その人々と決して出会えない悲しさだったのかもしれない

と綴っておられるけれど

私の胸がしめつけられるようなあの感覚は
星野さんの写真集を見たときのそれに似ていて

とてつもない広い世界に生きる 無名の 小さく 儚く
けれど善良で美しい人の姿に 激しく胸を打たれたような‥


無力な自分に落ち込むことも多いけれど
温かな灯りのある生活を送っていきたい

ねっ さわら




おまけ

P4120036-001.JPG
あたしは暗くてもよく見えます





2017年4月11日

風にも負けず

昨日の風はすごかった

日中 江別に出かけていたのだけれど
時々車体が振られそうになって ハンドルを握り直したりして‥

外では 髪の毛が暴れて双眼鏡もまともに使えない

向かい風の鳥は のろのろと飛び
追い風の鳥は 目にもとまらぬ速さで空を流されてゆき

見ているだけの私は あっという間に体力を消耗
こりゃダメだ


昨日は外壁工事もお休みでした

朝方はさほど風も強くなかったので
のんびりと自宅の庭めぐり

クロッカス
P4100009-001.JPG


チュリップがぐんぐん
( 割り箸は踏まれないための目印です )

P4110022-001.JPG

ハイブリッドルゴサのシュネーコッペに小さな芽を発見♪
( たくちゃん 生きてるよ~ )

P4110025-001.JPG

リグラリア(ブリッドマリークロフォード)の芽も見~つけ!
今のうちにと 思い切ってスコップでザクリと株分け

明日くらい どなたかの家に届くかも

P4110035-001.JPG

江別から戻って来たら
新しいサイディングを覆っていたシートの角が被れかけていてガーン!
強風で擦れてしまったみたいです

夜から雨の予報だし これは放置できないと
ホームメーカーさんに連絡

駆けつけた ロバート馬場ちゃん似のお兄さん
素早く養生テープで補修してくれました

効果抜群でしたよ
ありがとう

P4120027.JPG

今日は気温が上がりません
11時現在で3℃足らずで 風も強い

でも 陽が射してきました
明日は工事が再開できるかな


おまけ

P4120021.JPG
ストーヴ いい




2017年4月10日

春めいて

3日ほど前に庭の雪がとけてなくなりました

お気に入りのフィールドの雪だって
もう長靴ですたすた歩くことができます

地面に張り付いていた落ち葉が
春の乾いた風に煽られて ころころと転がりながら飛んでゆきます

フキノトウが気持ちよさそうに揺れています

とうとうやって来ました

待ちわびていた春です


フキノトウ

P4096798.JPG

生命力にあふれた植物達が
ユカンボシ川から ひょっこりと顔を出し

P4096783-001.JPG

ドロロロロ‥

森の中にアカゲラのドラミングの音が響き渡ります

P4096806.JPG

巣材をくわえてたハシボソガラスが
忙しそうにしています

P4096774.JPG

どうして春はこんなにも嬉しいのでしょう

五十数回目の春

今年も 美しい春をありがとう




2017年4月 6日

お目覚め

長い冬眠から目覚めたシマリスさん

こんにちは


P4046304-002.JPG

雪がいっぱいで 寒むそうだね
小さな指は かじかんでいない?


大丈夫だよ

りっぱな冬のコートを着ているから
指の先まで ぽかぽかなんだ

P4046299.JPG

お口にいっぱい詰めているのは何なの?


これ?
枯葉だよ

P4046340.JPG

すしざんまい!

P4046344.JPG

おっとっと

危ない 危ない
こんなこと やってる場合じゃなかった

P4046345.JPG

落とさないように気を付けて

P4046360.JPG

ところで その枯葉 なにに使うの?


もごもごもご‥

P4046355.JPG


シマリスの巣材運び
もう始まっているんですね

春は恋の季節

野山のあちらこちらで
子育てを始める準備が着々と進んでいるようです




おまけ

P4060011.JPG
あたしも毛布運ぶ?




