ホーム >

花咲か日記

2018年2月22日

野付へ 最終編


美しい野付の一部だけでもご紹介できればと
数日にわたりブログを更新してきましたが
いよいよそれも今回で終わり

旅の最後を締めくくるのはエゾシカです


厳しい北の大地に 寄り添いながら生きるエゾシカの姿は
私に強烈な印象を残しました

撮影技術が未熟で
その折の感動をそのままにお伝えすることができないのが残念ですが
足りない分は 是非 皆様の想像力で補ってくださいね


野付水道と知床連山
P2080008-001.JPG


走古丹の夕暮れ
P2079485.JPG

日没前 (写真右下にエゾシカ)
P2070222.JPG


鹿を目にするのは 早朝と夕方が多く
日中はそれほど数が多くありません

昼間のエゾシカ 貴重です

国後島 牡鹿の群れ
P2080142.JPG


夕暮れ時になると 森の中からぞろぞろと群れが出て来ます

雪原を一列になって歩いているのは 牝鹿と子鹿

美しさと厳しさと 弱さと強さと

まるで異国にいるような そんな風景でした

P2080035.JPG


雪原から海岸に出るには
アスファルトの一本道を横断しなければいけません

車の数が少ないとは言うものの
のんびりモードの鹿さんに はらはらしてしまいます

P2080470.JPG

ようやく渡り終えたと思ったら 今度は反対側で
またしても ぴちゃぴちゃ

よほど喉が渇いていたのでしょうか

P2080510.JPG


りっぱな角をもった 凛々しい牡鹿

強いようで どこか危うげで
がんばっておくれよと 思わず応援したくなります

P2080517.JPG


さあ これで野付半島の紹介はおしまいです


P2089931-001.JPG
 

とりとめのない話しに最後までお付き合いくださった皆様
ほんとうにありがとうございました 

野付半島 いい所です
機会がありましたら 是非!





おまけ

P2090557.JPG
あたしも お家に帰ります



2018年2月21日

野付へ キタキツネ編 Ⅲ


ふわふわのりっぱな冬毛に覆われた
元気いっぱいのキタキツネ

さらさらの雪をまき散らしながら 目の前を駆け抜けて行きます
シャッターを切りながら 笑いが止まりません

14:35:54
P2080246.JPG

ほんの一瞬前の写真がこれ
驚くほど俊敏です

14:35:54
P2080245.JPG

さらに時間を逆戻りしてみると

すりすり

14:35:48
P2080236.JPG

ごろ~ん

あはは かわいい かわいい

14:35:46
P2080233-001.JPG



走れ 走れ 美しいキタキツネ

P2080248.JPG

しなやかに 軽やかに

P2080251.JPG

そして最後は

リラ~ックス!

P2080216.JPG

野付で撮ったキタキツネの写真は これでおしまいです
次回はいよいよ撮影旅行の最終版

もう飽きたと思われている方も多いとは思いますが
もう少しだけお付き合いくださいね



おまけ

P2090550.JPG
もうちょっとだけ‥ね



2018年2月19日

近くて遠い島

国後 択捉 歯舞 色丹

北方領土というと 「遠い島」
というイメージを持つ方が多いと思うんだけれど

これが 案外そうでもないんですよね

野付半島からだと 国後島は目と鼻の先
一番近い距離だと わずか16Km というから 驚きでしょ

だって 車だと20分くらいの距離ですよ



国後島を背景に 若い牡鹿を撮ってみました
はい チーズ!

P2080157.JPG

牡鹿の後ろに広がる海は 野付水道

この時期の漁の中心は ホタテ漁だそうです
よだれが‥

P2089997.JPG
 
国後島を背景に
紺色の海に浮かぶ白い漁船

のどかですね

国後島の 雪をいただいた なだらかな山は
泊山(とまりやま)という火山だそうで
ロシア名では ゴローニン火山

泊山は標高543mの小さな山です

国後島(泊山)
P2089967-001.JPG

そしてこちらは 羅臼山(らうすやま)

