ホーム >

花咲か日記

2016年10月24日

冬支度

先日の雪で エンジンがかかりました

あの日から毎日
ノコギリと剪定ばさみを持って
庭を走り回っています

冬支度 急がなくっちゃ!


ミヤママタタビ
PA240048.JPG

今日は朝から まずまずのお天気 ♪

気温は最高でも8℃と低かったし
風も笑っちゃうほどの強さだったけれど

インナーにダウンベスト
アウターにダウンジャケット
という出で立ちで 庭仕事をがんばりました

PA240007-001.JPG

ユーパトリウム

この子は まだきれいだからこのまま
枯れたらカットしてあげるから しばらく風に揺れていなさい

PA240060.JPG

カシワバアジサイ

真っ赤な葉がきれいだけれど
土が凍りついてしまう前に支柱を立てなきゃいけないから
 
勿体ないな~って思いながら
縄で枝を束ねました

ギューッと力を入れて 株の周りに竹を6本ほど差し込み
上を紐でまとめて O.K.

ネットはもう少し寒くなってから巻いてやろうっと

PA240041.JPG

屋根からの落雪を免れたラベンダーは
強剪定をしてぐるぐる巻きに~

PA240064.JPG

念のため支柱も立てておいてあげよう~

PA240021.JPG

よ~し この調子で
バラも片付けちゃうぞ~!



昨日の夜 明かりをつけず階段をおりていて
足を踏み外してしまいました

無いと思っていた階段がもう1段残っていたようで
大きく踏み出した足が床に届かず
バランスを崩し転んでしまいました

胸から上はキッチン
下は廊下

右肩と右太もも(外側)を したたか打ち付け
痛みで しばらく動けませんでした

右手にあったマグカップが1m先に転がっているのが見えました
よかった 割れてない

PA240016.JPG

普段なら 足を踏み外しても
おっとっと‥
危なかった~

で済むはずなのですが
この日は転んでしまいました

足の踏ん張りがきかなくなっている感じです

連日 寒風の中 お昼も食べず
ハサミとノコギリを振り回しているせいかもしれません
( 注 ; その分 夜に食べているんですけどね~ )


明日は暖かくなりそうです
久しぶりに長都沼にでも行ってみるかな

タイヤ交換の方が先か‥



2015年11月 4日

冬支度時々鳥見

渡りのシーズン

近所の沼周辺に ハクチョウやヒシクイが集まり始めました

オオハクチョウ
PB034106.JPG

葉が落ち 暗かった森には光が戻ってきました

PB033483-001.JPG

天気のいい日は カメラを持って出かけたくて出かけたくて‥

でも 3日前には霜が降りました
庭の冬支度が気になります

PB020020.JPG

で 決めました
2日間庭仕事をしたら 1日は鳥見

家事はいつやるの?
って声が聞こえてきそうですが
これがおまさ的ルールです(きっぱり!)


ちなみに今日は鳥見の日
さぁ 何処に行こうかな~


PA290018-001.JPG

ここ数日の頑張りで 庭の冬支度がほぼ終わりました

冬支度 時々 鳥見のルール
案外短い適用期間でした



おまけ

P9300005.JPG
もしかして あたしのこと忘れていません?




2015年4月24日

ヒナギク

昨日は初夏を思わせるような陽気でした

早朝に出かけ 夕方戻って来たら
ポット苗のラベンダーが ぐったり

きゃあ~!

過湿は嫌いだけれど 水切れにも弱いラベンダー
大慌てで水をやりました

いつの間にか 水切れに注意しなきゃいけない季節になっちゃったんですね

イングリッシュラベンダー (センティヴィア)
P4240005.JPG

今朝早起きして ラベンダーを植えました

入念に花壇を耕し 堆肥を混ぜ込んだ ふかふかの土にして
根鉢を崩さず植えてやりました

しっかり根を張って 大きな株になるんだよ
厳しい冬に耐えられるようにね




※※※ ※※※ ※※※ 




4月も後半を迎え
あちらこちらの木々が芽吹き  コブシやモクレンが次々と開花し
桜の便りも聞かれるようになりました



ヒメコブシ( 撮影 4/22 恵庭 )
P4220328.JPG

エゾヤマザクラ( 撮影 4/22・恵庭 )
P4220333.JPG
恵庭の桜の蕾も膨らんできました

例年だと連休明けに開花することが多いのですが
今年は少し早くなりそうです



ミズバショウ( 撮影 4/23・西岡公園 )
P4230075-001.JPG


若葉 ( 撮影 4/23 円山公園 )
P4230473.JPG
ナナカマド
P4230147-001.JPG
ソメイヨシノ?
P4230493.JPG
オシドリ(オス)
P4230451.JPG


