ホーム >

花咲か日記

2017年8月12日

落下傘と月見草

父は呉市(広島県)で育ちました

広島に原爆が落とされたとき
その爆音を直に聞き 閃光を見たそうです


先日 小さな映画館で
「この世界の片隅に」という映画を観ました

舞台は 第二次世界大戦の頃の呉市

ごく普通に嫁ぎ ごく普通に暮らしていた若い女性の日常を
静かに 丁寧に描写した 心揺さぶられる作品でした


オオマツヨイグサ(月見草)
P8107183-001.JPG

呉市が激しい空爆に何度も遭ったことを
私は映画を観るまで知りませんでした


父に戦時中のことを何度か尋ねたことがありましたが
いつも多くを語ってはくれませんでした


ノラニンジン
P8107184.JPG

父がよく話してくれたのは近所の山のこと

子供の足で ずいぶん歩いたのだと
懐かしそうに話していました


映画に 灰ヶ峰という名前が出てきて
ハッとしました

すっかり忘れていたけれど
父の山 そういう名前だったかもしれない


P8107186.JPG



※※※ ※※※ ※※※




しゃがみ込んで 草の写真を撮ります

月見草 に ノラニンジン ツユクサ


ムラサキツメクサに似たこの花は
シャジクソウというそうです


シャジクソウ
P8107189.JPG

シャジクソウ
P8107206.JPG


吹く風の気持ちいいこと

トンボが飛んで 蝶が舞って

なんて穏やかで美しい風景 ‥


ルリボシヤンマ
P8107282-002.JPG

ツユクサ
P8107302.JPG

キアゲハとインパチェンス
P8107117.JPG

アキアカネ
P8107314-001.JPG


トンボの飛ぶ空の向こうに 落下傘が見えました

一つ 二つ 三つ

P8107226.JPG

ドーン ドーン

遠くから 鈍い砲撃音が聞こえてきます


訓練が訓練で終わりますように

誰も傷つくことがありませんように
誰も傷つけることがありませんように





コメント

誰も傷付けることも無く、誰も傷つかない様に・・・
本当にそう思います。
多くの犠牲と悲しみの過去は、決して繰り返してはならないはず。そうならない様に願います。
毎日の平和の有り難さをかみしめて、
亡き人達を思う夏。
他者を思いやる気持ちの輪が広がって、
平和の輪も広がっていきます様に‼

いま この映画 上映されているのですね、、
8月のこの季節だから とくに 意味深いものがありますね、、

ワタシのブログの 「最新のトラックバック」のところに
この世界の片隅に、、と 川合玉堂というのが
はいっていて
わたしも 感想を書いています、、
さいしょに 漫画をよんで 映画化されたから
見たいみたい、、といってたら むすこがつきあってくれました、、
こうの史代さんは 他にもよんで 感銘をうけた
漫画家さんです〜
すずさんの 片腕をうしなっても ほんわりとした笑顔で
毎日の時間を受入れて行く姿勢に
涙がとまりませんでした、、
お父様は 地獄をごらんになったから むすめには
見せたくない 知らせたくないと
おはなしに成らなかったのでは、、

きちがいが 近い国に居る、、住んでいる空の上を
おそろしいものが 通過する、、
そうきいても いまいち 恐怖の臨場感を 感じられない
平和ぼけの 自分を 恥じます〜

ここよこ様

子供達にも 孫達にも 私達と同じように
戦争を知らない人生を送ってもらいたいと思います
風に揺れる草花に目を細め 小鳥の鳴き声に心を躍らせ
そうした当たり前の幸せがいつまでも続くことを願ってやみません

戦争を経験した人は口を揃えて言います
二度と戦争はごめんだ
その言葉を 深くかみしめ 大人は進む道を誤らないよう
注意深くいなくてはいけないのだと思います

katananke05 様

「この世界の片隅に」 とてもいい映画でした
上映していたのは 座席数40という古いミニシアター(苫小牧市)で
市民ボランティアが運営しているようです
大きな映画館のような最新設備はありませんが
質の高い映画が上映されている魅力的な所です

父が子供の頃 呉で育ったことは知っていたので
当時の呉の様子やそこで暮らす人々の暮らしぶりが
父と重なって 胸が熱くなりました

私達は戦争を これっぽっちも許してはいけないのだと
改めて 強く思いました 

コメントする