ロシア名は メンデレーエフ火山だそうで(舌噛みそう)
標高888m と 泊山より少し高いみたいです

国後島(羅臼山)
P2089968.JPG

こちらの背景は知床連山

北方領土に負けず劣らず 
美しいですねー

こうしてみると 知床連山と国後島が
野付の美しさを 際立てているんだなぁ
ってつくづく思います

P2080007-002.JPG

海岸のあちこちに 無造作に置かれた漁船
これは廃船なのかな

P2080329.JPG

日の出前から出ていた漁船が

P2089650.JPG

港に戻って来たのは 午前9時30分頃でした

りっぱなホタテ貝がゴロゴロ
大漁です

P2090205.JPG
難しいことは私にはよく分かりません
ただただ海の碧さと島の美しさに 心を奪われて戻ってきました


近くて遠い島 国後島
 



2018年2月18日

野付へ キタキツネ編 Ⅱ


野付のキタキツネは かっこいい

毛並みがいいとか 顔立ちがきれいだとかいうだけじゃなくて
実に堂々としている


知床連山とキタキツネ
P2080173.JPG

第一に 人に媚びることをしない
餌欲しさに むやみに近づいて来たりしないのだ

当たり前のことのようだけれど 現実は少し違う
餌をねだりに車や人に寄ってくるキタキツネは 想像以上に多い




日の出の写真を撮り終えて 朝食をとりに宿に戻る途中
雪原に2匹のキタキツネを見つけた

美しいカップルだ

P2089714-001.JPG

P2089766-001.JPG

結氷した野付湾の向こうに連なる 薄ピンク色の知床連山

ピンと張りつめた朝の空気までもが 少し色づいて見える 

P2089722-001.JPG

こちらは 多分オス

P2089741-001.JPG

オスは私の残した足跡の匂いを嗅ぎ
少しずつこっちに寄って来る

P2089823-001.JPG

餌をねだりに来ているのでないことは 鈍い私にもよく分かった


あっちに行けと言っているのだ

近づきすぎたかな

慌ててカメラを抱えて退散する

背後にキツネの気配を感じながら 小走りで車へ向かう
走りながら 笑いが止まらなかった

もしかして私 キタキツネに叱られてる?
追っ払われてる?
 

野付のキタキツネは かっこいい 
ほんとうに ほんとうに かっこいい




2018年2月16日

海の向こうから


「道内旅行で一番心に残っている所はどこ?」

「 野付の夕日かな 
 なにもないのよ ただ海の中に真っ直ぐな道があって
海の向こうから 太陽が昇ってくるの」

私が野付に興味を持ったきっかけは
友人の このひと言でした

それ以来ずっと 心の中に棲みついて離れなくなった野付半島

地図を見て 「 こんな遠くなのかぁ‥」と一時は落胆したものの
いつの間にか野付への撮影旅行も 複数回

執念ってすごいですね(笑)

電柱の上にとまっているのは 絶滅危惧種のオオワシです

P2090047-001.JPG

ふわり とろとろ

P2090074.JPG

海の中に続く 細長い道

下の写真の 道を隔てて右側が 野付湾で
左側が 野付水道(海峡)です
( 野付湾はカチンコチンに結氷していました )

全長26kmほどの砂でできた半島は
一番狭い所だと 幅わずか50 m ほどしかありません


P2089633.JPG

うぅ 寒い

夜明け前 刺すような冷気が体温を奪い
思うように指が動きません

こんなことで負けてたまるか!

おそよ400Km  所用時間 6時間弱
ここに来るのは簡単じゃないんだ


白み始めた空

あれは何?
ピンク色をした空と青い海の境界線に 星のような光が並んでいます

漁船だ

なんて きれい‥ 

P2089617-001.JPG

これがホタテ漁の漁船の灯りだと分ったのは
ずいぶんあとになってからのことでした

P2090048-001.JPG

茜色に染まり始めた空に 黒く浮かび上がる漁船のシルエット
 
P2089628-001.JPG

あっ 太陽が見えた!

P2089668-001.JPG

ゆらゆら

P2089649.JPG

ゆらゆら

P2089659.JPG

ゆらゆら

P2090110-001.JPG

陽が昇り 朝の光が 生きもの達を照らし始め
新しい1日がまた始まります

オオワシ
P2090153.JPG

エゾシカ

P2090129-001.JPG

極寒の野付半島

見どころいっぱいで どんな順番で紹介すればいいのか
どの写真を使えばいいのか 迷いに迷っています

キタキツネの第2段は とりあえず先延ばしにしました
次はどうしようかな

フィギュアの試合を観てから 考えるか






2018年2月11日

野付へ

一昨日の夜 野付から戻ってきました

慣れない夜の運転に疲れ果て 荷物もそのまま
さわらのトイレだけ片づけ ベッドにもぐり込み爆睡です

おかげで翌日はスッキリ‥

の予定でしたが あれあれ 喉が痛い 体中が痛い
軟弱な私 また風邪をひいてしまったようです

空っぽの冷蔵庫

とりあえず買い物だけすませ
撮った写真をPCに取り込みましたが その数3000枚

整理にしばらく時間がかかりそうです

で 今回はとりあえずエゾシカの写真を1枚だけアップ
お気に入りの1枚です

P2080505-001.JPG

背景に写っているのは 知床連山です

大好きな野付半島

少し時間はかかるかもしれませんが
たっぷりと紹介していきますので 楽しみにしていてくださいね




おまけ

P2060016.JPG
お帰り~ すりすり


 