公園を散策中 芝の中に咲く可憐な花が目にとまりました

夫が好きだった花です


毎年咲くんだよ 草原一面に
あれはいったい 何って花だろう?

エリゲロンに似てるけれど‥
もっとしっかりとしてるよね
葉も違うし‥デージーの仲間かなぁ


ちゃんと調べもせずに放置しちゃったけれど
ヒゲ君 あれはヒナギクだったよ


ヒナギク ( キク科 ヒナギク属)
P4230475-001.JPG
別名 トキシラズ ・ デージー

学名 Bellis  perennis
英名 English daisy    Common daisy

原産地はヨーロッパで 日本には明治時代に入ってきたようです
それが帰化して雑草化しているとのこと

なるほどね

花色は赤・白・ピンクに絞りと様々だし
花の大きさも2cmから10cmと幅が広い‥

花びらの形も 平弁咲きと管弁咲きがあって
その上咲き方も 半八重咲きと八重咲きに別れるのかぁ

ヒナギクの画像がまちまちな理由 納得です(笑)



ヒゲ君 円山公園にも あの花が咲いてたんだよ
元気いっぱいに咲いてたんだよ




おまけ

P4230580-001.JPG



2015年4月21日

飛び石

昨日の昼から降り続いていた雨がようやく上がりました
まだ風は強めですが 気温はいくぶん高くなるようです

松前では桜が開花したとか
ひゃっほう~!

もう 嬉しくてしかたがありません


プルモナリア
P4160078.JPG

クリスマスローズ
P4170027.JPG

一昨日 シェードガーデンの小道を直しました
飛び石でできた15mほどの細長い道です

飛び石の周りにはホスタを中心に
フッキソウやクリスマスローズ・アスチルベなどの中型の植物と
アジュガ・クルマバソウ・ツルニチニチソウなどの背丈の低い植物を植えています

しかし この小道が歩きにくい‥
茂り過ぎた植物のせいもありますが
一番の原因は飛び石が小さいことにありました

全てを入れ替えることは
体力的にも金銭的も難しいので
大きな石を買っては小道に加えるという作業を繰り返してきましたが
まだ十分とは言えません

去年はぎっくり腰で何もできませんでした
で 今年こそはと頑張りました

P4200017.JPG

大きな飛び石は
直径400mm×高さ60mm 重さは約19Kgもあります

とても私には運べそうもない重さなので
配達を頼むことにしました

摩周鉄平飛び石(大)
P4200011.JPG

飛び石が来る前に できるだけの準備をしておくことにしました

まず 新たな大きな飛び石と
動かす小さい飛び石の設置場所を決めます

飛び石の周りに茂っている植物を掘り上げます

飛び石の新らしい設置場所に穴を掘り 小さな飛び石を埋め込みます

先ほど掘り上げた植物を石の周りに植え戻してやります

大きな鉄平飛び石を置く場所は ちょっぴり広く 深めに掘っておきます
これで準備万端です


翌日現れた配達のお兄さんに
「 大変申し訳ないのだけれど 石を通路まで運んでもらえないか」と頼むと
「 あぁ いいですよ!」とにっこり

かくして19Kgの鉄平飛び石2個は
準備しておいた穴の中にスッポリとおさまったのでした

助かりました お兄さん


1人では到底できないことも 人の助けでなんとかクリアー
弱虫おまさ それなりに生きています




2015年4月14日

ガーデニングざんまい

暖かくなり 庭仕事が俄然忙しくなってきました

バラの剪定と施肥 ・ 宿根草の株分けや移植 ・ 雑草取り

気づけば1日中外に出ているということもあり
早くも日焼けで顔が赤くなる始末です
( またシミが増えそう‥ )