2017年4月 5日

今日もいい天気

工事が始まって今日で3日目

足場の組み立てと養生シート張りが終わり
いよいよ今日から外壁の解体作業が始まります


こちらは一昨日の 足場組立作業の様子です

P4030015-001.JPG
( おまさ 心の声 )

なんという機敏な身のこなし
しなやかで美しい動き まるで体操選手だね

やっぱ プロは違うね
へっぴり腰で梯子を登る私とは大違いだ

って 比べること自体が間違いか
 
もしこれを子供の頃に見ていたら 間違いなく
将来は足場を組む人になりたいって思っただろうな


P4030022.JPG

昨日の養生シート張り作業は2時間弱で終了
こちらも無駄のない見事な作業工程でございました

P4040173.JPG

さて こちらは庭の様子

まだ雪の残っている花壇ですが
ぽつりぽつりとチューリップの芽が出てきました

日当たりのいい場所に植えたクロッカスには 花芽もついています

チューリップの芽
P4040177-001.JPG

そして 大好きなエゾエンゴサクやカタクリの芽も にょきっ ♪

踏まれて死んじゃわないように
目印に割り箸をさしておきました

おいしょ!

エゾエンゴサク
P4030036.JPG



おまけ

P3190009.JPG
あたしは今日病院なの




2017年4月 3日

さわら ピンチ!


それに気づいたのは 一昨日のことでした

その日はちょうどハウスメーカーさんが
オベリスク(夫お手製)を取り外しに来てくれる日で
私も朝から準備に追われ慌ただしくしていたのですが

ふいに目の前に現れた さわらが なんだかいつもと違って見えます
なんだろう この違和感

あれっ さわら
右と左の目が違う!

そうなんです
この時のさわらは 右左の瞳孔の大きさが明らかに違っていました

試しに 隠れたあと ひょいとさわらの前に顔を出すと
右目はまんまるの黒目なのに 左目は細いまま‥

へっ!
さわら どうしちゃったの?

慌てふためきながら さわらを抱き上げ
今度は暗い場所で目をチェック

ダメだ やっぱり左目の瞳孔が大きくならない

かかりつけの動物病院の診療時間は 午後4時から

落ち着け 私

とりあえず ご飯を食べて オベリスクを外して
それから病院だ


P4020018.JPG

いつもなら なにを食べても美味しいのに
この日の食事のまずいこと

それでも時間が経つうちに落ち着きを取り戻し
予定通りオベリスクを取り外作業 完了


私 診察開始10分前には
さわらと一緒に動物病院の駐車場におりました

診察の結果 症状は
目の奥か脳の神経に起因するものであろう ということでした

「えっ 神経?」 と怯える私に

「心配ないですよ」 と先生

炎症を抑えるお薬(ステロイド)を注射してみましょう
効く子もいるし 効かない子もいるんですけどね

明日もう1度注射したいので また連れて来てください


結果
さわらには効果があったようです

あぁ よかった‥

P4020033.JPG

よく見るとまだ少し左目の瞳孔が小さいのですが
以前に比べればずいぶんよくなりました

とりあえず明日か明後日 もう1度病院です


診察のついでに 最近よく吐くのでそのことも相談してみました

食べてすぐに 未消化のカリカリをほとんど全部もどしてしまうのです
 
たまにのことなら気にしないのですが
最近あまりにも回数が多いので(週に5回くらいかな) この際と尋ねてみました


で こちらの餌を購入

P4020016.JPG

宣伝するつもりはないけれど
嘘のように吐かなくなりました
体もしつこく舐めなくなったし


ドクターズダイエット

パッケージには

動物病院専用プレミアムフード
高齢猫用 7歳~
(さわらは今年7歳になるので)

高齢猫に最適な栄養バランス
リンを調整
合成坂防止剤不使用

とあります


送料を無料にしようと まとめ買いしてあるカリカリが3袋
あれ 捨てるしかないな‥

そういえば 賞味期限内なのに 開封すると変な匂いがしていたもんな
流通の間の保管場所が悪かったんだろうか
それとも中に さわらに合わないものが入っていたんだろうか


ちょっと高いけど さわらのためならエンヤコ~ラ ♪



おまけ

P4030019.JPG
いよいよ 足場の組み立てが始まりました