2018年1月11日

雪晴れ

北海道開拓の村 第二弾です

まずは復習から

着いた直後はちらつく程度だった雪が時間を追うごとに激しくなり
ついには建物の中に避難する羽目になったんだけれど
そのおかげで人の温もりと 美味しい七草粥にありつけた

そういうお話でしたよね


そう 最初はこの程度の降り方だったんです
ちらつく雪の中を走る馬そり

P1010024.JPG

雪道を走る馬そりって いかにも北海道という感じでしょ

P1010062.JPG

ちなみにこの馬そり 昭和20年代までは
冬の北海道の主要な交通手段だったんですって

きっとその頃はそこここで
当たり前のように馬そりが走っていたんでしょうね

P1010029.JPG

こちらは旧藤原車橇製作所

雪に埋もれかけていますが
 屋根の上にあるのはそりのようです

P1076722.JPG


さて 話を戻しましょう

武井商店で 雨宿りならぬ雪宿り(?)をしていた私ですが
吹雪は一向におさまる気配がなく ついに意を決して表に出ました

その時に撮った写真がこれ

視界が悪くなるような激しい雪です

P1076695-002.JPG

ところが そのわずか3分後
ぴたりと雪が止み

P1076709.JPG

15分後には 見事な雪晴れ
こんなことってあるんですね

ありがたい

新雪を踏みしめながら 青い空を背景にパシャ!

旧龍雲寺
P1076748.JPG

うっ 眩しい‥ パシャ!

旧北海中学校
P1076770.JPG

旧青山家漁家住宅
P1076740.JPG

旧小樽新聞社
P1076755.JPG

雪と晴天の開拓村を1日で体験できるなんて ホントについていました

災い転じて福となす
人生 捨てたもんじゃないですね



おまけ

P1010007.JPG
馬そりは3月まで毎土日祝日運行(雪まつり期間は毎日運行)
料金は 3~14歳 1人130円  15歳以上 1人270円

機会があれば馬そり体験 悪くないかも




2017年11月21日

真鍋庭園

11月中旬の真鍋庭園(帯広市)

12月から4月下旬にかけては休園になるというから
駆け込みの見学でした

入場料金は休園間近ということで 正規の6 割強の500円ちょうど

さすがに落葉樹はほとんど葉を落としていましたが
常緑針葉樹の多い真鍋庭園

十分に堪能できましたよ

PB174699.JPG

この真鍋庭園 ほんとうにスケールが大きいんです

敷地 24,000坪 植物の種類 数千種
ちょっとびっくりでしょ

そしてこれが実にバランスよく植栽されているんですよ



背高ノッポのポプラ

おぉ
すごい迫力です

PB174719.JPG

どこまで続くんだーい!

PB174740.JPG

庭園内には まさかまさかのふかふかのソファー

腰かけて ちょっと休憩

うわぁ なんて気持ちいいんだろう‥

PB174726.JPG

この庭園 1966年から一般公開されているんですって

長い時間をかけて育った庭園なんですね

PB174751.JPG

お洒落な低木もいっぱいです

ちなみに我が家のメギは 真鍋庭園(通販)からやって来ました

PB174744.JPG

散歩中 木の枝が揺れたと思ったら エゾリスでした

ハシブトガラやシマエナガ ヒヨドリにアカゲラ
野鳥もいっぱいです

PB174767.JPG

念願かなって訪れた真鍋庭園

駆け足の庭園めぐりでしたが
やっぱりすごかったぁ

お近くにお寄りの際は 是非!



※※※ ※※※ ※※※




昨日の朝から インターネット接続に不具合があって
思うようにPCが働いてくれません

もし しばらく更新が途絶えたり コメントのお返事ができなかったとしたら
きっとそれはそのせいですので ご了承ください

ついでながら 私はいたって元気です(笑)