一昨日もそんな調子で庭に出ていたら
あらま お隣さんもずっと庭に出ずっぱり

「 一度出ちゃうと夢中になっちゃって 」
「 やっぱり?一緒ですねぇ~ 」

黒くなった爪を見せ合い 互いの顔を見て大笑いです
ガーデニング仲間が近くに居るというのは なんとも素敵なことですね


我が家にやってきたエゾエンゴサク
P4130316.JPG
庭談義に花を咲かせているうちに
依然彼女に戴いたエゾエンゴサクの話題になりました

「 毎年元気に花を咲かせてくれるけれど
どうしたものか こぼれ種で出た株が越冬できないのだ 」と私が話すと

「 ウチは増えて 増えて‥
あっちこっちで芽を出しているから よかったら要らない?」と お隣さん

いや~ せっかく増えたエンゴサクを悪いから‥

「 いいの いいの!
ほらチューリップにくっついて出て来てる
こんな所じゃ 育たないから 」

と言いつつ スコップでザックリ!
あっ ここにも! こんな所にも!

フェンス越しに何度も苗を運んでくれる親切なお隣さん
私には まるで菩薩様のように見えました

春の山野草コーナーに新たに増えたエゾエンゴサク
どうかしっかり育ってくれますように‥




さぁ 庭仕事がんばりますよ~!

秋のうちに作業を終わらせることのできなかった仕事を
ひとつひとつ片付けていきます

まずはシャラの株元に敷き詰めた石材
土台にセメント等を利用していないので このままだと
外側に足をかけるとズレてしまいます

で レンガに沿って仕切り用のガーデンエッジを打ち込んで固定することにしました
ガーデンエッジをぐるりと並べトンカチでコンコンコン~!
あとで土で見えないように覆えば完成です

ガーデンエッジを並べたところ
P4120061.JPG

お次は バラを誘引するトレリス作りに挑戦です ♪

ホームセンターで見つけた黒い支柱をズブリと刺し込み
できるだけ等間隔に交差させて 結束バンドでしっかりと止めます

一方向だけなので強度に不安が残りますが バラを誘引すれば補強されるので
まっ 多分大丈夫でしょう

ちなみにこのバラは ブラッシュ ノアゼット
つるバラではありませんが2m以上も伸び 毎年扱いに困っていました

隣家との目隠しを兼ねて作ったお手製のトレリス

風通しと日当たりの悪さが気になりますが
はてさてこの先どうなりますことやら‥

P4110009.JPG

腕組みをし 近くから 遠くから 庭を眺めます

あれは動かした方がいいな
う~ん あそこのスペース なんとかしなきゃ‥

悩ましくも愉しい時間
待ちわびていたガーデニングの季節が とうとうやってきました




おまけ

P4130358.JPG
ガシッ!



2015年3月27日

植え替え

春本番のような暖かさで 庭の雪がずいぶん減りました

スノードロップ周辺の雪は消え
細い花茎の先についた小さな花が開くようになりました

スノードロップ
P3270034-001.JPG

旅鳥(冬鳥)のキレンジャクが 時々リンゴを食べにやって来ます
北に旅立つ前に寄ってくれたお客さん
丁重にもてなさなければ‥

キレンジャク
P3260041.JPG

ヒヨドリ
P3270021.JPG
キレンジャクの背景は白い雪
ヒヨドリの背景は緑のフッキソウ

我が家の庭に残った雪は 今ちょうど半分くらいでしょうか
このままなら来月上旬には全てとけてしまいそうです



こうなると 日当たりのよい場所に寝かしたままにしている鉢植えが気になります

そろそろ植え替え時かもしれません

土のしばれ(凍りつき)もなく植え替えできそうです
よし やりますか!



鉢植えから株を取り出します

しっかりと根の張った株を取り出すのには かなり力がいります
鉢底から根が出ているような場合はカットし
肩の部分の土をほぐしある程度土を落としてやると いくらか取り出しやすくなります

さあ抜けました

鉢底部分に茶色くなった根が回っています
このままでは十分に水分や栄養分を吸収できません

ゴールデンボーダー
P3270056-001.JPG

では 早速始めましょう

まず鉢底部分を手でほぐし 余分な根や土(約1/3)を取り除いてやります
側面も指でやさしくほぐし 写真のように株を一回り小さくします

こんなに根を取り除いても大丈夫かと心配になるかもしれませんが
休眠期のこの時期なら大丈夫
むしろ これで発根がよくなります

P3270062.JPG

次に鉢に新しい用土を入れ 苗を戻します
このとき 接ぎ口が土の中に埋もれないよう
また十分なウォータースペースを取れるように気をつけます

株の位置が決まったら 隙間に用土を入れます
株を軽く揺すりながら入れると 隙間がきれいに埋まります

P3270066.JPG
植え終わったら水をたっぷりやります

ちなみに今回使った用土は タキイの野菜と花の培養土
これにバイオゴールドの元肥を適量混ぜたものを使いました

肥料によっては直接根が触れると傷むものがあります
狭い空間の鉢植えでは特に被害が大きくなるので
迷うときは 土の上に肥料を置く(置き肥)がお勧めです



おまけ

P3210065.JPG
あっ またチッチが来たよ!



2014年10月31日

小春日和

昨日はよく晴れました。
その分朝から冷え込んで、草花は霜で真っ白。

恵庭岳も すっかり衣替えです。

PA300079.JPG

雑草も氷の衣装を身にまとい、まるで雪の女王のようです。
(写真をクリックしてみてね。カチッ!)

PA300103.JPG

我が家の庭木はほとんどが落葉し、
残っているのはデイアボロとスモークツリー、それにカシワバアジサイくらいになりました。

PA300277.JPG

こちらは先日剪定したクリスタルフェアリー。

チョキチョキチョキチョキ!
この時期だからできる贅沢ですね。

PA300111.JPG

朝でこそ冷え込みましたが、日中はポカポカと小春日和。

こうなると、じっとしていられません。
残った冬囲いの作業を進めることにしました。

よ~し、さした竹の周りに縄を巻いちゃいますか。

(竹の数を増やし縄を密に巻くと、雪の進入を減らすことができます。
手間のかかる作業になりますけれど。)

PA300267.JPG

寒さに弱いものはコモやネットで覆い、その上から紐や縄で縛ります。

我が家ではカシワバアジサイとアオキ、
それに去年凍害で傷んだスモークツリー(ロイヤルパープル)がその対象です。

アオキは既に作業済み。

カシワバアジサイとスモークツリーはまだ葉が残っているので、
作業はもう少し先かな。



おまけ

PA300236.JPG
そこの縄、緩んでいますよ。
(現場監督)



2014年10月28日

冬囲い

ついこの間冬囲いを外したばかりなのに、また冬の準備。
年を取ると時間が経つのが早いですね。

さあ、地面が凍らないうちに竹をさしておきましょう。
まずは屋根の真下にあるバラから始めます。

PA270012.JPG
そうそう、その前に
囲いの中に納まる長さに枝をチョキンと切って
バラの葉をむしり取らなきゃ。

落ち葉が残らないように株元もきれいしましょう。
最後は牛糞でマルチング。

縄で枝を束ねて‥。
よし、準備OK。

それじゃあ 竹をさしますか。
力を込めて、うぅ~!

できるだけ深くさしたあとは、
紐で竹をまとめて、はい出来上がり。

縄を巻くのはあとにしよう‥。


※※※ ※※※ ※※※


次は オベリスクに誘引したアルバメイディランドをやっつけちゃいましょう。
前もって葉は取っていたから、まずは誘引をほどいてっと。

あっ、イタタ。
トゲが‥。

落ち着け、私。
引っ張ってもダメなら、ちょっと前へ出してみよう。
よし、取れた。

あれ、でも今度は背中にトゲがひっかかったみたい。
しまった。腕にも。
あ‥足にも。

動けない、助けて‥。

PA270016.JPG
バリバリバリ‥。

傷だらけになりながら、長く伸びた枝を束ねます。
オベリスクの形にそって湾曲した枝を束ねるのは一苦労ですが、
根性で乗り切ります。

束ねた枝は横倒しにして雪の下に寝かせます。
あとは折れしないように株元にプラ鉢を置いてやるだけです。
ふぅ~。

来年はオベリスクに誘引したままにするかな。
ドカンと雪が落ちる場所だけれど‥。



一昨日20℃にもなった恵庭ですが、昨日は10℃止まりでした。
現在の気温は、1.1℃。

今日は雪が降るかもしれないとのこと。
冬囲い、頑張らなくっちゃ。



おまけ

P9250005.JPG
あたしも手伝う?