厳しい寒さが居座っています
どうぞ皆様 お身体に気をつけて お風邪など召されませんように




おまけ

PB180077.JPG
みんな 風邪ひかないでね




2017年8月26日

根室本線

外出中 ポツポツと雨が降り出し
稲光が見えたと思ったら
空が裂けるような雷鳴が聞こえてきました

まずい 窓を開けたままだ

雨はあっという間に激しくなり
信号待ちの間も気が気じゃありません

大慌てで家に駆け込み
窓を閉め 濡れた個所を拭き取ります



※※※ ※※※ ※※※



先日 ベアマウンテンの帰り道
根室本線の線路上(落合付近)に流木の山を見つけました

去年の夏に北海道を襲った台風が原因だと思いますが
1年経った今もこの状態


P8170846.JPG

未だ不通となっているのは
東鹿追~新得間の41.5 Km だそうで

この分だと 全線開通までには
相当な時間がかかりそうです

P8170838.JPG

P8170825.JPG

線路の近くには空知川が流れています

川沿いのあちこちには 根ごと流された倒木が残り
土手の一部は深くえぐられたまま


河川の氾濫の傷跡

P8170886.JPG

こちらは空知川に架かる 小さな橋です

水色の欄干は折れ ねじ曲がり
日に焼けた赤いテープが ゆらゆらと風になびいていて

なんだか切なくなってしまいました

ルーマ橋  ルウオマンソラプチ川
P8170877.JPG

海水温の上昇 地球温暖化 ゲリラ豪雨 異常気象

こんな言葉にも
いつの間にか慣れっこになってしまった私です

でも ほんとうにそれでいいのかと 時々考え込んでしまいます


川岸の傍らには 美しい羽のチョウが2匹

P8170895.JPG
ひらひらひら ひらひらひら




おまけ

P8070097.JPG
ほらそこ トンボが飛んでるよ





2017年8月23日

ヒグマ

目の前を 巨大な ヒグマが
肩を上下に大きく揺らしながら歩いて行く

P8170433.JPG



※※※ ※※※ ※※※



二重になったフェンスが ゆっくりと開き


P8170814.JPG


鉄格子で補強されたバスが 静かに滑り込む

ここは サホロリゾート ベア マウンテン
上川郡新得町にあるクマのサファリパークだ

写真のフェンスを前にしたときから

頭の中で ジュラッシクパークのテーマ曲が
ひっきりなしに流れている

期待で胸がはち切れそうだ


P8170820.JPG


お気に入りの fasebook で
このベアマウンテンのことを知ってからというもの
片時も忘れることができなかった

念願かなって(8/17)  ようやく実現したベアマウンテン行き



未舗装のデコボコ道をバスが進む

まるでロデオだ

途中 バスがひっくり返ってしまうんじゃないかと心配になるほどの悪路だが
アドレナリンマックスで それすら楽しい


手すりにしがみつきながら
窓の外に目を凝らす


P8170815.JPG

いた! いた!

P8177491.JPG

うぉ~ またいた!

しかも近い おまけに2頭

P8170136.JPG

ドライバーさんのお話では クマにも相性があるらしく
仲の悪いのになると喧嘩で怪我をすることも少なくないらしい

こちらのヒグマは仲良しこよし

P8170174.JPG

バスは敷地中央にあるベアポントに到着
ガラス張りの観察施設だ

周りには池があって
結構な頻度でヒグマが水遊びにやって来る

窓越しに見えている歩道橋は森の中に設置された遊歩道で
高さ5m 全長370m

運がよければ ここから直接クマを見ることもできる


P8170535.JPG

外から見ると こんな感じ


P8177455.JPG

池にやって来たヒグマ君

でかい!

P8170588.JPG

それにしても すごい顔

ガラス越しだからいいけれど
こんなのに直接会うのはごめんだ

P8170351.JPG

ひゃあ 別のヒグマがやって来た

見てる 見てる

大丈夫かぁ‥

P8170697.JPG

お~よかった

仲良しだったみたい

P8170723.JPG

ベアポイントに着いた頃から 本格的に雨が降りだした

用意していた雨具を着て 遊歩道を歩いたのだけれど
カメラは雨でずぶ濡れ

遊歩道を諦め
ベアポイントで再びヒグマ観察


P8170492.JPG

のっし のっし

P8170422-001.JPG

石を枕代わりに のんびりとお昼寝

P8170505.JPG

丸太で遊ぶヒグマ

可愛いけど やっぱり鋭いよね 爪

P8170658.JPG

ちなみに この時のチケット代は
バス付き入場券+ホテルランチで3,200円

バスなしの入場券だけだと 1836円
バス付き入場券だけだと 2916円

ランチは通常だと1620円するので ランチパックはとってもお得かも

60歳以上だとシニア割引もあるようなので
興味のある方は こちらをどうぞ

http://bear-mt.jp/information




おまけ


P8170918.JPG
わたしも負けていませんから (メ ロン熊)