2014年10月 6日

来シーズンに向けて  その3


今日は日中でも10℃そこそこの、寒い1日でした。

長く外に居ると体の芯まで冷えそうで、庭仕事が長続きしません。
で‥、申し訳程度に頑張っている風を装ってみました。

PA060012.JPG
まずは、気になっていた妖精の台座作りから。
と言っても、レンガを積み上げるだけですけれど。

PA060007-001.JPG
ちなみにこのレンガ(アンティークレンガ)、ホーマックで1個73円で売られているもの。
表面に凹凸があるので多少 がたつきますが、
シックな雰囲気で 結構使い勝手がいいんです。

向きを変えたり小石を挟んだりしつつ、取りあえずなんとか完成。


次は北側の通路の飛び石。
これもなんとかしなくちゃなぁ。

ちょっと飛び石が小さい。
これだとやっぱり歩きにくい。

せめて縦方向に並べ替えれば歩きやすくなると思うけれど、
デザイン的には、いただけないし‥。

何個かだけでも大きなサイズの飛び石と交換しようかな。
でも、重いぞぉ。

と、眺めるだけで今回も終了~。


その代わりと言ってはなんですが、
シャラの周りに石を敷き詰める作業を、ちょっとだけ頑張りました。

PA060010.JPG
庭木の周りなのでセメントや砂を使うのは止め、
園芸用の有機土を使って 高さを調整しながら、株元にぐるりと石材を敷き詰めます。


かなりいい加減だけれど、来春に再度調整し直す予定だから これで良しとします。
外側の石の周りには、ずれないようにガーデンエッジでも打ち込もうかな。
そのうち。



※※※ ※※※ ※※※ 



晩秋に咲くバラは健気です。
病気に耐え、寒さに耐え、懸命に咲いてくれる気がします。


クリスタル フェアリー
PA060039.JPG

アンブリッジローズ
PA050427.JPG

ジョン クレア
PA050429.JPG



おまけ

PA060017.JPG
シラネアオイです。
今年も種ができました。

年を取ったからでしょうか。
こうした姿に惹かれるようになりました。



2014年5月12日

お気に入りのガーデニングツール

今回は、普段私が使っているお気に入りのガーデニングツールを紹介します。

1、剣先スコップ  2、移植ごて  3、包丁  4、剪定鋸(生木用)  5、じょうろ

P5120021.JPG
えっ、包丁?
と驚かれる方がいらっしゃるかもしれませんが、
包丁は芝のラインを整えるのにとても便利なんですよ~。

じょうろは 外観にこだわらないなら、
プラスティック製などの軽いものが使いやすいかもしれません。
毎日のことなので、腰を痛めては大変ですから。


1、園芸用バケツ(TUBTRUGS タブトラッグス)  2、ガーデニングシューズ

P5120006-001.JPG
園芸用バケツはLサイズのものを使っていましが、
中身をゴミ袋に移しかえるときにちょっと大変でした。
Mサイズがお勧めかも。
持ち運びにも便利ですしね。
L サイズは雨水を溜めるのにいいですよ。

ガーデニングシューズは短いものを履いています。
長靴は、しゃがみ込んで作業するときにちょっと抵抗が‥。
慣れれば平気なのかもしれませんけれど。


1、ガーデニングツールホルダー  2、ワイヤー入りビニールひも  3、結束バンド(ロックタイ)
4、ハサミ  5、剪定ばさみ  6、使い捨てゴム手袋(極薄タイプ)  7、UVカット眼鏡

P5120004-002.JPG
2~5の道具を1のホルダーに入れて腰にぶら下げています。
大概のことはこの道具で間に合います。

結束バンドは強度があるので、植物以外のちょっとしたDIYにも使えるんですよ。

剪定ばさみは、アルスがお気に入り。
とても使いやすいです。

使い捨てのゴム手袋は、細かい作業をするのに欠かせません。
ゴム手だけじゃ心もとないときは(バラを触るときなど)、この上に園芸用のグローブをつけます。

そして最近になって購入したUVカットの眼鏡。
度は入っていません。
お年頃なので、紫外線から目を守るために用意しました。


1、2、支柱  3、土入器  4、園芸用手袋
P5120007.JPG
1の支柱はアムソニア(チョウジソウ)等のように大きな株に育つものに、
2の支柱はユリなどに、
どちらもとても重宝しています。


あと必要なのは、帽子。
なかなか気に入った帽子が見つからないんです。
10年以上探しているというのに。
根底に、帽子が苦手というのがあるからなんでしょうかねぇ。

あぁ、そうそう。それに体力も必要でした!
何処かで安く売っているといいのですけれど。(笑)



おまけ

P5120052.JPG
あたしも帽子、苦手なんです。



2014年4月24日

庭仕事

春めいてきました。
日中はポカポカと暖かく、あちらこちらで福寿草や
P4210749.JPG
クロッカスの花を見かけるようになりました。
P4230901.JPG
我が家の庭のクリスマスローズも、開花まであと一息といったところです。
P4230848.JPG
外壁工事が終わってからは、連日庭仕事三昧でした。

横倒しにしていたつるバラを起こし、アーチやオベリスクに誘引し
冬囲いを片付け、バラの剪定をし‥。

寒冷地ではバラの強剪定を早春に行います。
樹高の1/2~1/3ほどを目安に
ふっくらとした外芽の上をチョキンと切ってやります。

一季裂きのオールドローズなどは、弱剪定にします。
深く切ると花が咲かなくなるので要注意です。

四季咲きのモダンローズ(イングリッシュローズ等も含む)は、
あまり神経質にならなくても大丈夫。
低めに仕立てたいと思えば深く、
高めにしたいと思えば浅く剪定したのでいいと思います。

下の写真は「 ラプソディー イン ブルー 」です。
良い外芽が出ていたので写真を撮りましたが、
ちょっと枝を残し過ぎました。

白線のように、もう少し斜めにカットし直した方が良いかもしれませんね。
P4230897.JPG
バラの剪定作業が終わったら、さあ施肥です。

株の周囲に穴を掘って、牛糞堆肥とバラ用の肥料を入れてやりました。
掘り上げた土を戻し、最後に牛糞堆肥でマルチング。

ちなみに下の写真は「花の牧場さん」で購入した完熟馬糞堆肥。
馬糞を中心に麦カンと広葉樹バークを発行させた完熟堆肥で、
水分調節にピートモスを使用しているそうです。

20ℓ入りで1袋600円でした。

完熟馬糞堆肥
P4230877.JPG
堆肥や腐葉土は、花壇全体に鋤き込んでやりました。

土は放置しておくと、どうしても固くなってしまいます。
堆肥などを鋤き込むことで、これをやわらかい土に変えてやります。

やわらかいふかふかの土(団粒構造)は植物の根張りがよく、
水はけ、水持ち(肥料持ち)に優れています。
少しの肥料で植物が生き生きと育つというわけです。

堆肥は、植え付けの1週間から10くらい前に鋤き込んでおくと安心です。
地中の植物の芽を傷めないように十分に気をつけてやりましょう~。




おまけ
P4135788.JPG
牛糞堆肥って美味しい?



2014年4月 9日

春霞

朝目覚めると、春霞で辺り一面が真っ白。
10m先が ぼんやりとしか見えません。

そういう日が増えました。

P4074127.JPG
P4074138.JPG
霧が晴れてから、久しぶりに近所のフィールドを歩きました。

日当たりの良いフィールドは思った以上に雪がとけていて
春の匂いがぷんぷん漂っています。

フキノトウ
P4074169.JPG
ネコヤナギ
P4074201.JPG


※※※ ※※※ ※※※ ※※※ 



毎年凍害で傷んでいたブラッシュノアゼット。
横倒しにして越冬させたら
今年は枝先まで きれいな緑色でした。

つるバラのアンジェラも、雪の下に寝かせたおかげで傷みはゼロ。
雪の保温効果は絶大ですね。

地中のしばれが取れたら、早めに起こしてやろう‥。

ブラッシュ ノアゼット
P4064096.JPG



おまけ

P3211778.JPG
チッチ来ないなぁ。