がおぉ~




2017年7月30日

歌棄(うたすつ)観光

前回の夕焼けから
時間を少し巻き戻します

ただ今の時刻 午後1時30分
場所は寿都の海岸

待てど暮らせどやって来ぬアオバトと
容赦なく照りつける夏の太陽に負け

一旦 鳥見を中断し
涼しくなるまで 車で近場をまわることにしました



歌棄(うたすつ)の海岸沿い(R229)を走っていて
小さな鳥居と社を発見

P7260157.JPG

お社の向こうは日本海です

P7260173-002.JPG

引きで撮ってみると こんな感じ

風光明媚でしょ

P7260145.JPG

鳥居のすぐそばにあった石碑(追分記念碑)には

忍路(おしょろ)高島 およびもないが
せめて歌棄(うたすつ) 磯谷まで

の文字が刻まれていました

江差追分の一節です

P7260162-001.JPG

ちなみに 忍路(おしょろ) と 高島は 小樽市にある町の名前
歌棄(うたすつ) と 磯谷は 寿都郡にある町の名前です


昔 鰊漁が盛んだった開拓初期の頃
積丹半島神威岬から 女人は渡航することことができませんでした

 記念碑に刻まれた一節は
そうした女性が 北に出漁した男への思慕を歌ったものだといわれています



少し角度を変えて写真を撮ってみました

海岸線の向こうに風力発電群が見えます

P7260166.JPG

近で見ると かなりの迫力でしたよ

P7260123.JPG

さて こちらは寿都鰊御殿

通りを挟んで
さきほど紹介した神社の反対側にあります


寿都鰊御殿
P7260141.JPG

鰊御殿の前はニセコバスの停留所になっていました

2~3時間に1本くらいだけど
今もちゃんと走っているようです

P7260183.JPG

鰊御殿から700m ほどの所に
カクジュウ佐藤家 という趣のある建物も見つけました

明治初期に建てた漁場建築の代表的な建築物だそうです


今も人が住んでいるとのことなので
こちらは遠くから 失礼してパシャ

カクジュウ佐藤家 
P7260185.JPG

煉瓦造りの美しい建物があったので
こちらもついでにパシャリ

何だろう
倉庫?

P7260193.JPG

暑さ凌ぎに思いついた なんちゃって観光だったけど
どうしてどうして 見どころはいっぱい

結局 アオバトのいる海岸に戻ったのは
午後4時を過ぎた頃でした


羊蹄山から始まり アオバト ハヤブサ 歌棄 夕焼け 星空と
盛りだくさんの日帰り遠征

忘れられない思い出が またひとつ増えました




2017年7月25日

アルテピアッツア美唄


久しぶりに 安田侃の彫刻美術館(美唄市)を訪ねてきました

美術館といっても
展示場所は 改修された旧栄小学校の体育館と校舎の2 階
それに 校庭や裏山です


温もりのある木造の建物や のどかな自然
その全てが作品の一部になっているような アルテピアッツァ美唄

今回も感動の嵐でしたー



こちらは校舎2階のギャラリーの様子です

映り込む窓枠の影
これもきっと 作品の一部なんでしょうね

P7246075.JPG

古い木造の校舎は
手入れが行き届いていて とてもきれいでしたよ

窓から吹き込む涼しい風の 気持ちいいこと

P7246060-001.JPG


作品のほとんどは大理石です

P7246123.JPG

窓の外は 緑 緑 そして緑

P7246069.JPG

P7246088.JPG

2階のギャラリーへは 螺旋階段を使って行き来します

まっ これくらの高さなら私でも大丈夫

P7246021.JPG

こちらは 体育館から眺めた校舎の様子です

校舎の前に白く見えているのは 水の広場
底に白い大理石が敷き詰められています

普段は水遊びができるのですが
残念ながらこの日は清掃日でした

大理石を美しく保つため 月に2度(2日間ずつ)清掃をしているのだそうです
すごいですね

P7246252.JPG

広場の周りを 蝶々がひらひら

P7240070.JPG

野外に置かれた作品は

P7246204.JPG

見る位置や

P7246201.JPG

季節によって様変わり

紅葉の時期 きっと きれいでしょうね

P7240097.JPG


おぉ こんな所にも

P7240138.JPG

こちらは カフェ アルテ

P7240118.JPG

2007年春にオープンされたそうだけど

建物は校舎と同じ古い木材

テーブルは大理石

椅子も窓もライトも暖炉も 何もかもが完璧な作りで
いやはや 恐れ入りました

P7246170-001.JPG

P7246172.JPG

P7240108.JPG


最後は 体育館の螺旋階段
なにもかもが ホントお洒落なんですよねー

P7246238.JPG


北海道の小学校でも明日から夏休みとか

ちびっこのお世話で大変になるお母さんも
そうでないお母さんも
それからお父さんも
ちびっこも

暑さに負けないで 思いっきり夏を楽しめますように